警察24時はやらせなの?そう言われる理由は何?

警察24時 やらせ

警察24時」見たことありますか?

警察が、交通違反とか痴漢・窃盗・麻薬などの犯罪を取り締まる(逮捕する)あの番組です。

不思議とついつい見ちゃうんですよね(笑)

でも、あれって「やらせでは?」と疑問を抱く人も多いみたいです。

テレビなので編集されてるのは当然なんですが、ちょっと気になりますね。

チェックしてみました。

スポンサーリンク

警察24時はやらせなの?

警察24時をやらせでは?と思う人は

・職質が誤認だったことが一度もない

・不審者や職質相手に暴言を吐かれながらも穏やかに紳士的に対応する警察官なんていない

・犯行の現場を捉えた!とかやってるときカメラマンがいるのモロバレで、その辺がヤラセ臭く思えてしまう

・身内の不祥事が一切ない

こういったことを理由に「やらせでは?」と思うようです。

人によってはやらせだと断言してる人もいます。(いち視聴者なのに 笑)

まぁ、テレビ番組は何でもやらせって言う人もいるし警察に不満を持ってる人もいるので、そういう人がいてもおかしくはありません。


でも、個人的にはやらせではないと思います。

職務質問で誤認がないのはそのシーンを流していないだけだし、暴言吐かれてるのに紳士的っていうのは撮影しているという意識があるからだし、身内の不祥事がないっていうのは「そりゃそんなの扱わないだろ」って思います。

つまり「編集」ですね。テレビなので編集するわけですよね。

この編集をやらせだと言うのなら、確かにやらせです。

でも、これってヤラセとは言いませんよね。

やらせっていうのは、劇団員や警察自身がテレビ用に犯人を装っているパターンです。

これは完全にやらせですね。

警察24時はやらせではない

やらせではないという人の意見もチェックしておきます。

なんとなく見えてくるものがあると思います。

・職質しても何もなかったのは使わない。職質して犯罪である場合は使う。パトカー追跡でもすぐに不審車などを見つけますが、実際は何時間も何もない。1日一緒にいても何もなかったというのもあるそうです
・うちの職場の人間が泥酔して警察にひっぱられるやつで登場してしまいました。顔にモザイクが入っていましたが100%間違いありません。
・放送前に警察本部広報課の「検閲」が入ります。「事実誤認などを避けるため」と称していますが、実際は警察官が「ぶっ殺すぞゴルァ」と叫んでいるシーンなどがカットされます。
・警察の方が学校に来て講演みたいな事をしてくれた。その時に警察24時はやらせではないとはっきり言っていた。
・やらせや演出ではありません。単にダークサイドを放送しないだけ。
・編集をヤラセとするかどうか。ここにつきます
・ベテラン刑事がパトカーで巡回中にコイツ怪しいと職質して結果覚せい剤所持してて現行犯逮捕ってよくありますが、あれはウソではないと思いますが、あれはカメラを回している期間の何十件の中の1件だと認識してます。何故なら自分は車など運転してて、警察の人から見て怪しい行動に見えたらしく今まで2回程職質された事ありますが、徹底的に調べられましたが結果自分は何もしてないから、何も出て来ずです。ですのであのテレビで見ている刑事も百発百中みたいに映してますがあれはウソだと思います
・実際に県警本部に協力してもらって取材陣が実際に自動車警ら隊や高速隊、機動捜査隊のパトカーに同乗、もしくは取材車で同行したりして、取材中に発生した事件や事故現場での警察官の活動を追っています。
・違法でなくても倫理的に良くないことを頼んでも、警察には何のメリットもないし「そんな暇がない」と相手してくれません。やらせで本物の手錠をハメると犯罪で、それを他の警察関係者が知ると大問題になります。

やらせではなく、編集してるから」っていう分かりやすい意見ですね。

私もそう思います。

一方で、こんなものも↓

万引き・盗撮はやらせです。週刊誌でもヤラセである事を警察が認めたそうです。

犯人は後方をチラチラと確認して警戒しているのに、カメラが1メートルも離れていないところで撮影しているのはおかしいです。

警察に言わせると、犯罪抑止の目的で作成にに協力しているようです

絶対にないとは言えませんね。

時代もあるんでしょうね。今もゼロとは思いませんが、一昔前はもっと酷かったんじゃない?って思うので。

ここで紹介したのは全て真偽不明の情報です。あくまで参考。

スポンサーリンク

警察の意図はある 

警察24時を見ていて普通に考えるのは「やらせって言うより編集でしょ?」ってことなんですが、警察側の「イメージが良いふうに見えるように作る」という意図があるのは間違いないだろうなって思いますよね。

高感度アップのため。ちゃんと仕事してるよっていうのを見せるため。

やらせって言う人は、それが気に入らないってこともあるんじゃないでしょうか。

カメラがあることが分かってるから行儀よくなりますし。


まぁ、スピード違反で捕まってるシーンを見ると「自分も気をつけなきゃ」とは思います。これは「そう思ってほしい」という意図もあるでしょうね^^

警察24時を見ていて…

私が見てて「これはちょっと可哀想じゃない?」って思ったのは、横断歩道を渡ろうとしている人がいるのに運転手は停止しなかったから取り締まったというシーン。

もちろん通常であればちゃんと止まるのが正解なんですが、この時のシーンでは歩行者がまだ渡るか渡らないか微妙な感じだったんですよね。

私が運転手でも止まってないだろうな…っていう。

テレビ用に無理やり取り締まった感」があったのを覚えています。

さいごに

「警察24時はやらせなのか」についてチェックしてみました。

結論しては、やらせではないけどいろんな思惑・意図があって編集されているということ。

ちなみに、

警察24時は制作会社としては「低予算で視聴率が高いおいしいコンテンツ」。

また、警察の厳しい検閲を何度も受けて放送する「警察の広報番組」でもある。

ということで、いろんな意図があるから違和感のあるシーンも多いということです。

おいしいコンテンツっていうのも納得ですね。「つい見ちゃう」という人は多いです^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする