24時間テレビのマラソンランナー歴代走者と失敗者は誰?やらせはあったの?

マラソン

毎年恒例の24時間テレビでは、24時間マラソンのランナーが誰になるのかが毎回話題になりますよね。

昨年は誰がランナーだったか覚えていますか?

私は覚えていません(笑)

24時間マラソンの歴代のランナーは誰だったでしょうか。

歴代マラソンランナーをチェックしてみました。

中にはゴールできず失敗に終わった人もいるようですよ。


また、24時間マラソンではよく「やらせ」の噂が浮上します。

本当なんでしょうか?

スポンサーリンク

Contents

24時間テレビのマラソンランナー歴代走者は誰?

24時間テレビ自体は1978年から始まっていて、マラソンのコーナーは15回目の放送である1992年からスタートしています。

この記事を書いている現在は2019年なので、28年間続いていることになります。

ということは、28人のマラソンランナーがいることになりますね。(2人以上が走ったりすることもあるのでズレてくる)

結構多いです。

では見ていきましょう!

1992年の24時間マラソンランナー 間寛平

記念すべき第1回目の24時間テレビマラソンランナーは、お笑い芸人の間寛平さんです。

当時は43歳。

200kmを走る予定でしたが、153km地点で棄権しています。

ただ、これは間寛平さんの意志ではありません。見に来る人が多すぎて交通の妨げになり、中止となったからです。

間寛平さんにとっては不完全燃焼だったでしょうね。

1993年の24時間マラソンランナー 間寛平

第2回目のランナーも間寛平さんです。

2年連続となりました。

昨年のリベンジという意味もあったんじゃないでしょうか。

(間寛平さんのせいではないのでリベンジというのはちょっとおかしいかな)

走行距離は200km。

1994年の24時間マラソンランナー ダチョウ倶楽部

第3回目のマラソンランナーは、お笑い芸人トリオのダチョウ倶楽部。

3人全員が走りました。

走行距離は100km。(※時間内の完走ではない)

ただし、疑惑あり(後述)

1995年の24時間マラソンランナー 間寛平

第4回目は、またまた間寛平さん。

3回目の選出です。

実は、何度も走っているのは間寛平さんだけ。

そのせいもあってか、「間寛平=マラソン」というイメージが強くなりました。

走行距離は、7日間で600km。

1996年の24時間マラソンランナー 赤井英和

1996年・5回目のランナーは、元ボクサーの赤井英和さん。

この回は、リレー形式でもありました。

そのアンカーが赤井さん。

走行距離は100km。(※番組の放送時間延長あり)

1997年の24時間マラソンランナー 山口達也

1997年・6回目のランナーは、元TOKIOの山口達也さん。

当時25歳。

2018年に事件を起こし、TOKIOを脱退したのは有名です。

走行距離は100km。

1998年の24時間マラソンランナー 森田剛

1998年・7回目のランナーは、V6の森田剛さん。

ジャニーズ続きです。

当時19歳。若いですね^^

走行距離は100km。

1999年の24時間マラソンランナー にしきのあきら

1999年・8回目のランナーは、にしきのあきらさん。

当時50歳。

なぜひらがな表記かというと、今は「錦野旦」ですが昔は「にしきのあきら」が芸名だったからです。

走行距離は110km。

2000年の24時間マラソンランナー トミーズ雅

2000年・9回目のランナーは、トミーズ雅さん。

当時40歳。

走行距離は150km。

2001年の24時間マラソンランナー 研ナオコ

2001年・10回目のランナーは、研ナオコさん。

当時48歳。

初の女性ランナーです。

走行距離は85km。少し短めの設定ですね。

2002年の24時間マラソンランナー 西村知美

2002年・11回目のランナーは、元アイドルの西村知美さん。

当時31歳。

走行距離は100km。

ただし、疑惑あり(後述)

2003年の24時間マラソンランナー 山田花子

2003年・12回目のランナーは、お笑い芸人の山田花子さん。

当時28歳。

走行距離は110km。(※放送終了後にゴール)

2004年の24時間マラソンランナー 杉田かおる

2004年・13回目のランナーは、女優の杉田かおるさん。

当時39歳。

走行距離は100km。

2005年の24時間マラソンランナー 丸山和也

2005年・14回目のランナーは、弁護士の丸山和也さん。

当時59歳。

昔、行列のできる法律相談所という番組によく出てた弁護士さんです。

今は政治家やってますね。

走行距離は100km。

2006年の24時間マラソンランナー アンガールズ

2006年・15回目のランナーは、お笑い芸人コンビのアンガールズ。

2人が走りました。

当時は、田中さん山根さん共に30歳。

体力がなさそうな2人にオファーしているのがイジワルです(笑)

走行距離は100km。

2007年の24時間マラソンランナー 萩本欽一

2007年・16回目のランナーは、萩本欽一さん。

当時66歳。

走行距離は70km。(※番組終了後にゴール)

年齢のこともあって距離は短めだったんですかね。


この時、24時間テレビは30回目となります。

2008年の24時間マラソンランナー エド・はるみ

2008年・17回目のランナーは、お笑い芸人のエド・はるみさん。

当時44歳。

今はテレビで見ることはほとんどありませんね。

2015年慶應義塾大学大学院の修士課程に合格という経歴があるので、色々と頑張っているようです^^

走行距離は113km。

2009年の24時間マラソンランナー イモトアヤコ

2009年・18回目のランナーは、お笑いタレントのイモトアヤコさん。

当時23歳。

今では登山でも有名になってますね。体を張った芸風が人気です^^

走行距離は126.585km。(※番組終了後にゴール)

これはフルマラソンのちょうど3倍の距離です。

2010年の24時間マラソンランナー はるな愛

2010年・19回目のランナーは、ニューハーフタレントのはるな愛さん。

当時38歳。

松浦亜弥さんのモノマネが懐かしいです。笑ったなぁ^^

走行距離は85km。

2011年の24時間マラソンランナー 徳光和夫

2011年・20回目のランナーは、徳光和夫さん。

当時70歳。

24時間テレビの司会と言えば徳光和夫さんですが、この回では走者でした。

70歳ですからスゴイですよね。よく挑戦させたなと思います(笑)

走行距離は63.2km。

2012年の24時間マラソンランナー 佐々木健介と北斗晶と子供2人

2012年・21回目のランナーは、佐々木健介さんと北斗晶さんとそのお子さん2人。

家族4人によるリレーマラソンで

全員で500m → 健介さんが61.6km → 健之介くんが6km → 誠之介くんが4km → 北斗さんが47.9kmの順に走りました。

一家でのチャレンジは初です。

走行距離はトータルで120km。

2013年の24時間マラソンランナー 大島美幸

2013年・22回目のランナーは、お笑いトリオ森三中の大島美幸さん。

当時33歳。

この回では、自分の体重と同じ距離を走るという企画でした。

膝がぶっ壊れるんじゃないかと心配になりますね^^;

走行距離は88km。

2014年の24時間マラソンランナー 城島茂

2014年・23回目のランナーは、TOKIOの城島茂さん。

当時43歳。

久々のジャニーズでした。

走行距離は101km。

2015年の24時間マラソンランナー DAIGO

2015年・24回目のランナーは、DAIGOさん。

当時37歳。

この翌年に、女優の北川景子さんと結婚しています。

走行距離は100km。

2016年の24時間マラソンランナー 林家たい平

2016年・25回目のランナーは、落語家の林家たい平さん。

当時51歳。

走行距離は100.5km。

2017年の24時間マラソンランナー ブルゾンちえみ

2017年・26回目のランナーは、お笑い芸人のブルゾンちえみさん。

当時27歳。

「放送当日にランナーが発表される」ということで話題になりました。

でも本人は知っていたようです。

通常は練習・準備をして本番を迎えるものであって、そうしないとケガなどのリスクが高まるし、いきなりその日にこんな長距離走れません。

良く言えば「演出」、悪く言えば「やらせ」です。

走行距離は90km。

2018年の24時間マラソンランナー みやぞん

2018年・27回目のランナーは、お笑い芸人のみやぞんさん(当時33)。

この回は今までとはガラッと変わり、トライアスロン形式でした。

スイム(1.55km)
バイク(60.4km)
ラン(100km)

合計161.95km。

ベリーハードですね^^;

2019年の24時間マラソンランナー いとうあさこ&ガンバレルーヤよしこ

2019年・28回目のランナーは、お笑い芸人のいとうあさこさん(49)と、お笑いコンビ・ガンバレルーヤのよしこさん(28)です。

この回は、一人42.195kmの駅伝形式です。

4人が走ります。

(他2名は未発表)

スポンサーリンク

24時間テレビのマラソンランナー歴代走者で失敗したのは誰?

マラソンランナー

24時間マラソンランナーの歴代走者で失敗したのは誰か。

ゴールできずリタイアしたのは1992年・1回目の間寛平さんですが、これは本人のせいではありません。

理由関係なく完走できなかったという意味なら、失敗となりますが。

これを除けばリタイアした人はいません。


24時間テレビの放送終了までにゴールできなかった=失敗」については、

・1994年のダチョウ倶楽部さん

・2003年の山田花子さん

・2007年の萩本欽一さん

・2009年のイモトアヤコさん

が番組終了後にゴールしています。

ということで、一応この4つが失敗となります。

24時間テレビのマラソンにやらせはあったの?

24時間マラソンはよく「やらせ」の噂が浮上します。

「実際には走ってなくてズルしてるんじゃないの?」という疑惑です。

有名どころでは2つ。

1つはダチョウ倶楽部さんの回。

1994年の24時間マラソンランナーはダチョウ倶楽部でしたが、その後15年以上経ってからビートたけしさんに「2kmしか走ってない」とバラされたそうです。

なので、たぶん走ってません(笑)

当時は今より色々とゆるかったでしょうから、「普通にありえるな」と思えます。


2つ目は2002年のランナーの西村知美さんの回。

これも疑惑がある回です。

・残り30kmが1時間後には残り10kmになっていた(番組の表示)

・20kmを1時間で走ったことになる

・マラソン選手じゃないんだからありえない。車を使ったのでは?

というもの。

これは「ワープ事件」って呼ばれたりしてます(笑)

真相は、本人と関係者のみが知っています…

24時間マラソンランナーの最年長と最年少は?

24時間テレビマラソンランナーの最年長は、2011年の徳光和夫さん。

当時70歳です。


最年少は、1998年のV6森田剛さん。

当時19歳です。

スポンサーリンク

24時間マラソンランナーの走行距離の最長は?

走行距離をズラッと並べて見比べると

・間寛平 153km
・間寛平 200km
・ダチョウ倶楽部 100km
・間寛平 600km(1週間かけて)
・赤井英和 100km
・山口達也 100km
・森田剛 100km
・にしきのあきら 110km
・トミーズ雅 150km
・研ナオコ 85km
・西村知美 100km
・山田花子 110km
・杉田かおる 100km
・丸山和也 100km
・アンガールズ 100km
・萩本欽一 70km
・エド・はるみ 113km
・イモトアヤコ 126.585km
・はるな愛 85km
・徳光和夫 63.2km
・佐々木健介 61.6km+500m
・大島美幸 88km
・城島茂 101km
・DAIGO 100km
・林家たい平 100.5km
・ブルゾンちえみ 90km
・みやぞん 161.95km(トライアスロン合計)
・いとうあさこ&ガンバレルーヤよしこ 42.195km


ということで、最長距離は間寛平さんの200kmとなります。

次いで、みやぞんさんの161.95km(合計ですが)。


だいたい100km前後が多いですが、2019年は一人42.195kmなので随分減りましたね。

今までで一番短い走行距離となります。

まとめ

24時間テレビのマラソンランナーの歴代走者や失敗に終わったものについてまとめてみました。

2018年はみやぞんさんでしたが、覚えていましたか?

私は「あぁ、言われてみればそうだったなぁ」って感じです。(24時間テレビを見てはいなかった)

24時間テレビのマラソンは28回目なので、30回目まであと2年。

いつもと違う何かがあるかもしれません^^

なんで走ってんの?」という疑問はここでは封印しておきましょう(笑)

【エンタメ記事】
ばなもんの炎上商法に批判?キスやtシャツが問題でアイドルとは言えない?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする