花火大会の持ち物を全部知る!男も女もデートも子連れもこれでOK

花火大会 持ち物

花火大会に行くときの持ち物ってどんなものを持っていきますか?

持ち物は男性と女性とでは全然違うでしょうし、デートで行く花火大会なのか子連れで行く花火大会なのかでも違ってきますよね。

そこで今回は「花火大会の持ち物」について、できる限りチェックしてみました。

・基本的なもの
・あると便利なもの
・持ってくれば良かったと思ったもの

いろいろあると思います。

花火大会に行く前に持ち物リストをチェックして、参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

花火大会の持ち物

お金(小銭)

屋台で何か買うなら小銭があると便利です。
混雑中にお釣りが出るのは意外と面倒。

携帯電話・スマホ

待ち合わせに。
暇つぶしに。
写真を撮るのに。
懐中電灯代わりに。
持っていくのを忘れることはないと思いますが、一応。

モバイルバッテリー

充電が切れたら困るので。
楽しい思い出の写真を確実に残すために。

帰りの切符・ICカード(Suicaなど)

混雑回避のために帰りの分もあらかじめ買っておくのがベター。ICカードもチャージ忘れのないように。

花火大会のパンフレット(プログラムや案内図)

花火大会をより楽しめます。
会場内のトイレや屋台の場所が確認できます。

タオル・ハンカチ

食事やお手洗いのときなど、何かと役に立ちます。
敷物代わりにも、枕代わりにもなります。
水で濡らして首に巻いたりも。

ティッシュ・ウェットティッシュ

あると便利な物代表。
手を拭くとき、何かをこぼした時などに。

レジャーシート

これも定番。
寝転がりながら花火を見たりもできます。

クッション・座布団

レジャーシートに+αでお尻が痛くなりにくい。

折りたたみ椅子

より快適に花火を見れます。
お尻も痛くなりにくい。
浴衣の場合は必須かも?

クーラーボックス・保冷バッグ・保冷剤

暑い夏は冷えた飲み物がウマい!
冷たさをキープしておきたいなら必須。
飲み物を買いに並んで、花火を見逃すよりはこっちが賢いかも。

ゴミ袋・ビニール袋

ゴミ箱を探すのも大変なので、1つあるだけで大助かり。
濡れタオルを入れたり、レジャーシートが吹けないように石を入れて重りにしたりも。

間違ってもゴミを会場に捨てていくようなバカにはならないように。

食べ物・飲み物

屋台もいいけど、事前に買っていくのもオススメ。
並ぶ必要もないし、値段も安いので。

制汗シート(汗ふきシート)

汗の不快さをなくし、快適に花火を楽しめます。

傘・折り畳み傘・レインコート

突然の夕立や雷雨に備えて。
人がたくさんいるところでは通常の傘はオススメしません。邪魔だし危ないので。
一番邪魔にならないのはレインコートですが持っていく人は少なそう。折り畳み傘が無難かな。

帽子・日傘・日焼け止め

熱中症対策、日焼け対策。
花火が始まるまでの間や場所取り中に。

うちわ・扇子

暑いから…
風情もあるし…

防寒着(羽織れる服)

夏でも夜は小寒いと感じることがあります。そんな時に。

虫除けスプレー・かゆみ止め

蚊に刺されてかゆくなると花火を目一杯楽しめないので。
子連れなら必須かも。

絆創膏

靴ずれしたり、怪我したり…
いろんな場面で役に立ちます。

懐中電灯

後片付け、探しもの、忘れ物確認に。
スマホにライト機能があるので今はあまり使わないかも?

携帯ラジオ

花火の実況中継を楽しむのもあり。
メッセージ花火、コンセプトのある花火の解説などが聞けます。

カメラ

懐中電灯と同じでスマホに付いているので持っていく人は少ないと思いますが、より良い写真を求める人には必要かも。

安全ピン

浴衣が着崩れたときなどに。


いろいろサイトを調べてみると、だいたいこんな感じでした。

個人的にも結構参考になりましたね。


見やすいように一覧にします。

・お金(小銭)
・携帯電話、スマホ
・モバイルバッテリー
・帰りの切符、ICカード
・花火大会のパンフレット(プログラムや案内図)

・タオル、ハンカチ
・ティッシュ、ウェットティッシュ
・レジャーシート
・クッション、座布団
・折りたたみ椅子
・クーラーボックス、保冷バッグ、保冷剤
・ゴミ袋、ビニール袋
・食べ物・飲み物

・制汗シート(汗ふきシート)
・傘、折り畳み傘、レインコート
・帽子、日傘、日焼け止め
・うちわ・扇子
・防寒着(羽織れる服)
・虫除けスプレー・かゆみ止め
・絆創膏
・懐中電灯
・携帯ラジオ
・カメラ
・安全ピン

スポンサーリンク

花火大会の持ち物 デートで

デートだからといって、上記以外に特別な持ち物はないと思います。

当然、「男性が持つべき」とか「女性が持つべき」なんて決まっている持ち物もありません。

が、

女性に喜ばれたいなら、男性はレジャーシート折りたたみ椅子などを持っていくべきでしょう(笑)

他にも、

・帰りの切符、ICカード
・ウェットティッシュ
・汗ふきシート
・うちわ、扇子
・絆創膏
・安全ピン
・ビニール袋

などは、たいした荷物でもないし「ちょっとした時に役立つ、しかも喜んでもらえる」し、「好感度が上がるかもしれない」という恩恵まであります^^

相手のことを考えてみるのが大切です。

もちろん女性も同様です。ただ女性はティッシュやハンカチを普段から持ち歩いている人が多いので男性ほどは有難がられないという面がありますね。

ヘタしたら「それくらい持ってないの?」と思われることがあるという…男は財布とスマホだけの(ことがある)くせに、です(笑)

花火大会の持ち物 子連れで

子供がいる場合は、特に

・飲み物
・お菓子
・虫除けスプレー、かゆみ止め
・タオル
・絆創膏
・おもちゃ

といったものが必需品になりそうです。

調べていて、なるほどと思ったのが「名札」です。子供が迷子になった時に役立ちます。

あと「出かける前に子供の写真を一枚パチリ」というのも。迷子になったとき子供の服装を完璧に伝えられます。

頭いい!

さいごに

花火大会の持ち物についてお伝えしました。

そう目新しい発見はないと思いますが、持ち物チェックの参考になれば幸いです。

人数によってはテーブルがあると便利かもしれませんね。


花火大会は人混みがスゴイです。それだけで結構なストレスになったりします。

少しでも快適に花火大会を楽しむためには、ある程度の準備は必要です。

あらかじめ花火大会での行動を簡単に想像しておくと必要なものが思い付きやすいですよ。

あと、スリには気を付けてください。置き引きとか。

楽しい気分が台無しにされてしまいます。

【関連記事】
屋台の食べ物って汚いの?不衛生ってよく聞くけど本当のところは?
お祭りの屋台で安全な食べ物は何?熱が通っていれば大丈夫なの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする