十三参りの服装に決まりはある?男子なら女子なら?普段着・制服OK?

十三参り 服装

十三参りってどんな服装で行けばいいんでしょう?

数え年で13歳になった子供たちは、これまでの健やかな成長を感謝し知恵と福徳を授かるために十三参りを行います。

子供のお参りで有名な七五三は振袖が定番ですが、十三参りの服装については決まりがあるんでしょうか?

十三参りの服装について男の子なら…女の子なら…といったことや、普段着でのお参りは問題ないのかということなどについて、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

十三参りの服装 男の子は?女の子は?

十三参りの正装は、男の子は羽織袴、女の子は振袖です。

十三参りが始まった江戸時代では十三歳は大人の仲間入りをする年齢でした。

そのため、大人の寸法の晴れ着を着させることで、大人としての立ち振る舞いを身につけさせるという意味合いがありました。

こうした経緯から、十三参りでは大人のサイズの晴れ着を肩上げし、お参りが終わったら肩上げしていた糸をほどくというのが正式な儀礼になります。

ですが、最近ではスーツやワンピースなどの洋装でお参りする人も増えてきています。

一緒に行く家族の服装は?

一緒に行く家族の服装で気になるのは母親の服装ではないかと思います。

十三参りはお子さんが主役のイベントなので、お子さんが振袖を着る場合、お母さんは「付け下げ」や「小紋」といった格の低い着物で行くようにしましょう。(着物である必要はありませんが)

お子さんがワンピースやスーツの場合は、親御さんもスーツやワンピースなどで行くようにしましょう。

十三参りの服装は普段着OK?制服OK?

十三参りの正装は晴れ着ですが、13歳で中学生になるので最近では新しい中学校の制服でのお参りの方も増えてきているので、制服がある方は着用しても構いません。

普段の服装でもお参りも特に決まりがあるわけではないので、差支えはありません。

しかし、これまでにお伝えしてきた通り十三参りは、お子さんの成長の感謝と大人としての振る舞いを得るための知恵を授かるお参りです。

正装ではなくとも、相応の服装で参拝するのが礼儀でしょう。

結論だけ言えば、普段着でもOKだし制服はもちろんOKとなります^^

スポンサーリンク

十三参りについて

十三参り 関東

13歳は厄年?十三参りは厄よけのお参りでもある

十三歳は男女とも初めての厄年にあたる日となっています。

そのため、十三参りは厄払いの意味も込めたお参りになります。

十三参りの時期は?

十三参りのお参りは虚空蔵菩薩の縁日である旧暦の3月13日に行うものでした。

新暦では4月13日ごろにあたります。

大体この日の前後一か月程度場お参りの時期とされていますが、各神社では十三参りの期間が設けられているので、参拝予定の神社に問い合わせてみましょう。

十三参りはどこの神社でもいいの?

十三参りで有名なのは京都嵐山の法輪寺です。

十三参りでは知恵と福徳を司る菩薩さまである様虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)へお参りするというのが決まりとしてあります。

しかし、普段からお世話になっている神社や、お住いの地域でお祀りされている神社などでもよいとされています。

十三参りのお参りの方法

十三参りのお参りの方法には少し特徴的な風習があります。

まず、13歳になった本人がお寺で用意されている用紙に漢字一字を書いてお供えをします。

この漢字は、本人が大切にしているものや、これからの思いがこもった一字を好きなように書きます。

お参りが終わると、神社の鳥居を超えるまでは振り返ってはいけません。

これは、授けられた知恵や福徳が返らなくなってしまうからという意味からきています。

十三参りで有名な法輪寺では、渡月橋を超えるまでは振り返ってはいけないという言い伝えが残っているほどです。

スポンサーリンク

十三参りの服装 まとめ

十三参りの正装は、男の子は羽織袴、女の子は振袖です。

これは江戸時代に、大人としての仲間入りを果たすために大人の着物を肩上げしてきていたことからきています。

しかし、最近ではスーツやワンピースなどの洋装の方も多くいます。

また、13歳はちょうど中学に上がる年でもあるので、新しい制服で参拝するという方もおられます。

正装はあるものの、時に決まりはないので普段着でも問題はありません。

ただ、あまりにもいい加減だとお子さんが恥ずかしい思いをする可能性はあるので、その場に合った服装を心がけましょう。


一緒にお参りをする親御さんの服装は、着物を着る場合はお子さんよりも格が下のものを選びましょう。

お子さんがワンピースの場合は、スーツやワンピースなどの洋装で構いません。

お参りが終わったら、神社を出るまでは振り向いてはいけないというしきたりがあるので、最後まで気を抜かないように良いお参りをしてくださいね。

良い記念行事になりますように^^

【関連記事】
十三参りを関東でするならどこに行けばいい?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする