サーチュイン遺伝子を活性化させる方法 嘘や間違いについても【ソレダメ11月28日】

サーチュイン遺伝子 活性化

サーチュイン遺伝子って聞いたことあるでしょうか。

聞き慣れない言葉なのでちょっと難しそうな感じもしますね。

サーチュイン遺伝子とは「長寿遺伝子」のこと。寿命に影響する遺伝子です。

今回は「ソレダメ!」という番組で、そのサーチュイン遺伝子を活性化させる方法・長寿ホルモンを増やす方法について紹介していたのでまとめておきたいと思います。

また、サーチュイン遺伝子の嘘や間違いについても触れておきます。

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させる方法

サーチュイン遺伝子は、特別な長寿の人だけが持っているものではありません。誰の体の中にでもあるものです。

でも普段は活動していないので、長寿につなげるには起こして活性化させる必要があります。

一つの細胞が一生の内に分裂できる回数は50~70回と言われていて(限度回数までいくと寿命)、サーチュイン遺伝子はこの細胞分裂を抑制すると考えられています。

(つまり、老化がゆっくりになり細胞が長生きする)

サーチュイン遺伝子 活性化方法 その1

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させる方法、1つ目は

・アーモンドを食べる

です。

アーモンドはサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させる効果的な食べ物。

アーモンドに含まれるレスベラトロールという成分に活性化効果があるといいます。

1日の摂取量の目安は20粒程度

食べ過ぎるとカロリー過多になるので注意です。

サーチュイン遺伝子 活性化方法 その2

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させる方法、2つ目は

・12時間以上の絶食

です。

例:夕食を食べてから次の日の朝食まで何も食べない

(これ聞いたことあります)


生物は栄養状態が悪い時に耐えて生き延びようと進化したと考えられています。

なので、空腹状態が12時間以上続くことでサーチュイン遺伝子が活性化するといいます。

サーチュイン遺伝子 活性化方法 その3

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させる方法、3つ目は

・歌うこと

です。

意外ですね。

健康には運動が重要って言いますが、歌うことも立派な運動です。

夢中になって運動をすると体の中の消費が進んで、細胞の中の代謝が空腹状態と同じような状態になってサーチュイン遺伝子が活性化します。

ジョギングや水泳といったキツめの運動でなくでも、歌うことで十分な運動になるそうです。

高齢者向けなので「歌うこと」ですが、普通に運動してもいいですよ^^

(ちなみに「歌う」のは誤嚥防止にもなるって言います)

スポンサーリンク

長寿ホルモンを増やす方法

人間の体の中にはアディポネクチン(通称:長寿ホルモン)という物質があります。

これが増えると健康長寿に効果的と言われます。

アディポネクチンは血管を拡張して血流を良くし、高血圧の予防など生活習慣病の改善に効果があるので長寿につながるというわけです。


で、

アディポネクチン(長寿ホルモン)を増やすために食べておきたい食材…

それは、生姜です。

生姜には、長寿ホルモンを増やす働きと減らすのを防ぐ働きがあります。

2つの働きを持っているのは生姜だけだそうです。

生姜の成分であるショウガオールが体に入ると、内臓脂肪を刺激してアディポネクチンが増えると言われています。

長寿ホルモンを増やす生姜の食べ方

効果的な食べ方、それは生姜を皮ごと食べること。

生姜は皮と実の間にショウガオールが多く含まれています。

(果物なんかも皮と実の間に栄養が…っていいますね)

皮を剥くとそれを捨てることになるので、皮ごと使うのがおすすめ。(キレイに洗ってから)


また、生姜は加熱するとショウガオールがおよそ3倍に増えます。

つまり体内でアディポネクチン(長寿ホルモン)がより増えるということです。

ただ、加熱しすぎてもいけません。ショウガオールは150℃を超えるとなくなってしまいます。

強火で炒める料理だと150℃を超えてしまうのでNG。

煮込む料理なら100℃を超えないのでOKです。

ショウガオールを増やしたいなら「煮る」のがポイント。

生姜を使ったおすすめレシピ

・炊き込みご飯

炊飯器に米と千切りにした生姜を入れ、細かく切った油揚げと調味料を加えて(かき混ぜて)炊くだけ。

簡単ですね♪

材料(4人分)
・米 2合
・生姜 40g
・油揚げ 1枚
・薄口醤油 大さじ2
・酒 大さじ2
・和風出汁 少々
・水 360cc

炊飯器は100℃を超えないのでショウガオールも上手く増えます。

※圧力式炊飯器は100℃を超える場合あり


他には、「味噌汁+おろし生姜」もgood。

さらに、豆腐の大豆たんぱく質も内臓脂肪を刺激して長寿ホルモンを増やす効果があるので「+豆腐」でさらにgood。

生姜の保存法

生姜の保存に適しているのは、温度13~15℃、湿度90%以上の暗い場所。

冷蔵庫は冷たすぎて保存に適した場所ではありません。

おすすめの保存方法は「キッチンペーパーを濡らして生姜をくるみ、レジ袋に入れて戸棚の中に入れる」というもの。

これで1ヶ月は保存できるそうです。

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子の嘘とは

サーチュイン遺伝子について「嘘」とか「間違い」といった話があります。

サーチュイン遺伝子が活性化することで長寿につながるというのは結構前から言われていたんですが、その後「サーチュインは長寿の鍵とは言えず、寿命延長効果はないとみられる」という研究結果が出た、と。

一方で、寿命延長の効果はないものの大きな健康上の利点がある可能性はあるとも。


長寿と関係ないとなると今回「ソレダメ!」で紹介していた内容や今ままでの情報は間違いになりますよね…

調べていると、さらにその後「カロリーを制限するとサーチュイン遺伝子が関連して長生きになるとの論文も出てきている」という話もあるので、

素人目線からいくと、サーチュイン遺伝子っていうのは研究段階にあると考えたほうがいいのかもしれません。(どっちに転ぶが分からない)

さいごに(まとめ)

サーチュイン遺伝子を活性化させて健康長寿を目指すという話についてお伝えしました。

長寿に関しては「嘘」「間違い」という話もあるので全てを信じるのは難しいかもしれませんが、健康上の利点があるのは濃厚なので無意味ということにはなりません

食べ物については、アーモンドや生姜が体に良いのは間違いないですしね。


夕食後寝るまでに必ず何か食べるという人は、一度「12時間以上何も食べない」っていうのを試してみるのも面白いと思います。

それが体に悪いってことはないので^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする