ラーメンの塩分量は種類によって違う?お店とインスタントの差は?

ラーメンの種類別塩分量

ラーメンに含まれる塩分量ってどれくらいでしょうか。醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンなど種類によってどれくらい差があるんでしょう?あと、お店で食べるラーメンとインスタントラーメンの差も気になりますね。

そこで今回は、ラーメンの塩分量についてチェックしてみました。

スポンサーリンク

ラーメンの塩分量は味の種類で違う?

当然ですが、お店によって違うので「醤油ラーメンは○○g」「塩ラーメンは○○g」とは言えません。なので、目安です。

いろいろチェックしてみると、だいたい6~10gになってるのかなと感じました。
醤油ラーメンなら7~8g、塩ラーメンは6gとか8gとかで、やっぱり店によってバラバラ。

個人的なイメージでは「豚骨<塩<醤油<味噌」だったんですが、そう上手くは当てはまりませんでした。(昔は、醤油ラと塩ラなら塩ラのが塩分量が多いと思ってたんですが、醤油ラのが多い(ことが多い)と知って意外に思った記憶があります。)

チャーシュー麺なんかだと、チャーシューの分が上乗せされますしね。
トッピングによっても変わってきます。

なので目安としては、ラーメンを食べたときの塩分摂取量は、スープまで飲み干したら8gは摂ってると考えてよさそうです。(このページを見てる方は、スープを飲み干すことはないと思いますが 笑)

ちなみに、タンメンや五目そばなんかは結構多めで、10g超えなのもあるようです。
味付けした具材が増えれば、その分塩分も増えちゃいますからね。

お店とインスタント どっちが多い?

単純にインスタント(袋やカップ)よりお店のラーメンの方が量が多いので、お店の方が塩分も多いと思います。

もちろんインスタントも様々で、私が最近食べたカップ麺の「日清麺職人の醤油ラーメン」は5.6gでした。
もう少し大きめのタイプになると7gとか。袋麺も6g~7gくらいですね。

なので、インスタントラーメンを食べてスープまで飲み干した場合は、7gくらいの塩分を摂ったと思えば良さそうです。(少な目より多めに計算しておいた方が良いと思う)

スポンサーリンク

ラーメンの塩分が気になる人

ラーメン大好きですが、塩分は気になります。
健康に気を使ってる人はラーメン食べないとか、そんな意見もありますが、私は健康に興味があるしラーメンも食べます(笑)

一般的に、1日の塩分摂取量は「男性8gまで。女性7gまで」と聞いたことがあります。(日本人の1日の平均塩分摂取量は約10gだとか)

ちなみに
WHOの基準では、1日5gまで。
日本高血圧学会の基準は、1日6gまでです。

ということは、ラーメンをスープまで飲み干せば、1杯で1日分を摂ってしまうことになっちゃいます。ヤバいですね。さすがにスープをすべて飲み干すことはないですが、半分くらいは飲んでるかもしれません。

個人的には、仮に塩分量6gのインスタントラーメンなら、麺の塩分2g、スープの塩分4gくらいなので、摂取量は3gくらいにしたいですね。お店に食べに行って塩分量8gのラーメンなら摂取は4gを目指したい…。

まぁ、他でそんなに塩分取らないので全然大丈夫だと思いますが。
1日トータルでコントロールすればいいですからね。ラーメン食べるのも週1回くらいですし。

ちなみに、ラーメンを食べた後はバナナを食べると良いそうです。(塩分排出のためのカリウムが含まれてるので)

まとめ

スープを全部は飲み干さないけど、ある程度は飲むよという人は、お店で食べれば5~6gは摂取してると考えられそうです。同じ条件でインスタント(袋やカップ)なら、4~5gというところでしょうか。

その場合、塩分を意識することで‐1gくらい目指せそうですね。
積み重ねが大事ですからね。

健康体であれば摂り過ぎた塩分は排出してくれるので、そんなに気にしなくてもいいのかもしれませんが、ラーメンが食べられない体になるのは辛いので、気にしていきましょう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする