茶クマの治し方・消し方。本当の原因は?簡単には治らない?

茶クマ 治し方 消し方

目の下の茶クマって嫌ですよね。

鏡で見るたびに「あ~…」って気分が下がります。

この茶クマがなければもうちょっと目元がキレイになるのに…と思うことがありますよね。

何とか治したいんですけど、なかなか消えてくれません。もしかしたら対処方法が間違っているのかもしれません。

そこで今回は、茶クマの原因を知って正しい対処方法を学んでおきたいと思います。

スポンサーリンク

茶クマの原因

クマの原因は「血行不良」と「目の周りの皮膚の薄さ」なんですが、茶クマの場合は「色素沈着」もあります。

これがやっかいですね。

「目の周りの皮膚の薄さ」はどうにもならないので、「血行不良」と「色素沈着」をどうにかしたいわけです。

じゃあ、これらを引き起こす原因は何なのか?を知ることが大事なポイントですよね。

また、「血行不良」と「色素沈着」は別の問題でなくて、血行不良によって色素沈着が引き起こされているので、原因は「血行不良」に集約されます。

では、血行不良になる原因はなんなのか?

それは、目の周りの筋肉(眼輪筋)の動きの悪さです。

眼輪筋の動きが悪いとその部分の血液循環が悪くなって「静脈血の鬱血」が起きます。

これが血行不良です。この状態が続くと色素沈着が始まります。

原因の大元は、眼輪筋の筋力低下なんですね。

茶クマの治し方、消し方

茶クマの治し方ですが、原因が筋力低下なら筋トレが必要です。

治し方・消し方を調べるとマッサージとかいろんな方法が出てきますが、症状を緩和することはあっても治ることはないと思います。

根本の原因が解決していないんですから、一時的に良くなってもまたすぐにクマが出てくると考えられますよね。

根本を解決するために眼輪筋を鍛えましょう!

トレーニング動画がこちらです。

即効性はありません。筋トレですので時間がかかります。

長年かけてできた茶クマですので、治すのには長~い時間がかかると思ってくださいね。

数か月で治るってことはないと思いましょう。

ここを勘違いすると、結局諦めてしまってず~っと即効性のあるものを探し続けることになります。

で、気付けば時間だけが経っていたということはよくあることです(笑)


あと、色素沈着についてですが、

皮膚の色素沈着は通販や化粧品メーカーが売り出している「ハイドロキノンやビタミンCクリーム」の配合されたものを使い、薄くなるのを待ちましょう。

色素沈着は簡単には消えません。長い時間が必要です。

一気にレーザーなどで色素沈着を解消しても、中からにじみ出る赤血球の色素は再び皮膚に出て来ますよ。

とありました。

スポンサーリンク

青クマ・黒クマ・影クマについて

青クマは症状の段階(レベル)が違うというだけで、茶クマと同じ原理です。

なので青クマは茶クマより色素沈着がない分、治しやすいと考えられます。

黒クマはどんな状態のことを指しているんでしょう?人によって違うことがありますね。

色素沈着がさらに進んだもののことであれば、原理は同じですね。治すのにより時間がかかると思いますが。

目の下のたるみのせいでできているもののことを言っている場合でも、実は対処法は同じです。

眼輪筋を鍛えることです。

黒クマのことを影クマと言う人もいて定義がよくわかりませんが、クマの原因は眼輪筋の筋力低下による血行不良です。

まとめ

茶クマには、眼輪筋の筋トレとクリーム(淡い期待)で対処すると良いと思います。

クリームはおまけ程度です。あまり期待してはいけません。

また、合う合わないがあるので注意して使いましょう。

筋トレの継続はかなり根気がいります。多くの人が続かないかもしれません。

長い時間がかかることを理解して、まずはトレーニング方法を学びましょう。慣れることが大事です。

頑張りましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする