薄暮や薄暮時の意味や読み方は?

薄暮時 読み方

最近、ふと目に入った言葉で「ん?」と疑問に思ったものがあります。

それは

・薄暮
・薄暮時

です。

読み方はハクボでいいんでしょうか。

下の方はハクボジ?…

意味や読み方をチェックしてみます。

スポンサーリンク

薄暮や薄暮時の意味や読み方は?

薄暮の読み方はいくつかあって、

・はくぼ
・くれがた
・たそがれ
・うすぐれ

など。

多くの場合は「はくぼ」と読みます。

「くれがた」や「たそがれ」って初見じゃ絶対読めないですよね^^

小説などでそう読む場合がある(そう読ませたい)っていうのと、「はくぼ」以外の読み方の方が状態が分かりやすいというのもあるかもしれません。

  
薄暮の意味は

日没後の黄昏。夕暮れ。

  
じゃあ、黄昏(たそがれ)ってどういうものなのか。

黄昏とは、日没直後の雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯。

「黄昏る」ってよく使われますよね。

これは「ボーッと景色を眺める」と勘違いされていますが「日が暮れて薄暗くなる」という意味です。

なので、薄暮と黄昏はほぼ同じ意味ですね。


次に、薄暮時。

これは音読みすれば間違いなくハクボジなんですが、そういう読み方で使うのが一般的かどうかは不明です。

調べてみると、

・たそがれどき
・うすぐれどき

などがあります。

「うすぐれどき」はOKですが「たそがれどき」とは読めないです^^;

意味は先程の薄暮から分かるように、夕暮れの時間ですね。

スポンサーリンク

さいごに(まとめ)

薄暮や薄暮時の読み方や意味についてチェックしました。

なかなか使う機会はないと思います。

「夕暮れ」って言っちゃえばそれが一番分かりやすいですので^^


人から間違っていないと思われる読み方は

薄暮なら「はくぼ」「うすぐれ」

薄暮時なら「うすぐれどき」

でしょう。

「たそがれ」は「黄昏」があるから、間違っていると思われるのがオチです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする