苔玉にカビが生えた時の対策は?酢が効くってホント?

苔玉にカビが生えた

大事に育てていた苔玉にカビが生えちゃった…ってことありますよね。

白いから白カビっていうのかな?

ちょっとショックですよね。

また綺麗な緑色に戻るのかな、復活するのかなって心配になります。

そこで今回は、苔玉について、
・苔玉にカビが生えた時の対策
・酢がいい?
・カビを生やさないようにするには

といったことなどについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

苔玉にカビが生えた時の対策

カビが生えても、苔玉が枯れるということはないです。

が、

何かしら悪い影響を与える気がしますよね。

枯れるまではいかなくても、苔玉が弱ってしまうという可能性は考えられます。

当然、見栄えも悪いですね。


まずは水やりを控えて、表面は乾き気味の状態をキープ。

そして日中、風通しの良い所に置きましょう。自然にカビが無くなっていきます。

これが基本ですね。

今すぐどうにかしたい!って場合は、を使います。

まず苔表面が乾燥しているか確認して、していなければ乾燥させます。そしてティッシュなどで、見えてるカビを取り除きます。

次に、小さな器(ペットボトルの蓋など)に水を入れて(満タンくらい)そこに酢を一滴入れます。

で、混ぜます。

木酢液(もくさくえき)や普通の食用酢も可。糖分の多い酢は避けましょう。(注:酢が多かったり苔に付いたりすると、枯れちゃうことがあるので十分注意してください)

そして、ティッシュなどにしみ込ませてカビが生えていた周辺を拭き取ります。

軽く撫でるように。

あとは、日当たりが良く風通しの良いところで濡れた部分を乾かしましょう。

乾いたら元の場所へ。

苔玉にカビを生やさないためには

苔玉にカビを生やさないようにするにはどうしたらいいんでしょう?

カビは、水分を含んだ状態で外気が乾燥していて空気が動かないところに発生します。

・水のやり過ぎ
・液体肥料などのやり過ぎ
・風通しの良くない場所に置いている

といったことは、カビ発生の原因になります。

苔玉は、外気にさらすことが大切です。

室内に置きっぱなしは避ける(窓を開け外の空気に触れさせればOK)。

自然の光で明るい場所、高温になり過ぎない場所に置く。

水切れを起こさない程度に、苔玉の表面が少し乾燥気味にした方が健康に育つ。

こういったことに注意しておけば、カビの発生を防げます。

スポンサーリンク

苔玉の育て方

大事なポイントは、「水やり」と「置き場所」です。

水やり

・夏は1日1回程度
・冬(夏以外)は2~3日に1回程度

水の中に苔玉をドボンと入れて、水が浸み込むのを待ちます。

20分くらいかな(苔玉を水に浸けると気泡が出るので、気泡が止まるまで)。

苔玉の芯まで水が浸透しないといけないので、霧吹きでシュシュっと濡らすくらいでは全然ダメです。

持ち上げてみて、ずしっと重くなってればOK。

逆に言うと、持ち上げてみて軽い場合は乾いているということ。水やりのタイミングだということです。

また、家を何日も留守にして水をやれない場合は苔玉の4分の1くらいが浸かる程度に水を張っておきましょう。

置き場所

大事なのは「」と「風通し」です。特に風通し

日光を浴びて光合成をするのでホントは屋外がいいのですが、部屋の中で育てたい人が大半だと思います。

すると、風通しがとても重要になってきます。

苔玉は「蒸(む)れる」とダメになっちゃいます。

高温で風通しが悪く、湿気たっぷりな場所はNGということです。(現代の住宅は気密性が高く、私たちにとっては心地良い空間でも植物にとっては蒸し風呂みたいになってることがある)

カビも生えるし、ひどいと根が腐っちゃうこともあるので夏は特に気を付けましょう。

とにかく風通しの良い場所です!(エアコンの風が直接当たるような場所はさけて置くように)

あと日光ですが、夏の直射日光は苔にとっては暑すぎるので長時間当てるのは危険です。

苔玉が茶色になる?

苔玉が茶色になるのも、気をつけるポイントは今までと同じです。

・水のやり過ぎ
・乾燥しすぎ
・暑すぎ
・寒すぎ
・風通し悪すぎ

といったことですね。

茶色になっても、枯れているわけではありません。

苔玉にとって今の環境が厳しいというサインです。

状態を見極めず、

茶色になった

枯れてきた

水をやらなきゃ!

水をやり過ぎる

で、ダメにしてしまうというパターンも多いので、慌てないようにしましょう。

適切な環境にしてあげれば、緑は復活します。

さいごに

苔玉にカビが生えたときの対策と、適切な育て方についてチェックしました。

世話をするって大変です。

でも、その世話をしてあげた分、癒しを与えてくれるので世話のし甲斐がありますよね^^

愛情たっぷりで育ててあげると、とても可愛く思えてくるので楽しくお世話してあげて下さいね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする