介護福祉士になりたい人必見の試験に有効な勉強法とは?

介護福祉士 試験 勉強

介護福祉士さんは高齢化社会が進む現代においてなくてはならない存在で、これからますます必要とされる職業の一つですよね。

介護福祉士のお仕事は、日常生活を送るのに介助が必要な高齢者や障がい者のお世話を行います。

ただただお世話をするというだけではなく、相手の方がよりその人らしく生活を行えるようにどう支援していくべきかを考え、他の医療職者たちと連携してお世話にあたります。

ヘルパーさんと大きく違う点は、介護福祉士は国家資格で現場の責任者になれたり、介護をする方に対して指導を行ったりすることができます。

近年、親の介護が心配で介護の知識を習得したいという思いから介護福祉士の資格を取ろうとする方も増えてきているようで、関心の高い資格の一つになっています。

そこで問題になるのが勉強法です。

学校での勉強なんて数十年ぶりだという世代の主婦の方などは特に、まとまった時間がなかなかとれないという方もいるでしょう。

そんな方でも安心、自由な時間で効率的に勉強ができるサイトやアプリについて紹介します。

実際の試験を受けるときのコツなども紹介していきますね。

スポンサーリンク

介護福祉士の試験問題、最も人気のあるサイトは?

介護福祉士の試験問題は書店などでも数多く販売されていますが、手軽にできる方法としてサイトやアプリもたくさん種類があります。

数ある介護福祉士の試験対策サイトの中で、特に人気の高かったものを紹介していきたいと思います。

ケアトレ【リクルート】

ケアトレ

このケアトレのうれしいところは利用料がすべて無料というところにあります。

それでいて過去3年分の過去問、すべてのジャンルの問題がそろっています。

さらに今年度分の予想問題も挑戦することができます。

特にありがたいところは解説がとても丁寧だというところです。

他の参考書やサイトではいまいちよくわからなかったという方も、このケアトレならとてもよくわかるという声も多々あります。


多くの問題を解き、問題のパターンを探ることも試験対策では重要な方法ですが、いくら問題を解いてもその問題の意図していることがわからなかったり、答えの理由がわからなかったりすると全く意味がありません。

その点、解説がしっかりしているというのはかなり助かります。

このようなことが理由で、ケアトレは介護福祉士を目指す方の心強い相棒として人気があります。

介護福祉士暗記カード+過去問 解説付

こちらはアプリとなります。

アプリの場合ケータイにダウンロードすることになるので場所を選ばず、隙間時間を有効に使うことができます。

しかしその反面画面がケータイサイズになるので不便に感じることもあるかもしれません。

サイトの場合はパソコンの画面全体で問題や解説を見ることができるので操作がしやすかったり見やすかったりします。

機能についてはこちらも無料で利用できるというのは同じですが、出題パターンが豊富であるということと、ふせんの機能があるので苦手問題の克服には使いやすいアプリだと思います。

スポンサーリンク

介護福祉士の試験は時間配分が重要!

介護福祉士の試験時間は、午前午後ともに2時間程度あります。

かなりの長丁場となりますので、この2時間の試験時間を有効に使うための時間配分がかなり大切になってきます。

2時間もあるのだからゆっくり進んでいけばいいやと考えてじっくり問題を解いていると実は最後のほうになって時間が足りず、急いで答えを埋めることになりかねません。

そうならないように、普段の勉強でも試験を見越した勉強法が求められます。


過去問や予想問題をするときには試験と同じ2時間で時間を決め、本番と同じ状況で問題を解いてみましょう

そうしたシミュレーションを行うことで、一問あたりどのくらいまで悩んでもいいかという目安がわかってきます。

問題を解き、マークのミスがないかといった確認を行う時間までの流れを練習し、余裕をもって試験を終えることができるよう時間配分ができる練習もしていきましょう。

まとめ

介護福祉士の試験勉強にはアプリやサイトでの勉強がとても便利でおすすめです。

基本的な勉強については参考書が必要ですが、問題をこなすという場合などはアプリやサイトなども補助的に利用して隙間時間も有効に使っていきましょう。

試験自体は2時間の長期戦になるので、途中で中だるみしてしまう可能性もあります。

試験時間を最大限に使えるようにするためにも、普段の勉強の時から試験を想定し余裕をもって試験を終えることができるような時間配分を体に覚えさせておくことも大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする