花粉症の鼻づまりを解消する花粉症筋膜ヨガのやり方は?これでスッキリ!

花粉症 鼻づまり 解消 

花粉症の鼻づまりって困りますよね。

花粉症は国民病といわれるほどですから、この鼻づまりも多くの人が経験していると思います。

呼吸がしづらいので、じわじわとストレスになってきます。寝る時なんかも困ります。寝れないと翌日の調子にも響きますし…

花粉症の鼻づまりを解消するいい方法は何かないかな?」と求めている人は多いはずです。

そこで今回チェックするのが花粉症筋膜ヨガというもの。

10秒で鼻づまりが改善するとかなんとか。10秒で改善するならぜひ試したいですよね。

やり方をチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

花粉症の鼻づまりを解消する花粉症筋膜ヨガのやり方

鼻づまりを治すには、交換神経を活発にすることが大切です。

そのために必要なのは、上半身の筋膜を伸ばすこと。

やってみましょう!

花粉症筋膜ヨガのやり方

1.両腕を前方に伸ばして、胸の前でクロスさせます。
花粉症 鼻づまり 解消

※肘までしっかりクロスさせます

両手の甲がくっつけられる人はくっつけましょう。


2.この状態で両脇を締めながら腕を横にねじり、さらに脇を締め上げます。
花粉症 鼻づまり 解消

そして、

3.上にある方の手の親指をあごの下に入れたら、体をグッと反らせて10秒キープ
花粉症 鼻づまり 解消

とても簡単ですね^^


親指から肩甲骨につながる筋膜を伸ばすことで交感神経が刺激されて、鼻の中の血管が細くなります。

すると、粘膜の腫れが引いて鼻の通りが良くなるという仕組みです。

鼻づまりを解消する花粉症筋膜ヨガ 効果時間は?

この花粉症筋膜ヨガ。

鼻づまりを改善してくれるのはとてもありがたいですが、どれくらい持続効果があるのか。

それは、刺激の時間の5~20倍(個人差あり)です。(長い人で20倍)


ということは、一時的に鼻づまりを解消してくれるということです。

鼻づまりで困るシチュエーションがあらかじめ分かっていれば、タイミングを合わせて花粉症筋膜ヨガをすることで乗り切ることができますね^^

鼻づまりで寝れないという人も、寝る前に行うことで眠りにつきやすい状態にできます。

これは助かりますね。

スポンサーリンク

鼻づまりの解消法 他には?

鼻づまりのもっとも一般的な原因といわれているのが、鼻の粘膜の腫れです。

粘膜の腫れを引かせる花粉症筋膜ヨガは、まさにそこへのアプローチをしているというわけですね。

10秒でできるということからもこの方法が一番手軽な方法で間違いなさそうですが、鼻づまり解消法として他の方法をさらっとチェックしてみます。


こんなのがありました↓

・蒸しタオルで鼻を温める

・ツボを押す(小鼻のすぐわきの少しへこんだところ)

・「番茶+塩」で鼻うがい

・足を温める

・ペットボトルなどを脇に挟んで圧力をかける


効くか効かないかは別として他にもたくさんあるみたいなので、気になる人は試してみてください。

いないと思いますが^^

さいごに

花粉症の鼻づまりを解消する花粉症筋膜ヨガのやり方についてお伝えしました。

鼻がつまっていると口呼吸になりやすいです。

口呼吸になると気になるのは口臭です。口が臭いと嫌われますからね^^;

他にも風邪になりやすいとか、喉を傷めやすいといったデメリットが多いので、ぜひ花粉症筋膜ヨガをマスターしておきましょう!

やり方が簡単なので、覚えるのも簡単です♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする