送別会の花束の相場は?花の種類や色も注意すべき?




送別会 花束 相場

送別会で必須となるものの一つに花束があります。

見た目も華やかで贈り物として定着していますが、大体の相場は決まっているのでしょうか。

また、どのような花を選ぶべきなのかも気になります。

送別する相手の方に失礼のないように準備したいと思いますよね。

そこで今回は、送別の花束にはふさわしくない花もあるのか色や種類にも気を付けた方がいいのかといった、送別会用の花束についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

送別会での花束の相場はいくらぐらい?

送別会での花束の金額の相場は3000円から5000円程度です。

あまり金額をあげてしまうと、お花の種類にもよりますが結構なボリュームになり、持ち帰るのが大変になってしまいます。

渡す相手の方が電車通勤だと結構大変なので、花束を作る際にはボリュームを気にして作るようにしましょう。

お花屋さんでの花束の注文のしかたは?

普段あまりお花屋さんを訪れないという方にとって、花束をどうやって注文すればいいのかっていまいちピンとこないですよね。

そんなときにうまく店員さんに希望の花束を伝えるポイントを紹介します。

①予算をしっかり伝える
大体送別会の場合は花束代として金額を決めていることがほとんどだと思うので、予算内で花束を作ってほしい旨を伝えます。

店員さんはこの予算をもとにお花を選んでくれるので、お花のことがわからなくても問題ありません。


②どういった用途で渡すのか、男性向けか女性向けかを伝える
用途がわかっていると店員さんと花束の完成形を共有しやすくなります。

また、渡す相手が男性か女性かによってもイメージが変わってくるのでしっかり伝えた方がいいでしょう。

また、特に女性の場合は、どういった雰囲気の方なのかということも伝えることで相手に合った花束を作ってもらうことができます。


③ボリューム重視か、センス重視かを選ぶ
華やかな演出の一つとして花束を渡したいという場合は、ボリュームのある花束がおすすめですが、持ち帰りの手間を考えたり、ちょっとセンスの利いた花束を渡したいという場合にはそうした希望を伝えるようにしましょう。

完成した時のイメージに直結するところなので、どのくらいの大きさになるのかといったところも確認しておくといいでしょう。


④全体的な色味を伝える
黄色っぽい色だとか、ピンク系、白系など、完成した花束の色合いについて伝えるとかなりイメージが付きやすいです。

仮にお花の名前がわからなくても、これらのポイントを押さえて伝えることでイメージしている花束に近いものを作ってもらうことができます。

スポンサーリンク

送別会で贈る花束は種類や色も気にした方がいい?

送別会 花束 相場

お花にはそれぞれ花言葉があります。

送別会で贈る花束に適したお花の種類とその花言葉についていくつか紹介します。

・グロリオーサ:「栄光に満ちた世界」

・ネリネ:「また逢う日まで・幸せな思い出」

・スイートピー:「門出」

・アネモネ:「期待」

・カンパニュラ:「幸せに感謝します」

逆に、送別会には不適切な花はクロユリで花言葉は呪いです。

送別会に限らず、贈り物には避けるべきお花ですね。

他にも、りんどう:「悲しんでいるときのあなたが好き」というのもあります。

花言葉ってどうしてできるのか不思議ですが、このような意味のあるお花は避けるべきでしょう。

送別会の花束には白一色は避けよう

白一色の花束は、お葬式を連想させるので送別会には不向きです。

白いお花が好きな方への花束としても、一色で花束にするのは避けましょう。

ただ、お花に詳しくない人にとって花言葉まで把握して花束の注文に行くってかなり大変ですよね。

でも、お花屋さんはもちろん花言葉はよくご存じなので、どういった用途で花束を作るのかを伝えればそういった意味も含めてお花を選んでくれます。

店頭で気になったお花を花束に入れたいと思ったときも、花言葉を含めて相談してみるといいですね^^

スポンサーリンク

まとめ

送別会の花束の予算は大体3000円~5000円くらいです。

お花に詳しくなくても希望の花束を作ってもらうには、店員さんにしっかり伝えなくてはいけないポイントがあります。

特に予算用途は大事で、花束にするお花選びの肝になる部分です。

お花の種類を選ぶ際には花言葉を知ったうえで選ぶ必要があり、お花によってはふさわしくない花言葉をもったものもあるので注意が必要です。

白一色の花束はお葬式を連想させるので避けましょう。

ふさわしい花束を贈って素敵な会にしてくださいね^^

【関連記事】
送別会で花束はいらない?花束の代わりに贈るなら何がいい?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする