送別会で花束はいらない?花束の代わりに贈るなら何がいい?




送別会 花束 いらない

送別会で主役の方には花束を送るという習慣がありますよね。

送別される方の挨拶には花束をもって、というのが一般的で華もあり演出的にも人気のある贈り物です。

しかし、その花束が実は迷惑になっているかもしれません。

せっかくの花束が迷惑になっているというのは少し寂しい気持ちになりますね。

どうして花束が迷惑になってしまうのか、実際もらった人はどう思っているのかについてチェックしていきたいと思います。

花束がだめならどんなものが喜んでもらえるのでしょう。

送別の贈り物で、花束の代わりになる素敵な贈り物もあわせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

送別会で花束はいらない?迷惑がられていることもある?

会場では豪華でとっても存在感のあるお花ですが、実はもらった側は迷惑に思っているかもしれません。

花束を迷惑に感じる方は、男性に多くいるようです。

花束はいらないと思う理由をみていきたいと思います。


①持ち運びにかさばる
送別会の会場では華やかに映った花束も、いざ帰宅するとなったときには、結構かさばり荷物になってしまいます。

二次会、三次会と会場が変わるにつれ、さらに面倒な荷物となってしまいます。

花束を贈りたい方は、かさばらないタイプの花束を検討してみるといいでしょう。


②お花の世話が面倒
特に男性の場合はお花のお世話に疎く、持ち帰ったところでうまく世話をしないという方も多いです。

最近では女性でも自宅に花瓶がない方も多く、持ち帰ってからのお花のお世話が面倒ということから花束を迷惑に感じる方もいます。

おうちに花瓶などがないと、わざわざ準備をするのも面倒ですもんね。

特に単身の男性には荷が重いプレゼントかもしれません。


③ごみが増える
結局うまく育てられずにすぐに枯れてしまい、ごみとして出さなくてはいけないという悲しい結末をたどってしまう花束。

なんだかとてももったいないですよね。

結局は枯れてしまうとごみになってしまうとはいえ、できれば最後まできれいに飾ってほしいものです。


花束をいらないと感じる意見は上記のような結果になりました。

持ち帰るのも一苦労な上に、自宅に花瓶を常備しているという家庭も少なく、お花に詳しくない方は特に持ち帰った後の花束の処理に困るという方が多くいます。

特に男性の場合は、花束よりは実用的のもののほうが喜ばれる傾向にあります。

結局のところ、枯らしてしまうだけならば長く使えるもののほうがありがたいという気持ちが花束を迷惑に思う気持ちへとつながっているのでしょう。

送別する方が男性の場合は特に花束を贈るという選択は避けるというのも一つの方法です。

スポンサーリンク

送別会で花束の代わりに何を贈る?

送別会 花束 いらない

花束を避けるとなると、どういったものが送別の贈り物に適しているのかが気になります。

送別会で花束の代わりになるような贈り物をいくつか紹介します。


①寄せ書き
最近では100円ショップなどでコンパクトなサイズの色紙が販売されています。

少人数の職場の方でも気軽に一言添えられるのでおすすめです。

コンパクトなサイズだと、カバンに入れることもできるので持ち帰りも困りません。


②すぐに使えるような文房具など
パソコンを使うようなお仕事の方はUSBであったり、少し高価なボールペンなどの文房具関係は、次のお仕事でも使えるのでとても実用的です。

ペンケースや名刺入れなども実用性があり、とても喜ばれるでしょう。


③普段から使える身の回りの物
男性の場合ネクタイやハンカチなど、普段から使うような小物類もおすすめです。

自分では買わないようなブランドものの少し高価なものが喜ばれる傾向にあります。

予算との兼ね合いがありますが、ビジネスマンには必要なものなのでいくつあっても助かるアイテムでしょう。


④お酒や嗜好品
送別する方がお酒好きだったりお菓子が好きだったりといった特別な嗜好品がある方は、そういったものを送ると喜ばれるでしょう。

お取り寄せの商品や飲み比べセット、お酒をおいしく飲めるグラスなどがおすすめです。

こうした商品をプレゼントする際は、あまり重たすぎないものや、かさばらないようなものを選びましょう。

スポンサーリンク

まとめ

あなたは「送別会で花束はいらない」派でしょうか?

送別会の定番の贈り物である花束は、贈る相手にとっては迷惑に感じている方も多くいます。

特に男性の場合、持ち帰ってからの世話が面倒だったり、持ち帰るまでにかさばることが迷惑に感じる理由にあります。

そういう方に対しては、日常的に使えるようなものや嗜好品などを贈る方が喜ばれると思います。

そういったものを選ぶ際には、なるべく持ち帰りやすいものにしましょう。

重たいものやかさばるものは避け、持って帰るときのことも考慮するとより喜ばれる贈り物ができます。

花束にこだわらず、本当に喜ばれる贈り物をしましょう^^

【関連記事】
送別会の花束の相場は?花の種類や色も注意すべき?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする