潮干狩りのあさりの持ち帰り方は?砂抜きや長期保存のコツも

潮干狩り あさりの持ち帰り方

潮干狩りって楽しいですよね。

貝をとる事自体も楽しいですし、持ち帰って食べるのも楽しみです。

あさりのお吸い物、味噌汁、酒蒸しなど美味しい料理がたくさんありますからね^^

ただ、ちょっと疑問に思ったのが潮干狩りのあさりの持ち帰り方についてです。特に気にもしていませんでしたが、適切な方法ってあるんでしょうか?

あるなら知っておきたいですよね。

そこで今回は、潮干狩りのあさりの持ち帰り方についてお伝えしたいと思います。

また、砂抜きや保存の方法についてもちょっとしたポイントをチェックしておきましょう。

獲った後にどうすれば良いのかという面でちょっと工夫が必要なんです^^

スポンサーリンク

潮干狩りのあさりの持ち帰り方のポイント!

潮干狩りのあさりを持ち帰るときには、海水なしで持ち帰る方法と海水に入れたまま持ち帰る方法の2つがあります。

海水なしであさりを持ち帰る

まず海水に入れないで持ち帰る方法についてです。

この方法の良い所はあさりを傷めないで済むというところです。

海水に入れたまま持ち帰るとどうしても揺れなどであさりが開いてしまい、身を傷つけてしまいやすいんですね。

あさりを傷つけないで持ち帰りたい場合は海水なしが良いでしょう。

海水なしであさりを持ち帰る場合は、あとで砂抜きを行う時に海水が必要になります。

持ち帰る海水の目安としては、あさりを浸すのに十分なくらいの量です。

適量の海水を持ち帰りましょう(家で食塩水を作ることで代用ができます)。

海水に入れたままあさりを持ち帰る

この方法は海水無しであさり持ち帰るときに貝が開いてしまう、ということを逆に利用するものです。

上でも述べたように海水に入れたままだと痛みやすくなってしまうというデメリットがある一方、砂抜きを持ち帰っている途中で行えるというメリットがあります。

あさりが砂を再び吸う事を減らすため、あさりを入れる容器の底に網をひくなどして高くしておくと良いでしょう。

この場合も食べる前には砂抜きを行う必要はあるんですが、その時間を節約できます。

潮干狩りのあさりを獲った日に食べることが出来るので、新鮮なうちになるべく早く食べたいという人にオススメの方法と言えます。

スポンサーリンク

潮干狩りのあさり 砂抜きのコツってある?

あさりを食べているとたまに砂を噛んでしまうことがあります。

ジャリジャリして、あの感覚が苦手であさりが嫌いという人もいるほどです。ヘタしたら歯が欠けることもあります。

なので、砂抜きはとても大事な工程です。

海水なしで持ち帰った場合には、別に持ち帰った海水に浸けて暗い場所に一晩置いておく必要があります。

この時海水の温度を20度前後にしておきましょう(冷た過ぎても温かすぎても良くないです)。

(温度をキープするのは難しいと思うので気にしすぎる必要はありません。20℃が一番砂をよく吐いてくれるらしい…というだけです)

ここでも砂を再び吸い込むことがないように網などをひいて底を高くしておくと良いと思います。


海水に入れたままあさりを持ち帰った場合でも完全に砂を取り除く事は出来ていないと思うので、食べる前に1時間から3時間くらい砂抜きをするのが良いと思います。

また、

海水に入れないで持ち帰った場合と海水に入れて持ち帰った場合のどちらでも食べる前には潮抜きをするのが良いとされています。

(潮抜き:貝から海水を取り除くこと)

これは海水の塩分が強すぎると料理の味に影響を与えてしまうからです。

潮抜きの方法は砂抜きの後、ざるなどに入れて1時間程置いておくだけです。

潮干狩りで獲ったあさりを長持ちさせる保存方法

潮干狩りでとった貝は新鮮なうちに食べるのがベストではあるのですが、大量に獲ると保存する必要が出てきますよね。

あさりの保存には温度が重要です。

砂抜き、水洗いしたあとも温度が高くなり過ぎなければ3日くらいは生きているんです。

暑さに弱いので冷蔵庫に入れておくと良いとされています。


3日以上保存したい場合は砂抜き・潮抜きをした後にビニール袋などに入れて冷凍保存するのが良いでしょう。

2週間から3週間くらいまで保存できると言われています。

冷蔵庫と違い、水分を切っておくのが重要です。

(これ以上の期間も保存可能という話もありますが、おいしく食べられることを考慮して冷蔵庫では3日、冷凍庫では2~3週間としておきました)

スポンサーリンク

さいごに

潮干狩り あさりの持ち帰り方

潮干狩りのあさりの持ち帰り方についてお伝えしました。

基本手には海水に浸して持って帰るか、海水なしで持って帰るかですね。

(海水なしの場合、砂抜き用に海水を持って帰るか家で塩分濃度3%の塩水を作る。水100cc:塩3gの比率)

砂抜きはかなり重要な工程なので、海水が汚れてしまったら交換するのもオススメです。可能であれば海水を多めに持ち帰って2回くらい砂抜きをするのも良いでしょう。

獲ったアサリはなるべくおいしく食べたいですからね^^

ちなみに、あさりには腸炎ビブリオ菌という菌がいて、砂抜きのときに吐いた海水にも含まれています。まな板や包丁に付かないように注意が必要です。

この菌は真水・熱に弱いので、食べる前はちゃんと洗って加熱調理すればOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする