記念日に渡す手紙に何かアイデアが欲しい!喜んでもらうには?




記念日 手紙 アイデア

二人にとっての時別な記念日に相手を喜ばせるような演出をしたい!

そんな風に考えていませんか?

携帯電話が普及しコミュニケーションがメールとなった今だからこそ、温かみのある手書きの手紙は特別な印象を与えます

そういえばパートナーの字を見たことがない…という方も、もしかしたらいるのではないでしょうか。

どうせ手紙を渡すなら、ほかに喜んでもらえる演出も加えたいところですよね。

そこで今回は、記念日に手紙を渡すのに喜んでもらえるアイデアについて紹介していきたいと思います。

また、実際のところ彼女から手紙をもらうことについて男性たちはどう思っているのかという本音の部分や、結婚記念日の手紙の書き方についてもお伝えしていきますね^^

これから記念日を迎える皆さんの参考になればいいなと思います。

スポンサーリンク

記念日に渡す手紙のアイデアとは?

普段の会話やメールではなかなか言わないことを、手紙だからこそ伝えられるというような演出をすることが相手を喜ばせることにつながります。

そうすることで特別感が増しますよね。

手紙のアイデア「内容編」

どのような内容の手紙を書くと喜んでもらえるかということについていくつか紹介します。

①宛名を名前で書く
普段あだ名で呼んでいる方には有効な方法です。

特にメールの場合、送り先がわかっているのであえて名前で呼びかけるということもありませんよね。

しかし手紙の場合は、最初に〇〇へ。という宛名を書かなくてはなりません。

その際に普段読んでいるあだ名ではなく、相手の名前を書くだけで少しドキッとする可能性があります。

これから手紙を読むというときのつかみとしてはかなり有効に働くでしょう。


②些細な思い出話を書く
記念日までの間に相手と過ごした思い出の中で、とっても些細なことだけれど印象に残っているというようなことを書いてみましょう。

相手にとっては忘れているかもしれないような、あぁそんなこともあったなと懐かしく思えるような思い出を書くことで、小さなことも覚えてくれているんだなとか、よく自分を見てくれているんだなと感じてくれます。

小さなことも気にかけているということが伝われば、相手もきっとうれしいはずです。

手紙のアイデア「渡し方編」

手紙を渡すときにすると良いおすすめの方法、それは音読です。

恥ずかしいからこっそり読んでね。とか、渡したプレゼントの中に実は手紙が入っていた!というのも方法としては素敵ですが、音読するのもおすすめです。

この方法は、手紙を渡す本人にとっては緊張する演出ですが、直接本人の声で伝えるというのはやはり心に響くものがあると思います。

普段面と向かって感謝の気持ちや想いを伝えられていない方は手紙を使って伝えてみてはいかがでしょう。

記念日に手紙を彼女から貰うのは嬉しいもの?

実際手紙を受け取る男性陣は彼女からの手紙についてどう思っているのか。

結果は8割以上の方が嬉しいと感じています。

これはかなり効果のあるプレゼントですね。

彼女からの手紙が嬉しいと感じる理由の多くは「何度も読み返せる」「気持ちが伝わる」「温かみがある」といった意見があります。

手書きの文字は相手の気持ちのこもった本当の気持ちを表してくれ、メールでは伝わらない感情を乗せてくれる役割を果たします。


また、手紙のいいところはその便せんにも特徴があります。

例えば、相手に手紙を書こうと思ったらまずは便せんを用意しますよね。

どんな種類のものがいいか、相手の好みを考えて選んだり、あなたの好きな模様を選んだり、手紙はその内容だけでなく便せん自体も贈り物です。

文章だけではないそうした雰囲気も一緒に届けることができるからこそ気持ちが伝わりやすく、喜ばれる理由になっているのでしょう。

スポンサーリンク

結婚記念日に渡す手紙はどんな感じに書けばいい?

記念日 手紙 アイデア

夫婦になり長い期間を共に過ごせば過ごすほど、感謝の気持ちってなかなか伝えるのが恥ずかしく感じてしまいますよね。

結婚してから家庭のなかの様々な変化を共に乗り越えてきたパートナーへのねぎらいの気持ちを素直に伝えるとよいでしょう。

何も長い手紙でなくてもよいのです。

たった一言でも、伝わる気持ちはあります。

手紙を書くのをためらわれる方の中には自分の字が下手だからという方がいますが、それで手紙を書かないというのはとてももったいないです。

きれいな字でなくてもいいのです。

相手を思って丁寧に書けばそれが思いとなって伝わります。

きれいな字がいいならそれこそメールでよくなりますよね。

手紙の良さは、手書きだからこそ。

心を込めて書くことが一番大事なのです。

さいごに

記念日に渡す手紙に、相手により喜んでもらえるようなアイデアについてお伝えしました。

少し恥ずかしいと感じる方もいると思います。

でも、ちょっとしたアイデアを手紙に加えることで喜びが何倍にもなるなら是非やっておきたいです。

相手が喜んでいる姿を見るのはこちらも嬉しいですよね^^

パートナーを少しでも喜ばせたいと思う優しいあなたの参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする