お下がりの名前の消し方は?文字が消えない時のおすすめ方法も!

お下がり 名前 消し方

子供の成長ってあっという間です。

去年買った服が次のシーズンになるともう小さくなっているということよくありますよね。

子供の成長が著しい間は特に、おさがりの服は重宝します。

とってもありがたいおさがりですが、一つ悩みがあるとすれば名前の消し方ではないでしょうか。

特に保育園や幼稚園など集団生活を行っているお子さんの持ち物には名前を書くのは必須です。

元々の持ち主のお名前が書かれたものをうまく消す方法があればうれしいですよね。

さらには、新しく自分の子供の名前も書かなくてはいけません。

大体名前を書くところってかぶってくるので、できれば前のお子さんの名前を消して上から書き足したいと思ってしまいます。

上から名前が書けるくらいキレイに名前を消す方法と、どうしてもおさがりの文字が消えないときの対処法についてお伝えします。

新生活で、お名前書きに励んでいるママさん必見です!

スポンサーリンク

お下がりの名前の消し方は?どうすればいい?

お下がりで一番もらうもの、それは衣類ではないでしょうか。

衣類の名前を書くところというとだいたいがタグの部分になってきますよね。

お子さんの服の場合お名前を書くためのタグがあるものもありますが、中には洗濯表記が書かれた空きスペースに書くという場合もあります。

そんなタグに書かれた名前を消すには除光液が効果的です。

女性のネイルを落とすための除光液をティッシュにしみこませ、タグを挟んで揉みこむようにすると簡単に消すことができます。

とってもきれいに消えるので、除光液が乾いたら新しくお子さんの名前を書くこともできます。

除光液は最近では100均でも売られているので手軽に準備できるところもありがたいですね。


・服以外でも大活躍の除光液
例えば、靴やおもちゃなどのおさがりの場合でも、除光液は効果を発揮します。

靴の場合エナメル質の個所ならばあっという間に消えてしまいます。

おもちゃもプラスチック製品の場合はきれいに消えます。


・布に書かれた名前の消し方
靴も布の部分に書かれたものだと苦戦します。

布製品の場合、除光液を垂らすとにじんでしまって結局油性マジックが広がってしまった…なんてことになる可能性もあります。

範囲を広げて汚れたようになってしまうのであれば、初めから別の方法(※後述)で名前を消した方が得策でしょう。

お下がりの文字がどうしても消えない時は

先ほどにもありましたが、除光液では消えない、むしろ汚れてしまう可能性のある材質のものの対策としては「消さずに隠す」方法をとりましょう。

アイロンで上から貼ることのできるテープやお名前シールがあるので、そういったものを上から貼り、そこにお子さんの名前を書くようにしましょう。

無地のものから、かわいいワンポイントが付いたものまで100均でもいろいろな種類があります。

衣類のタグの場合も消すことはできるものの、一枚一枚消していくのが面倒という方はこうしたテープでまとめて上に貼っていくという方法でもいいでしょう。

スポンサーリンク

番外編:さらに面倒ならばタグはあきらめて切る

衣服の場合のタグの処理って細かな作業になるので、枚数が多いとお母さんの負担もかなりのものです。

そうなった場合は、思い切ってタグを切ってしまうというのも一つの方法です。

タグを切ることで、おさがりの名前を消したり隠す必要がなくなりました。

ご自身のお子さんの名前の記入は、お名前リボンと言うものを使うのもおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KAWAGUCHI おなまえリボン
価格:567円(税込、送料別) (2019/3/15時点)

(色は、ピンクの他にブルーとベージュがあります)

これはボタンで留めるタイプのタグになっていて名前を書けばどこにでもつけることができます。

仮に付けた服が着られなくなっても、このお名前リボンをつけかえれば済むので新しく名前を書く手間がかかりません

どうせ名前を書くなら一回で済ませたいという方にはとてもありがたい商品です。

お下がりの名前の消し方:まとめ

お下がり 名前 消し方

お下がりのものは子供の成長が著しい間はとても助かりますが、お名前の書き換えがとても面倒です。

小さなお子さんの場合は特にたくさんの枚数があると名前を消すだけでも大変な作業です。

除光液を使うと比較的簡単に消すことはできますが、面倒な場合はアイロンでつけることができる名前テープで消してしまうこともできます。

それでも面倒だ!という方は思い切ってタグを切ってしまいましょう。

また、お名前リボンという商品なら、一度名前を書くといろんなところに留めることができるので何度も名前を書く必要がなくなります。

何かと名前を書かなくてはいけなくなる入園入学のお子さんをお持ちの方は、この機会にお名前リボンをたくさん作っておいた方がいいかもしれませんね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする