告白の返事の保留期間が長いときは諦める?1ヶ月経てばOKの可能性はない?

告白 返事 保留

今まで想いを寄せていたあの子に勇気を振り絞って気持ちを伝えたあなた。

告白の返事を保留されていませんか?

両想いになれたらいいなぁと思いつつも現実はそんなに甘くない…という可能性も。

「少し考えさせて」と時間を置かれたあなた。

そろそろ返事が欲しいなぁと思いつつも催促していいものなのか、いつまでも返事がない場合は諦めたほうがいいのだろうか…。

悩みはつきませんね。

そこで今回は、告白の返事の保留期間はどれくらいまでなら希望を持てるのか、いつになったら返事を催促していいものなのかをご紹介します。

スポンサーリンク

告白の返事の保留期間が長いときは諦めたほうがいい?

相手が「少し考えさせて」と言って保留を求めてきたときの心理から考えてみましょう。

① 心の準備も出来ておらず急だったため一先ず保留に
まさか告白されるとは思ってもいなく、一度落ち着くために保留にする場合があります。

こういう場合は、あなたとの今後のお付き合いのイメージを膨らませ、付き合ったらどんな感じなのかを考えてくれています。

よって返事を急がせてはいけません!


② 今の関係を壊したくないから保留に
友達としてあなたと一緒にいて凄く楽しい。

でも恋人同士になることを想像したこともない、そんなケースです。

今の関係を壊したくないために保留にすることもあります。

この場合は多少脈ありと考えられますが、現状維持を望んでいる場合が多いので早めに決着をつけたほうがお互いのためになります。


③ 断り切れず保留に
断りたいけど勇気が出ず保留にされてしまう場合があります。

この場合は残念ながら脈がありませんので早めに決着をつけたいですね。


④ 実は付き合っている人がいるので保留に
あなたには伝えていないけれど実は他に付き合っている人がいて、その人と別れてあなたとお付き合いするかどうか迷っている場合もあります。

相手が自分自身を見つめなおし、決断するまでは待っていてあげましょう。


このように相手が考えている内容は千差万別です。

相手の考えていることが分かれば気持ちはラクになりますが、現実はそうもいきません。

上記の中でも①や④の場合は3日から1週間程度で返事があれば脈ありの可能性が非常に高いですが、それ以上お返事を頂けない場合は「〇日後ぐらいには返事が欲しい」と伝えておくのもよいと思います。

但し、長期になればなるほど可能性は低くなっていきます。

本当にあなたのことを考えてくれているのであれば、相手も早く決断をし返事をしなければいけないと考えるはずです。

告白の返事の保留期間の長さによって可能性は変化する?限界は○ヶ月?

前節でお話したように3日から1週間程度でお返事を頂けると可能性は非常に高くなり、それ以降は可能性がどんどん低くなってしまいます。

では実際どれくらいまで返事を待ってもいいものなのでしょうか。

ずばり、1か月です。

1か月待ってもお返事を頂けない場合、たいていは諦めたほうがよいかもしれません。

但し、結婚を前提にお付き合いをしたいと伝えているのであれば、将来を考えての1か月になるので多少待ってあげたほうがよさそうです。

中には3か月待っているという男性もいますが、長ければいいという問題ではありませんので1か月経った頃には気持ちの整理に動きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

想いを伝えてから保留にされてしまったあなた、3日から1週間程度でお返事を頂けると非常に可能性が高いです。

ですが、保留にしてしまっている理由は人それぞれです。

急に告白されて一旦保留にしている場合や、現状お付き合いをしていて迷っているような場合は、あなたとのこれからを真面目に考えている場合があります。

このようなケースは多少時間がかかることもありますので、けして相手を焦らせてはいけません。

ですが、最大でも1か月ぐらいが限界となります。

長ければ長くなるほど可能性は下がってくる傾向にありますので、1か月たっても返事を頂けない場合は気持ちの整理に動いたほうがよいでしょう。

あなたにとってよいお返事を頂けるよう陰ながら応援しています!

【関連記事】
告白の返事を催促する仕方は?いつまで待つ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする