カラコンの大きさの基準は?初めて買う時の選び方・決め方

カラコン 初めて サイズや色

初めてだと、カラコンの大きさって何を基準に選んでいいか分かりませんよね。

サイズも色も種類がたくさんあって迷ってしまうと思います。

自分の眼のことなので最適なカラコンを選びたいです。

眼に合わないとトラブルの元にもなりますから。

そこで今回は、カラコンを初めて買う人は大きさや色をどう選べばいいのか、ということについてチェックしていきます。

スポンサーリンク

カラコンの大きさの基準は?

まずは簡単にカラコンについての基礎知識を学びましょう。

DIA(ダイア):レンズの直径(直径は英語でdiameter)

BC(ベースカーブ):レンズや目のカーブを表す数値。数値が小さいほどカーブがきつく、大きいほどカーブがゆるい。

着色直径:着色されている部分の直径

含水率:レンズに含まれている水分率

あとは、

ワンデー(1日使い捨て)、2ウィーク(2週間)、マンスリー(1ヶ月)の3タイプがある、ということ。

では、少し詳しく見ていきましょう。

カラコンの大きさの基準:DIA(ダイア)

だいたい、14.0㎜~14.5㎜のものが多いと思います。

DIAはレンズの直径なので、この数値が大きいほど大きなカラコンということになります。

大きいと、目を覆う部分が広いということになりますね。

目(角膜)は呼吸しています。

酸素透過率によって差はありますが、カラコンで覆った部分は酸素を通しにくい状態になっているということです。

DIAが大きいということは、酸素を通しにくい部分が広いということ。

酸欠状態の目は傷つきやすいので大きいほど良いというものではありません。

また、DIAが大きい方が黒目も大きくなるとは限りません。

黒目を大きく見せるのは着色された部分ですので。(DIAが大きければ着色できる部分も大きくなるので間違ってはいない)

カラコンの大きさの基準:BC(ベースカーブ)

自分の目にフィットするカラコンは、カラコンのBCと自分の目のBCが同じなものです。

日本人の多くは8.6㎜くらいと言われてます。

市販の物も8.6㎜くらいが多いです。

自分の目とカラコンのBCが多少違っても問題ないようですが、なるべく同じものを選びましょう。(多少の違い=±0.2㎜までくらい)

ズレが大きいと不快感が増しますよ。

不快感だけでなく、気持ち悪くなったり頭が痛くなったりということもあるでしょう。

BCが合わないカラコンを使い続けていれば、眼病など目のトラブルにも繋がりますので注意しましょう。

カラコンの大きさの基準:着色直径

これが黒目を大きくしてくれる部分ですね。

日本人の平均は12.5㎜くらいと言われてます。

なので、これを上回れば黒目を大きく見せる効果がでてきます。

ザックリと分けると、13.5㎜以上のカラコンなら黒目はしっかり大きくなるし、13.5㎜未満ならナチュラルな感じでしょうかね。(めっちゃザックリです)


このあたりは、フチの感じでも変わってきます。

主に、くっきりしたフチぼかしたフチがあります。

元々、目(黒目)のフチはぼんやりしているので、ぼかしたフチのカラコンはナチュラルタイプと言われます。

カラコンのフチの違い

カラコンのフチの違い

カラコンのフチの違い

こんな感じで。

自分の目の黒目と白目のバランスを確認して、おかしくない大きさを選びましょう。

大きすぎると宇宙人のようになってしまいます。

スポンサーリンク

カラコンの大きさの基準:含水率

含水率はコンタクトレンズの付け心地や乾きにくさに影響します。

50%未満なら、低含水
50%以上なら、高含水

含水率は高ければ良いとは限りません。

・低含水のコンタクトレンズは付け心地が硬いけど、乾きに強い

・高含水のコンタクトレンズは付け心地が良いけど、乾きに弱い

と言われます。

高含水なのに乾きに弱いというのは、矛盾しているように感じますよね。

ソフトコンタクトレンズはスポンジに近い性質で、時間が経てばレンズ自体が乾いてきます。

レンズが乾いてくると、涙を吸収して元の潤いに戻ろうとします。

元の潤いに戻るのに高含水タイプは多くの涙を必要とするので、涙をたくさん取られた目は乾きを感じやすいということです。

(例えば乾いたレンズを0%とすると、0→38.6%(低含水)と0→52%(高含水)になるのは、0→52%になる方が水分がたくさん必要ですよね。)

涙が少ないとかドライアイ気味だとか乾燥が気になる人は、低含水タイプがおすすめかもしれません。(かもしれないというのは、大きな差は感じられないと思うからです)

自分の目を測って適切なサイズを知る

目頭から目尻まで何㎜あるか、定規などを使って測ってみてください。

その数値÷2が、おすすめの着色直径です。

目頭から目尻の幅÷2=おすすめの大きさの黒目」という黄金比率があるので、初めての人はこれを基準にしてみるといいかもしれませんよ。

初めてのカラコン 色は?

色に関しては、好みですね。

実際に付けてみて、自分の気に入ったものを探してみるのも楽しいと思います。

「初心者だけど、せっかくカラコンするんだからナチュラルに盛りたい!」という方には、人気ということでこちらをおすすめします。

これだとちょっと大きいかも…今は小さめが流行ってるって聞いたし…」という人は、こちらから他のものもチェックしてみてください。
カラコン 人気ランキング[楽天]

スポンサーリンク

カラコンは安全なもの?

はっきり言って、カラコンは目に良い物ではありません。

使い方を間違えると失明の危険もあります。

必ずルールは守りましょう。

カラコンで目のトラブルにあった人は自分勝手な使い方をしている場合が多いです。


そして、当然ですが初めての人は眼科に行って診てもらいましょう。

自分の目を知る機会にもなります。

BC(ベースカーブ)も知りたいですし。

眼科に行かなくていいと思ってたり、行かなくてもいいよと周りの人に言われたという人は、ここで考えを改めた方が良いと思います。

人が何と言おうと、どんな情報を得ようと、カラコンを付けるのはあなた自身ですので後悔しないようにしましょうね。

あ、それとこういうことも知っておいていいと思います。知識として。↓

おしゃれ用カラーコンタクトレンズは「雑貨」の扱いであったが、目の障害が多発したために、おしゃれ用カラーコンタクトレンズも視力補正用カラーコンタクトレンズと同じように、高度管理医療機器として薬事法の規制対象となった(2009年11月4日施行)

【関連記事】
カラコンを使いたいんだけど、眼科に行くべき?

さいごに

カラコンの大きさの基準などについてお伝えしました。

初めてカラコンを付けてみようと考えてる人の選ぶ際の助けになれば幸いです。

適切なカラコンを選んで、カラコンライフを楽しみましょう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする