紅茶検定の難易度や問題、合格率は?本(テキスト)や日程についても

紅茶検定の種類や本は?

「紅茶検定」というものがあることを知りました。

まだできて間もない、新しい検定のようです。

検定ってたくさんの種類があって、難易度も様々ですよね。

英検や漢検といった多くの人に知られているものから、ホント訳の分からない検定まであります。(何とは言いませんが)

では、紅茶検定って一体どんな検定なんでしょう?紅茶好きの人にとっては気になりますよね。

そこで今回は、

・紅茶検定の難易度や問題、合格率
・紅茶検定の本(テキスト)や日程

などについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

紅茶検定の難易度や合格率について

まずは、紅茶検定の難易度や合格率について触れていきます。

難易度は?

紅茶に関する資格って、意外とたくさん種類があります。

その中の一つが「紅茶検定」です。(正確には、資格と検定は違うものです)

紅茶検定には、2つの級があります。
初級(ベーシック)と中上級(アドバンス)です。

当然、難易度が違います。受験料も違います。(詳しくは後述)


紅茶検定を受けた人の感想によると、

初級(ベーシック)は、簡単

テキストを適当に流し読みする程度でほとんど回答できる内容。

紅茶の知識がない人もテキストの用語集をちゃんと勉強してれば受かるような内容。

ただ、中上級(アドバンス)は、それなりに難しい

とのこと。

初級は簡単そう…


ちなみに、紅茶に関する資格を挙げておきますと、

・ティーインストラクター(日本紅茶協会)
・ティーコーディネーター(リプトン)
・紅茶コーディネーター(日本創芸学院)
・紅茶アナリスト(formie)
・紅茶アドバイザー(日本安全食料料理協会)
・紅茶マイスター(日本安全食料料理協会)
・ティースペシャリスト(キャリアカレッジ)

などがあるようです。

通学講座や通信講座があって費用もいろいろ。

ティーインストラクターは、総額30万円かかるみたいですよ。

ただ、国家資格ではないので、これらの資格を取れば特定の仕事に就けるというものではありません。(もちろん信用が高まるという意味では有効なこともあります)

もっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトが詳しく解説してくれています。
紅茶の資格

合格率は?

気になる合格率ですが、第1回紅茶検定では、

初級は、受験者1362人 合格者1276人
中上級は、受験者 848人 合格者 599人

で、

初級の合格率は、93.7%
中上級の合格率は、70.6%

でした。

初級が簡単というのは本当みたいですね。

中上級はなめてかかると返り討ちにされそうです^^

スポンサーリンク

紅茶検定の問題

公式サイトに載ってる初級の練習問題を少しだけ。

問題:紅茶を急に冷やすと白く濁ってしまう現象を何というか。
1.ホワイトダウン
2.クリームダウン
3.グレーゾーン
4.アイスダウン

問題:ティーバッグの発祥の地といわれているのはどの国か。
1.インド
2.フランス
3.アメリカ
4.スリランカ

問題:茶葉の「グレード」が一番大きいものは次のうちどれか。
1.ファニングス
2.ブロークンオレンジペコー
3.オレンジペコー
4.ダスト










答えは、2.3.3.です。

私は全然わかりませんでした(笑)

紅茶検定の本(テキスト)

紅茶検定公式テキストがあります。

それがこちら↓

ただ、評判が良くない部分も…。

購入して紅茶検定を受けた人の意見で気になったものは、

・検定用の本ではない(成美堂が出している◯◯の事典シリーズのひとつ)

・情報が散らかっていて読みにくく、勉強がしにくい

・どこが学ぶべき重要なポイントであるのかがわかりにくい

・もともと検定用ではないので模擬問題は載っていない

・一応、この本をベースに検定は組み立てられてる

・初級(ベーシック)はいけるが、この内容では中上級(アドバンス)は不十分

といった意見がありました。

あと、
「この本を網羅しないといけないと思うと、紅茶検定って難しいんだ」と感じる人がたくさん出てくるかもしれませんが、初級(ベーシック)ならそんなことはないそうです。

個人的には、

紅茶の世界を楽しむ人向けの本であること。
初級(ベーシック)を受ける分には十分なこと。

という印象です。

また、公認参考書として、

「紅茶入門」

「基本をおさえてもっとおいしい紅茶一年生」

が紹介されています。

「紅茶入門」は、参考にはなるが読みにくい、わかりにくいという評価があります。

紅茶検定ができる前からある本で、それを検定用として指定しているから評判が悪くなるんだと思います。

検定を受ける人が学びやすいような構成になってないんですね。


「基本をおさえてもっとおいしい紅茶一年生」は、紅茶検定ができた後の本です。

でも、基本って書いてあるから中上級を受けるには不十分な気がしちゃいますけど、どうなんでしょう…。

公式テキストも公認参考書も学びにくいという点で評価を下げています。

下げていますが、紅茶検定の公式・公認とされているものなのでこれらで勉強するのが無難ですね^^

紅茶検定の日程など

試験日はいつ?

第1回紅茶検定は、2017年3月20日でした。

第2回紅茶検定は、2018年2月18日(日)です。

ちなみに、第2回の申込受付の開始は、2017年9月5日でした。

また、2018年1月17日時点、「ご好評につき、インターネット申し込みのみ締切を延長中!」とのことです。

なので、第3回紅茶検定もそれくらいの時期だと予想できますね。

受験料はいくら?

・初級(ベーシック):¥4800
・中上級(アドバンス):¥5800

併願OK(併願なら¥9000とのこと)

2回に分けて受けるより、1600円安いですよ。

会場はどこ?

東京・名古屋・大阪の3か所で開催されます。

試験時間は?

初級(ベーシック):13:00~14:00
中上級(アドバンス):15:00~16:00

どちらも1時間ですね。

10分遅刻でアウトのようです。

形式と問題数は?

マークシート形式(4択)で、80問あります。

初級(ベーシック)も中上級(アドバンス)も同じです。

特典

合格者には特典があります。

「カレルチャペック紅茶店」特製の限定イラスト入り合格認定証です。

紅茶検定の合格特典

かわいいですね♪


有料特典もあります。

・合格認定カード(免許証サイズ)【¥3000】
・合格認定名刺(100枚)【¥3500】

です。

記念と言えば記念ですが、お高い印象を受けますね…

スポンサーリンク

さいごに

紅茶検定について見てきました。

「検定」というものができるのは主催者側のお金儲けのためもありますが、紅茶好きの人にとっては自分の知識を試せる場でもあるので、こういうものがあると面白いですね。

紅茶に詳しくない人でも、ちょっと初級を受けてみたいなぁって気分になりませんか?^^

役に立つ立たないも大事ですけど、ただ面白い楽しいっていうのも大事です。

人生を楽しむ秘訣ですよね♪

不思議な検定?

他にも面白い(?)検定があったので、紹介しておきます。参考まで。

きのこ検定ってどんなの?難易度や問題は?
ねこ検定って何?難易度や過去問は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする