耳の掃除のやり方は?耳かき、綿棒、ピンセットどれ?しすぎるとどうなる?

耳の掃除の仕方

耳の掃除ってしていますか?

しているなら、何を使ってどれくらいの頻度でやっているでしょうか。

男性であれば、彼女に膝枕をしてもらいながら…というのは、してもらいたいシチュエーションの一つかもしれませんね。

ただ最近は、耳の掃除はしなくていいっていう話をよく聞きます。

とはいえ、昔からやっているので「しなくていい」と言われてもしてると思います。

私もしてます。

気持ちいいですし。

そこで今回は、耳の掃除のやり方について、
・正しいやり方ってあるの?
・おすすめの道具は?
・乾いてるタイプ、湿ってるタイプでは?
・しないとどうなる?
・しすぎるとどうなる?

といったことについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

耳の掃除のやり方

一番大事なのは、無理に奥の方の耳垢を取ろうとしないことです。

奥の方を掃除しようとして、耳の中を傷つけてしまったというのが良くないパターンです。

ヘタをすると鼓膜を傷つけたり外耳炎になったりします。

耳の中を傷つけずに耳垢が取れれば、それが正しい耳掃除のやり方です。

そこでポイントになってくるのが道具ですね。

耳の掃除をするにあたって何を使うかですが、だいたい「耳かき」か「綿棒」か「ピンセット」だと思います。

耳かき
・耳かきは扱いやすいですね。ただし、力加減がヘタな人はガリガリと耳の中を傷つけてしまうことがあります。

綿棒
・綿棒は耳の中を傷つけにくいです。ただ、耳垢が取りにくいし、さらに言えば、奥へ奥へと押し込みやすい形状です。

ピンセット
・ピンセットは慣れもあるでしょうが、ちょっと使いづらいです。人にやってもらう時なら一番効果が見込めます。あと、先がとがっているものは危険です。丸くしてあるタイプがいいですね。


多くの人がどれも使ったことあると思いますが、私は結局普通の「耳かき」に落ち着きました。

綿棒なんかは、耳の中を湿らせてから(お風呂上りとか)使うと効果的なのかな。

私は綿棒はダメでした。

押し込んじゃうだけで、気持ちよさもないし。

ただ、耳垢のタイプによって有効な道具は多少異なります。

今はいろんな耳掃除アイテムが売ってます。

普通の綿棒はダメでも粘着綿棒なら効果は高いし、耳用掃除機なんてのもありますね。

こんな面白い形もあるんですね↓

耳垢のタイプ 乾燥してる?湿ってる?

耳垢のタイプとして、カサカサした乾燥タイプとベタベタした湿ったタイプがあります。

耳の中にある耳垢腺(じこうせん)というところから耳垢の元となる油を分泌していて、この腺が少ないとカサカサで多いとベタベタになります。

ちなみに、日本人の6~7割がカサカサタイプで、3~4割がベタベタタイプ。

・カサカサの人(乾性耳垢)は、耳用掃除機や粘着綿棒も有効(ただ、耳の掃除はあまり必要ないと言われるくらい)。

・ベタベタの人(湿性耳垢)は、ワイヤー式耳かきや金属製の円盤状耳かきが有効。

スポンサーリンク

耳の掃除はしなくていいの?

最近よく、耳の掃除はしなくていいという話を聞きます。

耳垢は、耳の入口から鼓膜までの外耳道を保護する役割があります。

完全に不要な老廃物ではないんですね。

耳垢ができるのは外耳道の外側約3分の1の部分。

耳垢は外耳道の上皮の動きと、食べ物を噛む動きやあくびなどの顎の動きによって、入口へ徐々に移動します。

原理的には、自浄作用で自然に耳から出ていくということです。(湿った耳垢も移動している間に乾いて自然に耳の穴から出ていきます)

なので、健康な状態であれば耳掃除の必要はないと言われるんですね。

でも、耳垢ができる「外耳道の外側約3分の1の部分」より奥に行ってしまうと自浄作用の範囲外なので、自然には外に出ません。

ただ、その奥の部分に行っちゃうんですよね。

私たちは動きますからね。

走ったり、寝返りしたりといった様々な理由で耳垢も動くことがあるでしょう。

<頻度>
耳掃除の頻度は、回数が多いと耳垢を奥に行かせてしまう可能性も高まるので、掃除をするなら月に1~2回くらいにしておいた方がよいです。

耳の掃除をしなさすぎると

耳の掃除はしなくてもいいと言われても、耳垢が溜まる人がいるのも事実。

耳の入口付近を拭き取る程度が正しい掃除の仕方と言われても、ちょっと奥(自浄作用の範囲外)に行ってしまったものが積み重なると困ったことになります。

外耳道の奥に耳垢がたまって外耳道を塞ぎ(耳垢塞栓)、耳の痛み、耳閉感、かゆみ、聴力低下、耳鳴りなどに繋がる可能性があります。

耳の掃除をし過ぎると

耳の掃除をし過ぎると、出血したり外耳炎になっったりしますよ。

外耳炎になって、頭痛と高熱で病院へ行く人もいます。

脳に近いので菌が脳へ行ってしまうと髄膜炎で最悪死ぬよと言われた人もいるとか。

何事もやり過ぎはよくないですね。

さいごに

耳の掃除について、お伝えしました。

耳の掃除は、全くしないのも考えものだし、し過ぎは当然NG。

・頻度は、月に1~2回程度。

・使う道具は何であれ、外耳道に触れないよう挿入し引き抜きながら周囲を拭うイメージで。

耳かきは気持ちいいので、私もついついしちゃいます。

お互いに気をつけましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする