ウォーターサーバーいる?いらない?それぞれの理由、意見は?

ウォーターサーバー いる いらない

ウォーターサーバーは、いるのかいらないのか。

なんかオシャレだし、便利そうだし、キレイな水を飲みたいからウォーターサーバー欲しいなぁ」という思い。

でも本当に必要かな?コスト的にはどうだろう、何か見落としてることはないかな」という思い。

両方の思いがあって、悩んでる人もいると思います。

そこで、その悩みを少しでも解消できるように、ウォーターサーバーいる派といらない派の理由や意見をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ウォーターサーバー いる派

ウォーターサーバーいる派の理由

1.美味しい水が飲める
基本的には、日本の水道水は品質が良いので、ほとんどの家庭でいつでも安全な水を使えます。

ただ、地域差やマンションなどの住宅事情による差があるので、ウォーターサーバーならその点を気にしなくていいです。

2.お湯がすぐ出る
80~90℃の熱いお湯がすぐ使える。コーヒーやお茶を淹れたいときには、お湯を沸かさなくても簡単に作れる。

赤ちゃんのミルク作りにも使えて、赤ちゃんを待たせる必要もありません。赤ちゃんのミルク作りには、ウォーターサーバーは大活躍します。

(ポットも同じだけど)

3.宅配してくれる
荷物が重たくならないことと、買い物の手間が省けることが便利。

買い忘れるという心配からも解放されます。

4.ゴミが減る
当たり前ですが、ウォーターサーバーのボトルは容量が大きい(12Lなど)ので、ペットボトルの水を買うよりゴミが減ります。

ガロンボトル → 空き容器を業者が回収して再利用するタイプ。ゴミが出ない。

ワンウェイボトル → 使い切りタイプ。小さく潰して資源ゴミとして出せる。ゴミの量もかさばらない。

5.備蓄水になる
災害時の備蓄として利用できます。

ウォーターサーバーや予備のボトルがあれば、水道が止まっていても水が使えます。

6.オシャレ
自宅にウォーターサーバーが設置してあるだけで何となくオシャレな感じが出る。

オシャレだというだけでウォーターサーバーを設置する人は少ないと思いますが、購入を決める後押しをしていると思います。


まとめると

・美味しい水が飲める
・お湯がすぐ出る
・宅配してくれる
・ゴミが減る
・備蓄水になる
・オシャレ

ウォーターサーバーいる派の理由はこんな感じでした。

都会は水がマズイってイメージがありますが、実際はどうなんでしょうね。私は田舎の人間ですが、水道水をそのまま飲むことはないです。浄水器を付けてます。そのまま飲んでも問題ないんですけどね。

都会住まいの人は、水がキレイかを気にするというストレスがなくなるのは、大きい要素かもしれません。

あと、オシャレな感じは確かにします(笑)

ウォーターサーバーいる派の意見

いる派の意見としましたが、正しくは使っている人の意見ですね。

・メリットといえば、すぐにお湯も出るので温かい飲み物もすぐ作れる。

・いつでも冷水と熱湯が使えるのは魅力。

・ゴミが出なくなる、宅配してくれる、ってのは便利。

・玄関まで配達してくれるので、重いもの運ばなくていい。

・無いときは興味もなく必要ないと思っていたのに、いざ置いてみたらもう無いと生活できない。

・一番のメリットは子供達が水を飲むようになって、ジュースの量が減ったこと。

・ポットが必要なくなる。

・ペットボトルとか箱買いする水を運ぶなどの手間がタンクの配達に変わるので便利

・サーバーは飲む用。料理などにサーバーを使うにはちょっと贅沢すぎるので、浄水器を蛇口につけて使っている。

・贅沢だなぁ、場所もとるし…と思いつつ、やっぱり便利で使い続けている

・サーバー用の大型ボトルは10kgほどあるので、交換は男の仕事になる。

ウォーターサーバー いらない派

ウォーターサーバーいらない派の理由

1.コスト面
市販のミネラルウォーターの方が安い。

ボトルは12L入りで1500円前後というのが標準的な価格。この費用が定期的に発生します。

冷水と温水の2種類をいつでも供給できるようにするため電気代がかかります。電気代はウォーターサーバーによりますが、1か月約300円~1000円くらい。

1か月に24L飲むとすると、月々のコストは3000円~7000円の間。種類(メーカー等)によって違うので幅があります。

水の定期購入契約だと、水を使い切ってなくても新しい水が届くので水代を支払う必要があります。また、契約期間内に解約する場合には違約金が発生します。

ウォーターサーバーに必要な費用

・電気代
だいたい月に300~1000円くらいかかるようです。

・水代
だいたい月に2000~4000円くらい水を買う必要がある場合が多い。

・サーバーのレンタル料
無料~1000円ほどのレンタル料が必要な場合が多い。
サーバーを購入できる業者もある(10000~20000円くらい)。

・メンテナンス費
1年ごとに3000~5000円くらいが多い。最近は無料でやってくれるところが増えている。

2.衛生面
ウォーターサーバーの水には、水道水のように殺菌のための塩素が用いられていない。なのでカルキ臭などの問題はないけれど、雑菌が繁殖する危険性がある。

(ガロンボトルの場合、水を使うたびにボトル内に空気が入るためその可能性が高くなると言われてます)

冷水・温水の注ぎ口やボトルの差込口などは雑菌が繁殖しやすいです。

3.安全面
幼児が関わる事故が怖い。

・温水のレバーを触って火傷
・サーバーの転倒により、下敷きになってしまった
こういったトラブルは、実際に起こっています。

チャイルドロックや転倒防止機能などが付いたサーバーもありますので、要チェック。

4.その他
・水の交換が重くて大変
・サーバー本体、水ボトルや空タンクの保管スペースが必要になる
・水を飲みきれない場合、無理をしなければならない場合がある
・長期の旅行などで水の配送を止めても、会社によっては手数料がかかる場合がある


まとめると

・コスト(電気代・水代)がかかる
・衛生面の心配
・安全面の心配
・場所を取る
・交換が面倒(重い・腰にくる)
・市販のミネラルウォーターのが安い

ウォーターサーバーいらない派の理由はこんな感じでした。

一番はやはり、コスト面です。毎月の支出に3000~7000円が上乗せされるのを、どう思うかですね。

衛生面は前から言われてました。そんなにキレイなもんじゃないって。清潔さを保ちたいなら、見にくい部分も洗った方がいいですね。

ウォーターサーバーいらない派の意見

・全く必要ない。水単体で飲まないし、お金をかける程余裕がない。

・買うとしたらお金に余裕のある人でしょう。水道水とポットで代用できる。

・部屋が狭いと置く場所に悩む。電気代がかかる。

・ペットボトルのお水やウォーターサーバーのお水は少しニオイが気になります。プラスチックのニオイかな?

・ペットボトルやサーバーのお水はちょっと気持ち悪い(いつのだよ…みたいな?)です。

・交換が面倒(10キロを持ち上げる必要がある)、電気代が高くなった、リッターの単価はドラッグストアの水のほうが安い、と思ってやめた。今は蛇口直結の浄水器に落ち着いた。

・電気代は1000円/月くらい増えました。今はIHで湧かすので直に熱湯になる。浄水器をつけた。

・水を交換するとき、すんごく重くて嫌になる…。場所も取ります。

・水がもったいないと思ってしまって、夏場はガブガブ飲まなくなる。それなら市販のミネラルウォーターをガンガン買った方がいいかもしれない。

スポンサーリンク

簡単なチェック項目

ウォーターサーバーを選ぶ際の、チェック項目を簡単にみておきます。

・電気代
・水代
・水の種類(天然水、ミネラルウォーター、水道水をろ過など)
・タンク(業者が回収するタイプのものや、ごみに出せるつぶせる容器も)
・水の配達の量や定期便の期間(1つずつ配達されるわけではなく4パックまとめて配達というところも)

最低限のチェック項目です。

【関連記事】
水道水とミネラルウォーターってどっちが安全?

水道水って栄養あるの?

まとめ

ウォーターサーバーのメリット、デメリットをチェックしました。

ウォーターサーバーがいるかいらないかは、それぞれのライフスタイルによりますね。

水にこだわりたい人、そうでない人。
便利さとコストを天秤にかけて、どちらを選ぶか。

高い水を飲むことになるので、気にしながら使うっていうのもストレスになります。当然お金に余裕がある人は、気にしなくても済みます。

私は、ウォーターサーバーって考えたことがありませんでした。

蛇口に浄水器を付けてますが、それだけで十分という感じ。お湯はポットから出ますし。たぶん、水がマズイという地域に住んでいれば検討することもあるのかなと思います。

蛇口に浄水器を付けても水道から出る水を飲む気にならない…そういうレベルに達したらウォーターサーバーがよさそう(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする