バーベキューの食材の予算の相場は?一人当たりいくらぐらい?

バーベキュー 食材 予算

バーベキューをするのに、食材の予算はいくらに設定しますか?

「バーベキューをするのが初めて」とか「幹事になったから」とか、そういった機会があると、バーベキューの食材の予算について悩んだりするかもしれません。

ただ、食材の量が少なすぎると「これだけ?」と言われるし、金額が高いと「高いよ~」と不満の声が出ます。

貧相なバーベキューはNGだし、異常に豪華なバーベキューもNGですね。

そこで今回は、バーベキューの食材の予算として、適切な金額はいくらぐらいなのか、ということについてお伝えします。

スポンサーリンク

バーベキューの食材の予算

一般的に、予算の目安は2000円~3000円です。

食材の予算は、バーベキューをする人たちが何人なのか、どんな人たちなのかによっても変わります。

男性だけのバーベキューなのか、女性だけのバーベキューなのか(あまりイメージないですが)、男女の割合はどれくらいか。若い人たちが多いのか。子供はいるのか。

また、

バーベキューをするための道具は揃っているのか、買うのか、誰かに借りるのか。お酒は飲むのか。

なども。

バーベキューをするための施設を借りるのかということもありますね。

なので、
・食材(お酒の有無)
・道具(BBQセットや食器)

を考慮する必要があります。


私の経験上では、人数10人(今回BBQセットなどの道具を買わないといけない)なら、

食材の予算:2000円
道具の予算:1000円

くらいで十分いけると思います。

食材は、
肉類・野菜・飲み物・タレなど。あとは自分たちの好みで、魚介があってもいいし、変わり種があっても面白いですね。そこは予算の都合で。

お酒をたくさん飲むなら、2000円という予算をオーバーすることはあるかもしれません。

もちろん、良い肉を人数分用意するなら2000円では無理です。


道具は、

・BBQコンロ:安いのなら3000円くらい
・炭(10㎏):1500~2000円くらい
・着火剤:500円以内で
・チャッカマン
・うちわ
・トング(箸があれば不要)
・軍手
・まな板・包丁(下準備していけば不要だし、誰かが持ってる)
・紙コップ、紙皿、割り箸
・アルミホイル
・ゴミ袋
・スポンジ・洗剤

など

できるだけ100均で揃えていけば、トータル1万円以内で十分いけると思います。

コンロに5000円出してもいけそう。

バーベキューが今回限りでないのなら、みんなで相談してちょっとイイBBQセットを購入するのもありですね。

バーベキューの食材や調味料

定番のバーベキューの食材は、こんな感じですかね。


牛・豚・とり
ソーセージ
焼き鳥

野菜
とうもろこし
玉ねぎ
ピーマン
ニンジン
キャベツ・もやし(焼きそば用)
きのこ類

魚介
エビ
イカ
ホタテ

その他
おにぎり
焼きそば

調味料
塩コショウ
焼肉のタレ

など。

個人的には、野菜類は最小限でいいです(笑)

スポンサーリンク

バーベキューではたくさん食べる?

バーベキューって、みんなで焼きながら喋りながら食べるので、そんなに量を食べない傾向があります。

一つの例として私の意見を言わせてもらうと、

バーベキュー参加者が20代後半以降になってくると、思った以上に食べません(笑)

予算2000円で、食材・飲み物(お酒も)・BBQコンロと炭以外の道具を揃えましたが、食材・飲み物が結構余りました。

20代前半の頃はそんなことなかったんですが、みんな同じように食べなくなるもんなんだなぁと思った記憶があります。

まとめ

バーベキューの食材の予算について、お伝えしました。

食材に関して、一般的な予算は2000円です。

安いところで買ったりすれば、1500円とかになる可能性もあります。

でもそれは結果的にという話で、食材が足りないという状況になると非常にさみしいですから低すぎる設定は怖いです。

また、参加者がたくさん食べるということが分かっていたり、あきらかに男性陣のが女性陣よりもたくさん食べることが分かっているなら、予算設定や男女の差を考える必要があるかもしれませんね。

あ、

私のような食の細い人間は、量があるよりちょっと良い肉の方が嬉しかったりも(笑)

みんなで協力して、楽しいバーベキューにしましょう♪

【関連記事】
バーベキューの食材で定番以外のものって何?子供も喜ぶ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする