蚊取り線香の煙は人体に害?妊婦や赤ちゃん、犬などのペットには?

妊婦

蚊取り線香の煙って人体に害があるんでしょうか。

自分の体のことも気になりますが、妊婦さんや赤ちゃんにはどうなのか。犬や猫などのペットにも害はあるのかということも気になりますよね。

蚊取り線香の煙って、結構匂いもしますし。

そこで今回は、蚊取り線香の煙は人体に害があるのか。妊婦や赤ちゃん、犬や猫のペットにはどうなの?ということについてお伝えします。

スポンサーリンク

蚊取り線香の煙は人体に害がある?

蚊取り線香の煙は人体に害があるのかという疑問に対する答えは、「正しく使う場合、害はない」です。

まず、「蚊取り線香の有効成分」と「蚊取り線香の」は別の物なので、そこからチェックしましょう。


蚊取り線香の有効成分(蚊に効く成分)は、ピレスロイドというものです。

除虫菊というの花に含まれる天然殺虫成分をピレトリンと言い、ピレスロイドはそのピレトリンを元に作られた化合物です。

ピレスロイドが蚊や虫の皮膚や口から入って、神経に作用しマヒさせて虫を退治するという仕組みです。

これは、人体に害はありません。体に入っても、すぐ分解されて短時間で体外へ排出されます。

当然ですが「どれだけ体に入っても無害」と思うのは危ないです。一度に多量のピレスロイドを体内に入れれば、人体にも害はありそうと考えるのが普通です。ただ、意図的(蚊取り線香を直接食べるとか)でないと多量に摂り入れることはないと思うので「基本無害」です。


次に、蚊取り線香の煙ですが、この煙自体は蚊に効く成分ではありません。(単純に呼吸を妨害する効果はあるかも)

じゃあ何のために煙が出ているのか。

それは、ピレスロイドを運ぶ(拡散する)ためです。蚊取り線香が燃焼している部分から出ているピレスロイドを、煙にのせて遠方に拡散しているというわけです。

蚊取り線香の原料は、粕粉(除虫菊の有効成分を取り去った後の粉)、木粉などの植物性粉末、タブ粉、でんぷん、染料など。これらを燃やして出てる煙で、基本的に少し吸ったところで人体に害はありません。(常識で考えて、大量に吸えば気分を害す)

ただ、害はないと言っても、閉じ切った部屋で蚊取り線香を使えば煙が充満するので、そういう使い方だと気分が悪くなったりすることはあります。なので、最初に「正しく使う場合、害はない」と記述しています。

ちゃんと換気をして使用してくださいということですね。

蚊取り線香の煙は妊婦さんや赤ちゃんに害がある?

妊婦さんや赤ちゃんがいると、いろんな物が気になりますよね。

蚊取り線香の煙は結構匂いがキツイので、妊婦さんや赤ちゃんの体に良くないんじゃないかと考えちゃいます。

でも、害はありません。(煙もピレスロイドも)

人体に害はないので、妊婦さんにも害はありません。お腹の中の赤ちゃんにも害はありません。出産後の小さな赤ちゃんにも害はありません。

妊娠中に蚊取り線香の煙やピレスロイドを吸うことで、産まれてくる赤ちゃんに障害が出ることもありません。


もちろん、正しくない使い方(換気をしない)をすれば、頭痛がしたり喉が痛くなったり目に刺激を感じたりすることはあります。


また、蚊取り線香のKINCHOさんのサイトには、

ご使用いただけますが、換気の良い所で風上においてご使用下さい。またアレルギー体質の方は、使用に注意して下さい。

とあります。

蚊取り線香の煙は犬や猫などのペットに害がある?

蚊取り線香の煙とピレスロイドは、犬や猫といったペットには害はないんでしょうか。

家で犬や猫を飼っている人は気になりますよね。

結論を言うと、犬や猫にも害はありません。ピレスロイドは哺乳類・鳥類の体内に入っても分解&排出されるので、人と同様に害はないです。

なので、犬や猫だけじゃなくハムスターや小鳥にも害はありません


でも、昆虫や魚には注意が必要です。

虫に効くので、当然カブトムシなどにも効きます。あと、金魚や熱帯魚にも効きます。

蚊取り線香ではないですが、「ワンプッシュの蚊取りスプレー(これもピレスロイド)を部屋で使ったら、水槽の魚が…」という話はちょいちょい聞きます。

あと、爬虫類や両生類にもダメです。


【関連記事】
蚊取り線香ってゴキブリにも効くの?

スポンサーリンク

蚊取り線香 豆知識

蚊取り線香に関するささやかな情報です。

蚊取り線香は「大型・レギュラー・ミニ」の3種類のサイズがあって、
・大型は、長さ125㎝・使用時間12時間
・レギュラーは、長さ75㎝・使用時間7時間
・ミニは、長さ30㎝・使用時間3時間
です。
蚊取り線香は、長期間経ったものでも使えます。3年以上前のものでも効果が大きく下がるということはない(通常の状態で保管してあれば)です。
蚊取り線香の効果範囲は、煙が拡がっているいるところ。風上に置くのが効果的です。
蚊取り線香の缶のフタを裏返すと、線香を置く皿として使えます。裏返したフタを缶にはめられる仕様になっています。

本当にささやかな情報でした(笑)

さいごに

蚊取り線香の煙は人体に害があるのか、ということについてお伝えしました。

まず、煙と有効成分(ピレスロイド)は別物だということ。

そして、煙もピレスロイドも、人体に害はなく、妊婦さんにも赤ちゃんにも、犬や猫、ハムスターや小鳥にも害はないということでした。

ただし、ピレスロイドは昆虫や魚に有害です。


蚊取り線香に害がないということが分かっても、煙の匂いがちょっと…という人もいると思います。そんな時は、「煙の少ないタイプ」の蚊取り線香もあるので、検討してみてください。

個人的には、部屋が煙の匂いになってしまうのが蚊取り線香の欠点です。匂いさえ無ければ、蚊対策としての効果に多少疑問があっても、風情を感じられていいんですけどね(笑)

【関連記事】
蚊取り線香は蚊以外の虫にも効くの?ハエやゴキブリ、カメムシは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする