湿布って効果があるの?ないの?勘違いしていることとは?

湿布の効果

「本当に湿布って効果あるのかな?」と疑問に思ったことはありませんか?

実は効果がないのでは?と。

確かに冷たいんだけど、効いてるかといわれると微妙…と感じてる人もいると思います。

そこで今回は、湿布は本当に効果があるのか、について調べたいと思います。

スポンサーリンク

湿布は効果があるの?

あなたが湿布を貼る目的は、何ですか?


湿布を貼ると、冷たいですよね。

「湿布が患部を冷やして、治りを早くしてくれる」という効果があると期待して貼っている人は多いと思います。

でも、それは勘違いです。

私も勘違いしていました。


湿布には体の内部を冷やす効果はありません

冷たく感じるのはメントールなどの冷感成分が含まれているからです。冷たい感じがしているだけです。

温湿布だったら、カプサイシン(温感成分)が含まれているので、温かく感じているだけです。


実際には、

テープ剤の場合、単純に皮膚を覆うので皮膚表面の温度は上がります。0.7度くらい上がっているそうです。

パップ剤の場合は、冷湿布も温湿布も皮膚表面の温度は下がります。冷湿布なら3度くらい、温湿布なら2度くらい下がっているそうです。

これはパップ剤に水分が多く含まれているからで、湿布に含まれる水分の蒸発によって熱が奪われて(気化熱)、皮膚表面の温度が下がっています。

筋肉の温度変化はゼロです(皮膚表面の温度が下がっているだけで、体の内部の熱を冷ますわけでない)。


じゃあ、湿布に効果はないのかというと、そういうわけではありません。

湿布には冷感・温感成分の他に、非ステロイド性抗炎症薬が含まれています。じわじわ皮膚に吸収されて皮下に留まり、痛みを和らげる効果を発揮します。

多少の「痛み止め」の効果があるということです。

つまり、湿布は「患部を冷やして治りを早くする」のではなく、「冷たく(温かく)感じさせて気を紛らわす&痛み止め」という効果になります。

治りを早くするということはありません。

冷やす目的なら氷嚢、温める目的ならお風呂、これらの方がよっぽど効果があります。

スーッとする気持ちよさを感じたいんだ!と言うのであれば、それはそれでアリだと思います。

【関連記事】湿布が効く仕組みって?効果時間はどれくらい?

テープ剤とパップ剤

テープ剤
湿布 テープ剤

薄いシート状・肌色なので目立ちにくいことと、剥がれにくいことがメリットです。

ヒジなどのよく動かす部分にもオススメだし、パップ剤より匂いが弱めのものが多いというのも特徴。


パップ剤
湿布 パップ剤

冷たさや温かさを感じたい!とか、冷たいのが気持ちいい・効いてる気がするという人にオススメ。

ただし、テープ剤より目立ちやすいし、剥がれやすいです。なので、動きの少ない部分(背中や腰など)に適しています。

スポンサーリンク

冷却シートも湿布みたいなもの?

熱が出たのでおでこに冷却シート(熱さまシート)を貼るという人は多いと思います。特に子供が熱を出した時なんかは。

冷却シートは湿布とは違い抗炎症薬は含まれていませんから、当然痛み止め効果はありません

でも、その他の成分は湿布(パップ剤)とあまり変わりません。

つまり、気化熱で皮膚表面の温度を下げるだけだということです。頭の中を冷やせるわけではありません。(解熱効果はない)

そもそも熱はウイルスをやっつけようする免疫反応で、必要だから出ているものです。


ただ、高熱が出た時は、対策したくなります。

でも冷却シートに解熱効果はないです。

冷たくて気持ちいいと感じる効果はありますが、冷却シートを長時間貼っていると、皮膚からの放熱を邪魔してしまい、逆に頭の中の温度を上げてしまう可能性もあります。

高熱の時は、熱を奪うというよりは気持ちよさを目的として、氷嚢を使うのがベターかと思います。

さいごに

湿布は効果があるのか、ないのか、についてお伝えしました。

簡単にまとめると、

湿布には多少の「痛み止め」の効果があります。

冷たい・温かいというのはオマケです。

患部(体内)を冷やす効果はありません。

また、痛み止めなので、早く治るわけでもありません。

とは言え、スーッとしたいなら、それはそれでOKだと思います。

あとは、肌が弱い人や長時間貼ったりする人には、かぶれの原因にもなるので注意してください。

【関連記事】
湿布はなぜ効く?効果時間はどれくらいなの?
湿布は期限切れでも効果があるの?使っても問題ない?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする