胎教にイヤホンで音楽を聴くのは意味がない?

胎教 イヤホン

「胎教にイヤホンを使って音楽を聴くのはどうなの?」という疑問があるのを知りました。

この疑問には、少し勘違いも含まれているのかなと思います。

では早速、胎教と音楽についてチェックしていきます。

スポンサーリンク

胎教にイヤホンで音楽を聴くのは意味がない?

「胎教にイヤホンを使って音楽を聴くのはどうなの?」という疑問は、お母さん(妊婦)が聴いた音楽が赤ちゃん(胎児)にも聞こえると考えているんだろうと予想できます。

この考えに基づくと、「イヤホンで聴くのは意味がない」と言えます。

スピーカーから出てくる音楽だろうと、イヤホンから出てくる音楽だろうと、お母さんが聴いた音楽そのものが赤ちゃんに伝わるわけではないからです。


でも、目的が違えば、胎教にイヤホンで音楽を聴くのは意味があります。

そして、この目的が本来の胎教の目的でもあります。

それは、「音楽を聴くことでお母さんがリラックスできる」ということです。

胎児に音楽を聴かせるのではなく、お母さんが聴くことが目的です。

そうすると、イヤホンで音楽を聴くことは意味がありますよね。イヤホンで聴くとリラックスできない、なんてことはありませんので。

お母さんのリラックスが赤ちゃんに伝わります。

「伝わることで、良い影響があるといいな」というのが胎教です。


ちなみに、外部からの音楽を胎児に聴かせたいなら、お腹に音源を近づけて音量を大きめにすれば、はっきりとは無理ですが、多少は聞こえるかもしれません。

胎児は羊水の中だし、お母さんの心臓の音などもするので、普通には聞こえません。

音楽に合わせて、お腹を優しく叩いてあげればリズムなんかは伝わりやすいかもしれませんね。


一番良いのは、お母さんの声です。

体の繋がりも心の繋がりも強いので、お母さんの歌は伝わりやすいですよね。

(口を閉じた鼻歌なら、体内に響くのでより伝わるかも?)

あ、胎教に音楽が良いといっても、長時間は止めておきましょう。赤ちゃんも疲れてしまいます。

あまり長いと、うんざりしているかも(笑)

音楽を聴くと胎動する?

お母さんが好きな歌を聴いて、リラックスしたり楽しい気持ちになれば、それが胎児に伝わって胎動として反応を示してれることがあります。

こういったことがあると、

「好きな音楽をかけたら胎児が反応した」→「ちゃんと音楽が聴こえているんだ」となります。

これは間違いとは言い切れませんが、「お母さんの心の反応に胎児が反応している」と言ったほうが理にかなっていると思います。

スポンサーリンク

胎教の時期やタイミング

胎児は妊娠5~6か月くらいから聴力が発達してくるので、この頃から胎教を始める人が多いです。

ただ、胎児には睡眠サイクルがあるので、それに合わせてあげるのも一つの方法です。

→『胎教の方法でおすすめは?やり方や時期、いいタイミングとは?

音楽の種類は?

胎教にはクラシック音楽が良いと言われますよね。

でもクラシックに興味のない人もいます。クラシックでなきゃいけないってことはないはずです。

→『胎教にクラシック以外の音楽はダメ?

おわりに

「胎教にイヤホンを使って音楽を聴くのはどうなの?」ということについて、お伝えしました。

答えは「イヤホンで聴いてもOK」です。

目的は、お母さん(妊婦さん)自身がリラックスすることだからです。


お母さんが聴いた音楽が胎児に伝わるわけではないと言いましたが、(もちろんそのまま伝わることはないですが、)イヤホンで聴く音楽って結構響きますよね…

全然伝わらないってこともなさそうな…そんな気もしますね(笑)

あと、イヤホンを使う場合は音量に気を付けてくださいね。

耳が悪くなるので。


もう一つ。

お母さんのリラックスが胎児へ伝わるということは、ストレスも伝わります。なるべく穏やかな妊娠生活が望ましいですね。(そのための胎教でもあります)

まぁ、「ストレスを感じることが良くないと思いすぎる」のもストレスになるので、気にし過ぎないことが大切です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする