ジップロックの耐熱温度は種類で違う?湯煎はしてもOK?

ジップロックの耐熱温度って何度なんでしょう?

ジップロックと言っても、袋タイプやタッパータイプなどいろいろ種類がありますよね。

種類によって耐熱温度が違うんでしょうか。

レンジに入れてもいいのかなとか、湯煎してもいいのかなとか、疑問に思ってる人も多いと思います。

そこで今回は、

・ジップロックの耐熱温度
・湯煎はOK?

といったことについて、チェックしていきます。

スポンサーリンク

ジップロックの耐熱温度は?

ジップロックの耐熱温度は、袋タイプとタッパータイプで違います。

あ、

袋タイプは、バッグシリーズと呼ばれるもの。
タッパータイプは、コンテナーとスクリューロックです。

(逆に分かりずらいですかね 笑)

袋タイプ(バッグシリーズ)は、こういうの↓
ジップロック 袋

タッパータイプは、こういうの↓
ジップロック コンテナー
(コンテナー)

ジップロック スクリューロック
(スクリューロック)


耐熱温度は

・袋タイプの耐熱温度は、100℃です。
・タッパータイプの耐熱温度は、140℃です。

ただし、袋タイプの中には「お手軽バッグ」というものがあるのですが、これを除いて100℃です。


レンジで使う際の注意点は、

袋タイプの場合なら冷凍したものを解凍するためのレンジ使用はOKだけど、そこから温める(加熱する)ためのレンジ使用はNGです。

タッパータイプは加熱もOKです。


まとめると、

袋タイプ
・お手軽バッグ    …「冷蔵」
・ストックバッグ   …「冷蔵」

・フリーザーバッグ  …「冷凍」「レンジで解凍」
・イージージッパー  …「冷凍」「レンジで解凍」
・スタンディングバッグ…「冷凍」「レンジで解凍」

タッパータイプ
・コンテナー    …「冷凍」「レンジで解凍」「レンジで加熱」
・スクリューロック …「冷凍」「レンジで解凍」「レンジで加熱」

となります。

湯煎はOK?

袋タイプは耐熱温度が100℃なので、沸騰してるお湯での湯煎はNGです。(鍋に火をかけたままの湯煎はNG)

耐熱温度が140℃のタッパータイプは、沸騰していても湯煎OKとなりますね。(タッパータイプで湯煎する人は少数派かもしれませんが)

ジップロックの成分が溶け出す?

ジップロックを使った際に、よくある疑問が

レンジで使ったらジップロックが溶けたけど、中身は食べても大丈夫?
湯煎したら、よくない成分が溶け出さないの?

というもの。

レンジで使ってジップロックが溶けた際は、食べない方が無難です。ただ、食べてしまったとしても害はないとされています。

また、袋タイプではなく、ジップロックのタッパータイプ(コンテナーとスクリューロック)はレンジで加熱OKですが、それでも中身によっては耐熱温度を超えてしまうことがあります。

それは油分の多い物です。カレーやシチューはもちろん、野菜炒めでも溶ける可能性はあります。


湯煎に関しては、

袋タイプでも、100℃未満で湯煎していれば溶けることはないですね。耐熱温度が100℃なので。溶けない温度であれば、何かが染み出してくるということもありません。


ジップロックの材質は、袋タイプがポリエチレン、タッパータイプがポリプロピレンです。

これらは、基本的には体内に入っても消化吸収されることなく排出される無害な素材ですが、食べて気持ちの良いものではないです。

さいごに

ジップロックの耐熱温度について、チェックしました。

一部を除いて

・袋タイプの耐熱温度は、100℃
・タッパータイプの耐熱温度は、140℃

です。

溶けて、少量食べてしまったとしても、特に問題はないとされています。

でも、良い物でないことは間違いないので、溶けたのが確認できた場合は食べないことを推奨します。

適切な使用方法で、ジップロックを活用していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする