はちみつって赤ちゃんはいつから食べていいの?加熱してもダメ?

はちみつ 赤ちゃん

はちみつって、赤ちゃんに食べさせちゃダメって有名ですよね。

ちょっと前まで(数年前)は知らない人も結構多かったと思うんですけど、今やもう常識というくらいに有名です。

事件があって話題になったからというのも理由の一つかと思います。

なので、赤ちゃんにはちみつがNGっていうのは分かってるんですが…いつまでもNGってわけではないですよね。

いつからなら与えてもいいんでしょうか。

あと、はちみつを加熱したら食べさせてもいいみたいな話もあるんですが、どうなんでしょう?

そこで今回は、

・はちみつはいつから赤ちゃんに食べさせていいのか
・加熱したら食べさせても大丈夫なのか

といったことについて、チェックしてきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんにハチミツはいつからOK?

赤ちゃんがはちみつを食べていいのは、1歳になってからって言われてます。

1歳くらいになれば赤ちゃんの腸内環境がある程度整っているので、毒(ボツリヌス菌)を吸収せずに済むからです。

とはいえ、「1歳になったからもう大丈夫」と安易に考えるのは危険です。当然赤ちゃんによって個人差があるので一括りにはできないし、他の食材でアレルギーがあるなら、はちみつもその可能性を考慮しておかないといけませんよね。

あ、

1歳になるまでダメと言われているので食べさせることはないと思いますが、一番危険な時期(乳児ボツリヌス症を発症しやすい時期)は、生後6か月までです。

気を付けましょう。

はちみつを加熱すればOK?

加熱したら食べても大丈夫…みたいな話を聞いたことがあるんですが、大丈夫ではありません

ボツリヌス菌は、熱に強いので通常の加熱や調理では死滅しません。

殺菌するには、120℃で4分以上加熱する必要があります。

なので、「加熱してあるから大丈夫」は間違った認識です。もしそう言われたら、「大丈夫じゃないんだよ」と教えてあげて下さい。


もう少し詳しく(正しく)言うと、

ボツリヌス菌の毒素自体は加熱(100℃で1~2分)で失くせますが、ボツリヌス菌の芽胞(がほう)は120℃で4分以上加熱しないとダメということです。

この芽胞が乳児の体内で発芽して毒素を作り出すので危険なんですね。

どんなはちみつでも危険?

赤ちゃんにはちみつが危険なのは、ボツリヌス菌によって乳児ボツリヌス症が発症する恐れがあるからですが、

じゃあ、はちみつには必ずボツリヌス菌が含まれているかというと、そういうわけではありません。

ボツリヌス菌が含まれているはちみつは、日本で売っている製品のごく一部だそうです。(全体の約5%だとか…)

ですが、それを見分けることはできないので、赤ちゃんにはちみつは与えないでください…ということです。

スポンサーリンク

ボツリヌス菌って何?

はちみつに含まれていることのあるボツリヌス菌が危ないって言ってますけど、ボツリヌス菌ってどんなものでしょうか。

ボツリヌス菌は自然界(土壌や海、湖、川などの泥砂中)に広く分布している菌。

で、

ボツリヌス菌の芽胞は、低酸素状態に置かれると発芽・増殖が起こり、毒素を発生します。

そして、この毒素は自然界最強の毒素といわれています。

普通に存在しているものなんですね…

自然界最強の毒なんて聞くと余計に怖いですね。そんな強力なものとは思いもしませんでした。


ちなみに、ボツリヌス症はボツリヌス食中毒乳児ボツリヌス症に分類されます。

ボツリヌス食中毒は、ボツリヌス毒素が含まれた食品を摂取した後、8時間~36時間で、吐き気・おう吐・視力障害・言語障害・えん下困難 (物を飲み込みづらくなる)などの神経症状が現れるのが特徴。

重症例では呼吸麻痺により死亡します。

乳児ボツリヌス症は、乳児がボツリヌス菌の芽胞を摂取すると腸管内で菌が増殖し、発生した毒素が吸収されてボツリヌス菌による症状を起こします。

症状は、便秘状態が数日間続き、全身の筋力が低下する脱力状態になり、 哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等、筋肉が弛緩することによる麻痺症状が特徴。

ということです。

さいごに

はちみつって赤ちゃんはいつから食べてもいいのか、加熱したら食べてもいいのか、といったことについて、お伝えしました。

「赤ちゃんにはちみつはNG」ということは、赤ちゃんが亡くなってしまった事件があったことや、SNSの力もあって、常識といわれるくらい広まっている知識です。

もしかしたら、今では一昔前の世代の人の方が知らないかもしれません。

知らずに与えていたっていう話もちょいちょい聞きますし(笑)

今と昔では情報の伝わり方(拡散力)が全然違いますもんね。

あ、

話が変わりますが、そもそもはちみつって甘いものなので、赤ちゃんに積極的に与えたいものではないですよね。

その甘さに慣れてしまうと、甘くないものを食べなくなってしまう可能性もあるので。

そういった面も含めて、とにかく赤ちゃんにとってはリスクの大きなものということを知っておきたいですね。

【関連記事】
中国産のはちみつは危険?安全?調べてみる
国産はちみつのオススメを4つ厳選

スポンサーリンク

シェアする

フォローする