O脚を治す方法!これなら改善できるかも?とても簡単な矯正法

O脚 治す

O脚って気になりますよね。

見栄えが悪いし体に良くない影響が出たりもするので、できれば治したいです。

O脚で悩んでいる人は、脚を組まないように意識したりインソールの靴とかを試したりと、O脚改善のために何かしたことがあるかもしれません。

でも、全く効果がなかったという人もいると思います。

もう諦めてる人も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、O脚を治す方法として「とても簡単な矯正トレーニング」を知ったので紹介したいと思います。

超簡単なので、ダメ元で試す価値はあると思います。

スポンサーリンク

O脚を治す方法

O脚の原因を知る

O脚って、生まれつきO脚の人もいるし出産経験が原因となってO脚になってしまった人なんかもいます。

でも、1番の原因は「日頃の姿勢や座り方、歩き方の悪さ」と言われてます。

脚を組んで座るとか内股で歩くという動きが、それに当たります。

これの何が悪いかというと、太ももの内側の筋肉を使わないということ。

筋肉って使わなければその部分は弱っていきます。

太ももの内側の筋肉(内転筋群)がたるんで、脚が外に広がってO脚気味になるということです。

また、そもそも運動不足で脚の筋力が弱いっていうのも原因になりえます。

なので、太ももの内側の筋肉を鍛えるということがポイントになってきます。

太ももの内側の筋肉を鍛えると、脚が内側に引っ張られてO脚の改善につながるということです。

ここの筋肉は普段の生活ではなかなか鍛えられません。

意図的に鍛える必要があります。

そこでおすすめなのが、以下の方法です。

O脚を治すトレーニング

とても簡単な方法です。

↓このような姿勢で、上の足を前に垂らして下の足をあげる運動をします。

O脚 治す

足をしっかり上げ下げしてください。

全身に力を入れないように。

上半身は楽にするのがポイントです。


たったこれだけなので、誰でもできますよね。

あとは、すぐに効果を期待しないで長期的な視点(数ヶ月単位)で継続することが大切です。

簡単だけど、最初は結構キツイと思います。

でも、床に寝そべってできるのでテレビを見ながらでもOKです。

頑張りましょう。

(そもそも骨盤などの骨の歪みが原因である場合はこのトレーニングをしてもO脚の改善はできないので、骨の歪みを矯正するのが第一段階となります)

O脚の原因を調べる

O脚の原因が筋力不足なのかどうかをチェックする簡単な方法です。

片足で立って、屈伸する」です。

姿勢がグラつく人は、太ももやお尻の筋力が不足していると言えます。

筋力不足が原因だろうと目星がついた人は、上記の「O脚を治すトレーニング」をしてみてください。

スポンサーリンク

O脚が原因で体を痛める?

O脚って脚への力のかかり方のバランスが悪いので、その悪さを補うために体の他の部分に負荷がかかっていることがあります。

すると、膝や足裏に疲れが溜まりやすくなったり腰痛を引き起こしたりする原因にもなります。

若いうちは何ともないかもしれませんが、年をとった時に体のどこかを痛めているのは人生を楽しむ弊害になります。

大げさではなく。

日頃の姿勢や歩き方も意識していきましょう。

さいごに

O脚を治す方法として、とても簡単なトレーニングを紹介しました。

O脚の原因は骨が歪んでいるからだと思われていますが、実は筋力不足であることが多いです。

ということは筋トレが解決策になってきます。

太ももの内側の筋肉(内転筋群)を鍛えましょう。

(普段の生活ではあまり使わない筋肉なので意識して使う必要があります)

筋トレと言うと「続かない…」という人も多いかと思いますが、今回紹介した方法はテレビを見ながらでもできるので「やるぞ!」と気合を入れなくても大丈夫です。


理想の脚は、くるぶしと親指の付け根をつけてまっすぐ立ったとき「太もも・ひざ・ふくらはぎ・くるぶし」の4点がしっかりつく脚です。

見栄えも美しいです。

O脚の改善を開始してみましょう♪

【体に関する記事】
便秘を解消する体操や運動でおすすめなのは?飲み物や食べ物も
内臓脂肪を最速で落とす方法なんてない?食事と運動のポイントは?
肌の老化を防止するのに一番大事なことは?難しいことは必要ない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする