4Kテレビって意味ないの?間違えないように知っておきたい!

4Kテレビ 意味ない

4Kテレビは買っても意味がない…

そんな話をちらっと聞いたことがあります。

どうしてでしょう?

4Kテレビにしたら映像がめっちゃ綺麗になるんじゃないの?と思いますよね。

おそらく多くの人が単純に「テレビを替えたら綺麗になる」と思ってるはずです。

でも実はそうではないようです。

勘違いしちゃいますよね。

私もよく分かっていなかったので調べてみました。

スポンサーリンク

4Kテレビと普通のテレビとの違い

まず自分の持ってるテレビと4Kテレビの違いを知る必要があります。

「4Kテレビ」とは。

4KのKは1000という意味…なので、4Kは4000ということ。

4kg=4000g
4km=4000m

などと同じですね。

テレビなので、4000画素ということになります。

で、これはテレビの横一列の画素数です。縦一列の画素数は2000(2K)。

横×縦の画素数が4000×2000の規格のことを4Kと呼んでいます。

実際には横3840×縦2160(=8294400)です。

ということで、4Kテレビは約800万画素となります。


次は自分のテレビについて。

私の部屋にあるテレビは「ソニーのブラビア KDL-55HX850」だったので、調べてみるとフルHD(フルハイビジョン)だということが分かりました。

フルHDとは、横×縦の画素数が1920×1080のことです(2Kとも言われる)。

1920×1080=2073600なので、約200万画素となります。

HDとは「High Definition TeleVision(HDTV)」のこと。

HD(ハイビジョン)は、1280×720(=921600)で約90万画素。


ちなみに、

フルHDは通常のHDと区別するために後付けされた呼称なので、例えば1920×1080の動画をHDと言っても間違いではないみたいです。

といっても、世間は1920×1080をフルHDと認識していると思います。分かりやすいので。

・HD(ハイビジョン)
1280×720 約90万画素

・フルHD(2K)
1980×1080 約200万画素

・4K
3840×2160 約800万画素

テレビの大きさが同じなら、4KはフルHD(2K)よりも画素が4倍高密度ということになります。

ここまでを見てみると「やっぱり4Kテレビはめっちゃ綺麗に映るんだ」って思えます。

が、

ポイントは次です。

スポンサーリンク

4Kテレビは買っても意味ない?

4Kテレビは意味ないとか言われたりするのは、地上デジタル放送の画素数(解像度)が4Kではないからです。

地上デジタル放送(地デジ)はハイビジョン規格です(2K)。

(正しくは1440×1080(約156万画素)なので、なんちゃって2K)

つまり、元の映像が2K(以下)なのに4Kテレビで見ても意味ないんじゃない?ということ。


たしかに…そう言われると意味なさそうな気がしますね(笑)


でも実際には意味がないってことはないみたいです。

それは、

・4Kテレビには、2K映像も画面いっぱいに引き伸ばして映し出すアップスケーリングという解像度変換機能が内蔵されている。

・引き伸ばすと映像の質が落ちるのでは?という点についても、2Kの映像を4K相当の高解像度映像に変換する技術を搭載しているので精細感のある画質が得られる。

から。

つまり、普通の画面を「4K画質まではいかないけれどそれに近づくようにしている」ってことですね。

また、大きなサイズのテレビ(50インチを超えるようなTV)だと4Kの恩恵もでかいようです。


4Kテレビを購入した人によると、
「4Kテレビは意味ないって言ってる人は、自分の目で見たことがないって言ってるのと同じ。見れば違いが分かる」
とのことです。

ただ4Kテレビと言ってもピンキリで、後悔している人もいるようです。
「4Kテレビの安物を買ったけど、明らかに昔買った2Kテレビのほうがザラつきがない」
という人もいます。


結論としては、4Kテレビが意味ないってことはなさそうです。

画面の綺麗さに関しては、人それぞれの期待感にも左右されると思います。

期待しすぎていると「思ったほどでもない」と感じるでしょうし。

スポンサーリンク

4Kテレビを見るには

2018年12月1日からBSと110度CSで4K8K放送が始まるようですが、地デジは関係ないので勘違いしないようにしましょう。

普段地デジしか見ない人は「4K放送が始まる」という言葉に惑わされないように。

あとは、動画配信サービスでも4K配信を行っています。

・U-NEXT
・NETFLIX
・dTV
・アマゾンプライム
・スカパー

とかですね。

WOWOWは…まだかな(2020年末から開始)。


また、4K放送を見るためには4K対応テレビだけではダメという点も抑えておきたいところ。

・4K放送が始まった
・4K対応テレビを持ってる

でも4Kが見られない…

なんでやねん!ってなりますよね(笑)

実は、専用チューナーが必要なんだそうです。

(かなり多くの人が知らないらしい…もちろん私も知りませんでした)

4Kチューナー内蔵のテレビなら問題ないんですが「4Kチューナー内蔵テレビは2018年6月発売の東芝のレグザが初」ということなので、すでに4Kテレビを買っている人はチューナーが必要になると思います。

スポンサーリンク

地デジが4Kになることは当分ない?

地デジって4Kにならないのかな?と思い調べていました。

こんな理由があるようです。

地デジでは映像の圧縮方式はMPEG-2。4K放送はHEVCというもの。

HEVCを用いるとMPEG-2の1/4ほどのデータ量で同等の画質を実現することが可能。

つまり、4K並の放送を地デジでするにはデータ量が4倍になってしまう。

今の地デジで単純に4倍のデータ量を放送するには電波の帯域(幅)を4倍にする必要があるが、電波の帯域に余裕がないので4倍のデータ量を送るには圧縮形式の変更が必要となる。

圧縮方式を変更するには地デジの放送システムの変更が必要で、それには巨額の資金がいる。

放送局にとって負担が大きい

ムリ
仮に、放送システムが変更になったら今のテレビでは見られないので、全てのテレビを買い換える必要がある。

国民の理解が得られない

ムリ

アナログ放送から地デジに変わってテレビを買い替えた人も多いと思います。

なのにまたテレビを買い換えろって言われたらクレームの嵐でしょうね(笑)

こういった理由から、地デジが4Kになることは当分ないと考えられます。


ちょっと残念かも…

さいごに

4Kテレビは意味ないって話を聞いたことありましたが、そうでもないようですね。

4Kにはならないけど、ちゃんと今より綺麗になるとのことです。

(安物だと分かりませんが)

あと、間違えたくないポイントは

・地デジで4K放送を開始するわけではない

・4Kを見るためにはチューナーが必要になる(大半の人が)

ということですかね。

最低限のポイントだけは理解しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする