1416とは何?通話料はいるの?普通の留守番電話とは違う?

1416とは

1416って何のことか分かるでしょうか。

若い人だと分からない人が多いみたいなんですが、若くないけど分かってないよ!って人もいると思います。

なんとなく分かるけど、詳しくは分からない…みたいな。

私も「なんとなく」です(笑)

調べてちゃんと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

1416とは

電話の1416とは、留守番電話サービス(にかける番号)のことです。

携帯電話(スマホ)の留守電は、簡易留守録1416留守番電話があります。(今は留守電アプリとかもあるけど)

・簡易留守録は、携帯の内部に留守番電話を録音するもの
・1416は、留守番電話センターのサーバーに録音するもの

簡易留守録は伝言メモとも。

通話料は無料?

簡易留守録は携帯電話そのものに録音しているものなので、聞いてもお金はかかりません。

1416の方は、1416番にかけて留守電の内容を留守番電話センターに聞きに行くというものなので通話料がかかります

通話料は契約している料金プランに応じて異なるとのこと。


ちなみに、

料金が発生するのは新しいメッセージの件数をお知らせするガイダンスが流れた時点から。

無料で聞くには(ソフトバンクの場合)、

・留守番電話プラス
・iPhone 基本パック
・スマートフォン基本パック
・ケータイ基本パック

のどれかに入っている必要があります。


あとこれもチェック↓

・もう一度メッセージを再生する → 1
・再生したメッセージを消去する → 7
・再生したメッセージを保存する → 9

です。

忘れますけどね(笑)

スポンサーリンク

1417は?

1416ではなく1417もあります。

これは、携帯会社によって設定している番号が違うからです。

ソフトバンクは1416。

ドコモやauは1417です。

さいごに

1416とは、留守番電話の再生ダイヤル番号のことでした。

若い人の方がこれを知らない傾向があるっていうのは、「留守番電話に伝言を残す」という行為をしたことがないからかもしれませんね。

私もしたことないですが(笑)

今はもう留守電サービス(有料のもの)自体に加入していないです。

LINEなどでほぼ全てが済んでしまうので。

留守電を消したいときも、1416にかけて音声ガイダンスに従って…とか面倒すぎますしね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする