甘酒(米麹と酒粕)の違いや効果的な飲み方は?林修の今でしょ講座

甘酒

少し前から甘酒がブームになってますよね。

体に良いって言われてみんなが注目したので、スーパーなどでも甘酒コーナーをよく見かけると思います。

今回は、その甘酒について「林修の今でしょ講座」でやっていた情報をまとめておきたいと思います。

酒粕甘酒に関する最新の研究によるお話も興味深いです。

スポンサーリンク

米麹甘酒で免疫力をアップして、かぜ・インフルエンザ予防

米麹甘酒をよく飲む人は、かぜ・インフルエンザにならないという人が多いといいます。

米麹甘酒は「飲む点滴」と言われるくらい、免疫力を上げる栄養素が豊富に含まれています。

(「飲む点滴」は聞いたことあるかもしれませんね^^)


米麹甘酒に含まれる主な栄養素は

・ブドウ糖
・オリゴ糖
・アミノ酸(必須アミノ酸)
・ビタミンB群

ポイントは、善玉菌のエサになる栄養が豊富だということ。

腸内には約70%の免疫細胞があり、これは善玉菌が増えると活性化します。

米麹甘酒が善玉菌の活性化(免疫力アップ)につながるということですね。

米麹甘酒の良さ

米麹甘酒は米と麹菌と水(お湯)だけで作られます。

蒸した米に麹菌を付着させます。

麹菌は米のでんぷんやタンパク質は食べられません。そこで麹菌はこれらを分解する酵素を出します。

酵素が米に付着すると、でんぷんはブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸まで分解されます。


人間は食べ物を唾液や胃液などの消化酵素で、アミノ酸あるいはでんぷんをブドウ糖まで分解します。

でも米麹甘酒は、栄養素がすでに分解されているので消化酵素の働きなしにそのまま吸収できます。そこがメリット。

加熱は?

米麹甘酒を熱すると麹菌は死にます。市販の米麹甘酒の麹菌は死んでいるということ。

ですが、すでに栄養を分解していてその役割を終えているので問題ありません

温めて飲んでもOKです。栄養成分が損なわれることはありません。

米麹甘酒は血管老化を防止する?飲むタイミングは

米麹甘酒はに飲むことで血圧上昇の抑制効果がより期待できます。

ポイントは麹菌が作るペプチド

酵素がタンパク質を分解するとアミノ酸になります。しかし、タンパク質を細かく分解しない酵素もあるのでアミノ酸がいくつか繋がったものができます。これがペプチド。


人の体の中には、害のないアンジオテンシンⅠというホルモンがあります。これはACE(アンジオテンシンⅠ転換酵素)という酵素によってアンジオテンシンⅡになります。

このアンジオテンシンⅡが血管を収縮させて血圧上昇、尿などで出るはずの塩分を血液の中にためます。

体に悪さをしないホルモンが血圧を上げるホルモンに変化するということ。

ペプチドには、ACEの働きを抑制し血圧上昇を抑える働きがあります。

簡単に言うと、米麹甘酒に含まれるペプチドが血圧上昇に関わるホルモンを抑えるということです。


なぜ朝が良いかというと、血圧を上げるホルモンが活発なのが朝だからです。

米麹甘酒の効果をアップさせる

さらに、血圧上昇を抑制するパワーをアップさせるために良い組み合わせ食材があります。

それはヨーグルト

1:1の割合でヨーグルトと米麹甘酒を混ぜます。

ポイントは、米粒を入れること。


ヨーグルトも血管に良いとされている食品なので、米麹甘酒と合わせてダブルの効果が期待できます。

無糖ヨーグルトの味が苦手という人は、米麹甘酒の甘さで食べやすくなるという利点もあります。

スポンサーリンク

酒粕甘酒で肥満改善?

酒粕とは、日本酒をしぼった後に残る搾りかす。

その搾りかすに砂糖を加えてお湯で溶いたものが酒粕甘酒。

この酒粕に脂の吸収を抑制するパワーが濃縮されています。


酒粕になる前の米麹にはブドウ糖やアミノ酸が入っています。そこに清酒酵母を入れるとブドウ糖をアルコールに分解します(これでできるのが日本酒)。

さらに清酒酵母が米麹を分解し続けるとレジスタントプロテインという成分になります。

このレジスタントプロテインは、体内で吸収されにくいタンパク質。

酒粕にはこのレジスタントプロテインが濃縮されています。

レジスタントプロテインには、食事で摂った脂を包み込んで体の外に排出する働きがあります。


摂取するオススメのタイミングは食事中

食事をするタイミングで一緒に飲むと、より効果が発揮できます。

ただし、酒粕甘酒は糖質が含まれているので1日200~300ml程度が適量。飲み過ぎ注意

酒粕甘酒が乾燥肌に良い?

実験
40代~50代の女性4名に、1日朝・晩1杯の酒粕甘酒を1週間だけ飲んでもらって、肌のコラーゲン量を測定するというもの。

結果は、コラーゲンスコアがアップ(有意差があるといえるくらい)。

そして次の1週間は酒粕甘酒を飲むのを止めてもらいました。

すると、止めたにもかかわらずコラーゲンスコアは1週目よりアップしました。

つまり、コラーゲンが増える効果が持続しているということ。

(コラーゲン密度が充実し、カサカサ肌がもちもち肌に!)


このコラーゲン生成を活性化する注目成分が、α-EG。(米麹と清酒酵母を混ぜた時に生成されるもの)

コラーゲンは真皮でつくられますが、加齢で真皮が老化してしまうとコラーゲンをつくる量が激減。肌がくぼんでシワになってしまいます。

でも、α-EGは真皮を活性化します。真皮が活性化すればコラーゲンをつくる量も増えて肌の状態の改善が期待できます。

そして、驚きなのが「α-EGの効果は1週間飲めば1ヶ月もつ」という継続効果。


また、肌に焦点をあてるならオススメの飲むタイミングは、肌細胞をつくる

ちなみに、米麹甘酒にはα-EGが含まれていないのでこの効果はありません。

酒粕甘酒の効果をアップさせる

肌を老けさせない効果をアップする食材は、しょうが

熱した酒粕甘酒に、しょうがを皮ごとすって入れます。

これだけ。


加熱することで、しょうがに含まれるジンゲロール(辛み成分)がショウガオールに変化します。

ショウガオールは強い抗酸化作用があるので、活性酸素を除去する(酸化を防ぐ)作用があります。

スポンサーリンク

さいごに(まとめ)

甘酒(米麹と酒粕)の違いや効果的な飲み方についてお伝えしました。

米麹甘酒は
・かぜ、インフルエンザ予防
・血管の老化防止
酒粕甘酒は
・肥満改善
・肌の老化防止

に期待できるということでした。

米麹甘酒は朝、酒粕甘酒は夜といったふうに、2種類の甘酒をうまく活用していきましょう♪

酒粕甘酒は砂糖が入ってるので摂取量に注意してくださいね。

甘酒の関連記事

甘酒はまずくて苦手!でも体に良いから飲みたい!美味しく飲むアレンジは?

甘酒ダイエットで痩せた成功例ってあるの?甘酒の勘違いって何?

甘酒はいつから赤ちゃんや子供に飲ませていい?アルコールは入ってる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする