予備校にかかる料金を比較!平均はどれくらい?安くするには?

現在の日本の大学進学率は2人に1人と言われるほど上がってきています。

志望の大学に合格するため、学校での勉強に加えて塾や予備校に通うという学生さんも少なくありません。

親御さんにとっても受験は人ごとにあらず、お子さんと共に受験を乗り切るというご家庭もたくさんあることでしょう。

お子さんが塾や予備校に通いたいと言ってくれば通わせてあげたいと思いますし、応援してあげたいですよね。

ただ、応援したい気持ちはあっても塾や予備校に通うには当然お金がかかります。

大体どのくらいの費用が掛かるのか、なるべく費用を抑える方法はあるのかということについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

予備校にかかる料金の平均はいくら?

予備校や塾に通うにあたって必要になる費用は、いくつかあります。

まずは塾に入るための入塾料です。

各塾や予備校によって金額は差がありますがおおよそ3万円程度です。

そしてメインとなるのが受講料ですが、これは受講するコマ数によって変化します。

受講するコマというのは、主にどの教科を受講するかということで「1コマあたりいくら」という形で計算します。

平均的な1コマあたりの月額料金は15000~20000円程度のところが多いです。


入塾するにあたって、一回何分の授業を週何回受講するか、教科をいくつにするのかということを決めなくてはなりません。

さらに、夏季、冬季の休み中の集中講習などは別途費用がかかりますし、適宜模擬試験を受けるとなるとその分の費用も加算されます。

こうした費用が重なり、最終的に年間で支払う費用は一般的な費用として30万程度から多くて100万円程度ということになります。

(どうしても幅が出てしまいますね…)

予備校料金を安く抑えるには?

予備校によっては成績優秀者に対し授業料の免除があるところがあります。

各予備校によって基準は違いますが、条件に当てはまるところがないか探してみるのも一つの方法です。

また、すべての教科を受講するとかなりの高額になってしまうので、苦手分野のみの受講にするか、夏季、冬季の講習のみにするなど期間を絞って受講するというのも一つの方法です。


最近ではパソコンやケータイで授業の動画を見るという授業スタイルもあり、自由な時間に好きなところで勉強できるというシステムをとっているところもあります。

月額を払えばすべての教科の授業が見放題というアプリもあります。

本人の性格や勉強スタイルによって向き不向きはあるかと思いますが、一般的な塾や予備校に比べ、かなり金額を抑えることができます。

ただ、こういったものを利用する場合にポイント(注意点)となってくるのは「自制」の力です。

予備校に通うメリットの一つには「勉強する環境を得る」ということがあります。人の意志は弱いもので、サボってもいい環境にあるとすぐサボってしまいます。(人間の特性みたいなものですが…)

自分でしっかりコントロールできる人にはパソコンやスマホで見る授業も身になると思いますが、そうでない人には向いていないかもしれません。

(私には向いていないスタイルですね。すぐサボってしまうので 笑)

スポンサーリンク

大学受験をするにあたって塾や予備校は必ず必要なのか

大学を受験する予定の学生にとって塾や予備校の存在はかなり力強いものであることに変わりはありませんが、必ず受講しなくてはいけないものなのでしょうか。

これについては学生本人の学力と、志望大学などによって違うため一概には言えません。

また、現在通っている学校が受験にどれほど力を入れているかというところも判断基準になります。

受験について知識の豊富な先生が多数いたり、外部から講師を招いた授業を行っていたりするなど、受験対策をしっかりと普段の授業に取り入れているような学校の場合、塾や予備校が必要ないという場合もあります。


逆に、通学中の学校が受験対策についてはあまり積極的ではないと、塾や予備校でしっかり対策をする必要があるかもしれません。

また、志望大学と自身の学力に差がある場合で、何とか成績を上げたいという希望がある方などは塾や予備校に通うのが良いでしょう。

塾、予備校は、毎年多くの受験生を見てきており、大学受験の勉強法についてはプロです。

結果が出る勉強法であったり、各大学への受験対策などの知識はかなりあるので一度短期講習だけでも受けてみるというのもいいかもしれませんね。

まとめ

大学受験は、人生の重大な分岐点の一つです。

特に学生本人にとっては、これで人生のすべてが決まってしまうというほどのプレッシャーをもって臨むという子もたくさんいます。

大人になって振り返ってみれば、もっともっと大事な局面というのはあるものだと思えるのですが、当時は私もそんな風にプレッシャーを感じていました。

そしてそんなお子さんを支える親御さんにとっても一大イベント。

お子さんの勉強法や性格などを考慮し、無理のない範囲で学習できるスケジュールのところを選ぶようにしましょう。

受験は長期戦です。

途中で失速しないように継続していけるプランを練りましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする