カフェインは妊娠初期だとどんな影響があるの?飲んでいいものは?




カフェイン 妊娠初期 影響

妊娠がわかると今までは好き勝手やってきた自分の体も、赤ちゃんと共有で今まで以上に大切にしなくてはいけません。

妊娠中に飲んだり食べたりしてはいけないものってよく聞くけれど、カフェインって実際どうなの?

そう思った妊婦さんもたくさんいるはず!

特に日常的にコーヒーや紅茶を飲むほど好きな方にとっては死活問題かもしれないですね。

そこで今回は、妊娠中にカフェインを飲んでも大丈夫なのかという疑問について解決していきます。

最近ではカフェインレスの商品も増えてきましたがその方が安心なのかというところにも注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

カフェインは妊娠初期だとどんな影響がある?

カフェイン摂取は妊娠中にはダメって言いますけど、何が赤ちゃんにいけないのか?

カフェインは何がだめで、どんな影響があるのかがわからないことには気を付けられませんよね。

そもそもカフェインって何かというとコーヒー豆やカカオといった特定の茶葉に含まれる成分で、神経を緊張状態にし血管が収縮する働きがあります。

この中で妊婦さんにとって気になる作用は血管の収縮作用です。

妊娠の初期は胎盤も完成しておらず、赤ちゃんはとても不安定な状況です。

そんな時に血管が収縮すると、おなかが張り、最悪の場合流産になってしまうこともあります。

特に妊娠初期の場合は原因がはっきりせず流産してしまうこともあるほど不安定な時なので、心配事を一つ避ける意味でも控えた方がいいでしょう。


しかも赤ちゃんはカフェインを体の外に出すことができません

そのためママが摂取したカフェインはどんどん赤ちゃんに蓄積されてしまいます。これにより赤ちゃんへ酸素や栄養がうまくいきわたらなくなる可能性もあります。

安定期を過ぎた後でも、過剰に摂取してしまうと早産になる可能性もあります。

最低限の量は守るようにしましょう。

また、カフェインは利尿作用があることで有名ですが、大切な栄養素と共に外に出て行ってしまうという影響もあります。

せっかく赤ちゃんのためにとった栄養がみすみす出て行ってしまってはもったいないですし、ママの体にも影響が出る可能性もあります。

カフェイン入りの飲み物は妊娠中に飲んで大丈夫?

はじめての妊娠ってわからないことだらけですよね。

妊娠したら○○はしたらいけない!というフレーズって結構あると思いませんか?

その中で有名なのが「カフェイン入りの飲み物は妊娠中は飲んではいけない」です。

この疑問に対する答えはズバリ「量による」です。

カフェインを全く摂ってはいけないというほど神経質になる必要はありません。

一日100mg以下であれば、毎日カフェインをとっても問題ないとされています。


でも100mgってどのくらいの量かよくわかりませんよね。

コーヒーの場合、ドリップして作ったものはカップ一杯150mlで100mgになります。インスタントのコーヒーだと、同じ量で65mgです。

女性で好きな方が多いカプチーノはミルクが入っている分コーヒー自体の量が少なくなるからか50mgと少なめです。

コーヒーだけ見ると、カプチーノだったら一日2杯は飲んでも大丈夫ということですね。

ちなみにカフェインが入っているのはコーヒーだけではありません。

紅茶や緑茶、ココアやコーラ、板チョコにも含まれています。

普段水分補給で緑茶を飲んでいるという妊婦さんは、少し気をつけた方がいいかもしれません。


緑茶の150mlあたりのカフェインは30mgです。麦茶やルイボスティはカフェインが0mgなのでカフェインについては心配ありません。

日常的に飲むものにはカフェインがないものを選ぶのが良いでしょう。

スポンサーリンク

妊娠中にコーヒーを飲むならカフェインレスコーヒーが安心?

カフェイン 妊娠初期 影響

先ほど各コーヒーのカフェインの量について紹介しましたが、よく売られているカフェインレスのコーヒーは150mlあたり1mgのカフェインしか入っていません。

インスタントコーヒーと比べても、かなり少ないことがわかりますね。

特にコーヒーにこだわりがなく、頻繁にコーヒーを飲むという方はカフェインレスのほうがおすすめです。

しかし、日常的にコーヒーを飲むわけでもなくたまに飲みたくて飲むことがあるという程度の方は、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

先ほどの目安の量を参考にすれば全く飲んではいけないものではないのです。


実際私も妊娠中どうしてもおいしい紅茶が飲みたいときや、お店で入れてもらったコーヒーが飲みたいときは飲んでいました。

一人目はかなり神経質にいろいろ避けては、かなりのストレスでしたが二人目の時はそこまで細かく気にしている余裕もなく、あっという間に月日が流れ、気がつけば産まれていました。

そんな感じですが二人ともすこぶる元気です。

目安として日常的に飲む人はカフェインレス、時々ご褒美においしいお店の…という感じで分けてみてもいいかもしれませんね^^

まとめ

妊娠中って、カフェインに限らずダメって言われることたくさんあります。

体も不調なことが多いし、大切な命を守らなくてはいけない重みがずっとのしかかっています。

そんなママの息抜きにカフェインが入ったコーヒー一杯が役に立つならそれは飲んでもいいと思います。

もちろん飲みすぎはよくありませんが、カフェインに限らず我慢のし過ぎもよくありません

妊娠中に避けたほうがいいカフェインですが、意識しすぎず、目安の量の範囲内でうまく楽しんでみましょう^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする