体温を上げる方法って何がある?効果的な食べ物や飲み物とは?

体温 上げる 方法

寒い時期になると、より辛くなってくるのが「冷え性」。冷え性のせいで、夜なかなか寝付けないかたも多いと思います。

お布団に入っても、足先が一向に暖かくならず何時間も起きていた経験が私にもあります。

次の日仕事だから早く寝たいのに眠れない…悪循環が続き冬場は特に体調を崩しやすくなります。

他にも、代謝が下がり痩せにくくなってしまったり、消化力が低下しお腹を壊しやすくなったりとデメリットも多くあります。

このまま放置してしまうと、低体温症などの病気につながる場合もあるので早めに対処したいところですね。

そこで今回は「体温を上げるための食べ物や飲み物」をお教えします。

是非実践をして、体はポカポカ、ぐっすり眠れる体質を手に入れましょう!

スポンサーリンク

体温を上げるために見直すものは?

実は私も冷え性なのですが、

冬場は必ず湯船に入ってしっかり温まるようにしたり、お風呂から上がったら1時間以内にお布団に入るようにしたりなど、できることを実践してはいるものの中々寝付けないのが実情です。

(湯船に浸かる時間は5分とか長くて10分くらいが良いって聞いたことありますが…)

本当に冬場が辛く、1年の中で一番嫌いな季節です。

ですが、食生活を見直すことで冬でも怖くなくなってきました。

今では体ポカポカ、毎日ぐっすり寝ることができます。

きっと冷え性のあなたにも効果があると思います。

体温を上げるための食べ物は何がある?

1日1食でいいので、以下の食べ物を取り入れるようにしてみましょう。

①ショウガ
風邪をひいたときにも有効なショウガは、血行を促進し体を温めてくれる効果があります。

またショウガは熱を加えることで胃腸に直接刺激をあたえてくれるので、体の中から熱を生産してくれるようになります。


②唐辛子&味噌
コレステロールを改善するほか、体温にかかわる基礎代謝の上昇に一役買っています。

特に腸内環境改善を行ってくれ、カプサイシンの効果で血流をよくしてくれるのです。


③ネギ
ネギは昔から万能薬と言われるほど色々な効果が期待できる食べ物です。

ネギに含まれる「アリシン」という成分が、消化吸収や血行促進を促してくれますので冷え性にはもってこいの食材です。


④キムチ
キムチに使われている唐辛子には「カプサイシン」が多く含まれており、血行を高め体温を高めてくれる作用があります。

また発汗作用があるため体をポカポカにしてくれます。


これらの食べ物を一品で多く取れるおススメは「サバの味噌煮」です。

煮汁(水・酒・みりん・さとう・醤油)に刻みしょうがとネギ・サバを入れて、落し蓋をして弱火で5分、さらに味噌を加えて弱火で10分煮ていきます。

この1品だけで、冷え性に効果がある3つの食べ物をとることができます。

普段料理をする時間がないかたは、キムチやインスタント味噌汁などでも十分です。

1日1食、できれば夕飯に取り入れることで効果がアップします。

まずは食生活を少しずつ改善してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

追記:体温を上げるのに唐辛子はNG?一番いいのは…

唐辛子のカプサイシンが体を温めることは確かなんですが、それは一時的なものであって実は冷え性には逆効果です。

どれくらい一時的かと言うと、唐辛子を食べ始めて10分後くらいにはもう体温が下がっていく…それくらい一時的です。

また、唐辛子を食べた時に出る汗は熱いから(体温が上がっているから)ではなく、カプサイシンが脳を刺激することで無理やりかいている汗なんです。

なので、体はすでに冷えているのに汗をかき続けることになります。

結果として、唐辛子を食べる前より体が冷えてしまうことになるんですね。

意外ですよね。唐辛子が冷え性に逆効果になるって…

逆に言えば、夏に体を冷やしたいときにはオススメだということです。


では、冷え性に良いのは何かというと、それはショウガです。

ショウガに含まれるショウガオールですね。

胃や腸を刺激し、血流が促進され体温が上がります。芯から体が温まります。

ただ、ショウガの食べ方によってはショウガオールの効果を得られないので注意が必要です。

生で食べるのではなく、加熱して食べましょう。加熱することでショウガオールが発生します。

また、加熱の温度や時間も関係してきます。

ショウガオールをもっと増やしたいなら80~100℃で30分くらい加熱するのがオススメです。

体温を上げるための飲み物ってある?

寝る前に飲むと効果が期待できるものをいくつか紹介します。

日常生活に取り入れて体質の改善をしてみましょう。

①のむヨーグルト
冷たいまま飲んでしまいがちですが、冷え性にはNG。

電子レンジで温めてホットヨーグルトにするのがおすすめです。

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などが含まれており、温めることでより活発に動くようになります。

これらが腸内で働くことで腸内環境を整え、体を温めてくれます。


②ココア
ココアに含まれるポリフェノールに血管を拡張する効果があると言われており、血流をよくしてくれます。

また気分を落ち着け、リラックス効果もあるため寝る前に飲むと高い質の睡眠が期待できます。


③甘酒
代謝を促進させて体をあたためる保温効果があります。

また、とろみがあるので胃に長い時間滞留し、ポカポカが持続します。

ノンアルコールの甘酒もありますので自分好みの甘酒を探してみるとよいでしょう。

【甘酒が苦手な人へ】
甘酒はまずくて苦手!でも体に良いから飲みたい!美味しく飲むアレンジは?


我が家ではホット牛乳に粉末のココアを入れ、寝る前に飲むようにしています。

ココアを飲むだけでお布団に入った時にも体がポカポカし、寝つきがとても早くなりました。

あなたも是非飲んでみてください^^

スポンサーリンク

体温を上げるための飲み物:おすすめレシピ

冷え性に効果的なのはショウガなので、ショウガを使ったレシピを紹介します。

それはショウガ緑茶です。

作り方は超簡単!

・1リットルのお湯にスライスしたの生のショウガ(約35g)入れて、30分ほど加熱します。

・そのお湯を使ってお茶を淹れればショウガ緑茶の完成です。

簡単ですね^^

試してみてくださいね♪

まとめ

体温を上げるための食べ物には、ショウガ・味噌・ネギ・キムチなどがあります。

1日1食でいいので普段の食生活の中に取り入れてみましょう。

また体温を上げるための飲み物には、のむヨーグルト・ココア・甘酒などがあります。

寝る前に一杯飲むだけで体がポカポカして良質な睡眠にありつけるはずです。

是非1週間、1か月と続けてみてください。

冷え性も少しずつ改善していきましょう^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする