お風呂の入り方の新常識!温度や時間の医学的に正しい入浴法とは?

お風呂 入り方

あなたはお風呂の入り方に何かこだわりがありますか?

お風呂が好きだから30分以上浸かってるとか、半身浴してるとか、熱めのお風呂が好きだとか。

人によって本当に様々だと思います。

でも今回は、そのお風呂の入り方に「待った」をかけたいと思います。

・お風呂に浸かる時間はどれくらいか

・お風呂の温度は何度がいいか

・お風呂は寝る何時間前に入るのがいいか

・お風呂に入るのは食前か食後か

など、お風呂の入り方として適切とされているものがあります。

体(健康)に良いお風呂の入り方を、この機会に学びましょう!

スポンサーリンク

お風呂の入り方:入浴は体にとても良い

私たち日本人は普段の生活でお風呂に入るのは普通ですが、実はお風呂に入ること自体がとてもいい健康法なんです。

最新(2018)の研究でも、毎日お風呂に入ることで将来の要介護リスクが29%減少したという研究結果があります。(※千葉大学の研究)

ただし、シャワーではダメです。体に良い効果を期待するなら湯船に浸かることが条件です。

お風呂の入り方:お湯の温度は

普段、お風呂のお湯の温度を何度に設定していますか?

お風呂はお湯の温度が1℃違うだけで体に与える影響が違ってきます。

体に良い適正なお風呂のお湯の温度は40℃です。

実は丈夫な血管を作るのには40℃が最適な温度なんです。

それは、体を温めることでt-PAという成分(血管内にできた血栓を溶かす成分)が増加するからです。

つまり動脈硬化や心筋梗塞の予防になるということ。(t-PAは元々体の中にあるものですが、老化によって減少していきます)


42℃くらいの熱いお風呂が好きな人もいますが、医学的には熱いお風呂に入っても体に良いことはほとんどありません。

お湯の温度が42℃以上になると、むしろ逆効果。血管を傷めてしまいます。

熱いお風呂にメリットはほぼありません。

私は熱いお風呂が苦手なので40℃を超えないようにしています。いい感じですね^^

お風呂の入り方:入浴の時間は

お風呂(湯船)に浸かる時間はどれくらいでしょう?

実は20分とか30分入るという人は長すぎます。

ベストな時間は10分です。(長くて15分)

管に関しては10分以上の入浴は効果がありません。

また、10分以上入るのは逆効果。動脈硬化のリスクが上昇します。

その原因は脱水症状です。

41℃のお湯に15分浸かると汗をかいて約800ccの水分が失われます。

体内の水分が減って血液がドロドロになるというわけです。


どうしても10分以上入りたいという人は、お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲んでおきましょう。

ただ、30分とか40分くらいの長風呂だと血管や心臓だけでなく肌の状態も悪くしてしまいます与えます。

乾燥肌ですね。

長風呂には気をつけましょう。

お風呂の入り方:寝る前

寝る前にお風呂に入ると思いますが、それってどれくらい前でしょう?

湯冷めしたくないから寝る直前にお風呂に入っている人もいると思います。

でもそのタイミングは「睡眠」のためにはよくありません。

お風呂の後は脈拍が上昇して体が興奮状態になっているので、寝付きが悪くなります。

快眠できないということです。

寝るのにもっとも最適な体温になるのは、お風呂に入った約2時間後

体温の高低差が大きいほど眠りにつきやすくなります。

お風呂の入り方:食前か食後か

お風呂は食事の前に入ってますか?それとも食後?

多くの人が食後だと思います。私もそうです。

ただ、食後すぐのお風呂はよくありません。(「食後」ではなく「食後すぐ」)

食後すぐは胃に血液が集中しています。

食後すぐにお風呂に入るとその胃の血液が全身に回って減少し、消化不良を起こす可能性があります。

食後は30分~1時間以上あけてお風呂に入りましょう。

もちろん食前なら何の問題もありません。


個人的には、食後すぐに入ることはないので気にする必要はなさそうです。

お風呂の入り方:運動後

運動して汗をかいたら、すぐお風呂に入ってサッパリしたいですよね。

特に夏場なんかは。

でも、お風呂に入るタイミングを間違えると疲労を回復するどころか逆に疲労を溜めることになります。

疲労を回復するのにいいタイミングは、運動を終えた1時間後です。

運動した後は細胞が傷ついたり、体に熱がこもっています。

本来は冷やして修復すべきなのに、すぐお風呂に入ってしまうと細胞が修復せず疲労が溜まることになります。

運動の後は1時間程度おくと、収縮していた血管が広がって筋肉と血管のマッサージになり疲労が回復します。


運動の後で汗やニオイが気になるなら、運動直後は軽くシャワーで流すのがいいです。

その後でお風呂に入るようにするのがおすすめです。

ちょっと面倒ですけど。

お風呂の入り方:歌う

お風呂(湯船)に入っている時は、どうしてますか?

じーっと動かない人もいれば、スマホを持ち込んでいる人もいます。

実は、ちょっとオススメの過ごし方があります。

それは歌うこと。

歌を歌うと自然と呼吸回数が増えて、よりリラックス効果が高まります。

ポイントは「呼吸&リラックス」で、これは認知症予防にもおすすめ。脳内のアセチルコリンという物質の分泌が増えるからです。

(音楽を聞くだけでもリラックス効果が高まります)

お風呂で歌うといつもより上手に聞こえて楽しいですしね^^


認知症対策という意味では、お風呂に入りながら足の裏をマッサージするのもいいし、歯磨きをするのもいいです。

あとは、ゆずの香りの入浴剤もおすすめ。


ちなみに、お風呂で読書をするという人もいると思いますが、これは認知症予防という観点からはオススメではありません。

目を使うことで集中してしまい、リラックスできないからです。

とは言え、大事なのはお風呂(湯船)に入る10分間を快適に過ごすことです。

自分に合ったリラックス法を見つけましょう^^

お風呂の入り方:入浴剤

入浴剤って使ってますか?

私はいつ使ったか分からないくらい入浴剤を使った記憶がありません。(使おうという発想すらありませんでした)

実は、おすすめの入浴剤があります。

それは炭酸系の入浴剤

炭酸風呂は、炭酸ガス(二酸化炭素)が皮膚表面から皮下に浸透して毛細血管を広げて血行を促進してくれます。

二酸化炭素は老廃物なので、体に入ってきたら排出しようとします(体がデトックスモードになって毒素を排出しようとする)。それを利用しているわけですね。

たまには入浴剤を使ってみるのもいいかもしれません^^

スポンサーリンク

お風呂に入る前に飲むと良いもの

お風呂 入り方

お風呂に入る前に飲むと良いものがあります。

それはコーヒー

カフェインには血行を促進する効果がありますが入浴前に飲んでおくと、お風呂に入って汗をかくことで血液内のカフェインの吸収率がアップして、血行促進効果が高まります。


お風呂上がりには牛乳もオススメです。

ビタミンAによる乾燥肌の予防、ミネラル・たんぱく質は脱水症状の予防になります。

私はお風呂の後に少し水を飲むくらいです。

コーヒーはたま~にしか飲まないし、牛乳なんて何年飲んでないか分かりません…

半身浴は効果なし?

結構前に流行った半身浴。

今でもやってる人は結構います。

私もほんの一瞬だけやってみたことがあります^^

でも半身浴にダイエット効果はありません

半身浴は、心臓や肺に疾患があったり弱っている人に負担をかけないための入浴法です。

健康な人にメリットはないです。

お風呂での事故は多い

お風呂での死亡事故は交通事故より多いです。

これは熱すぎるお湯長時間の入浴が原因です。

お風呂(湯船)から出ようした時に、水圧で圧迫されていた血管が一気に広がって脳の血液が不足するという状態になることがあります。(失神する可能性も)


これは私も経験があります。

サーッと頭の血が引いて、ふらふらします。

一番ひどい時は、視界が真っ白になったこともありました。目は開いているのに真っ白で何も見えないんです。あれはちょっと怖かった…。

それ以来、バッと立ち上がって浴槽から出るのはやめて、ゆっくり出るようにしてます^^

万が一でもないように、気をつけましょう。

長風呂した時の失神予防には、冷水で手を冷やすという方法も良いようです。

スポンサーリンク

まとめ

お風呂の入り方についてお伝えしました。

簡単にまとめると、

・温度は40℃
・時間は10分
・寝る2時間前
・食後1時間以上経ってから
・運動の1時間後
・歌うのが良い
・入浴剤は炭酸系

自分の入浴法とどれくらい合ってましたか?

体のことを考えるなら少し意識してみるといいですね^^

普段の生活の中では、そんなにいろいろと気にしてられないでしょうから「温度と時間」だけでも意識してみるといいんじゃないでしょうか。

簡単ですし^^

【関連記事】
お風呂を早く済ませる方法は?これで時間短縮!

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする