液体ミルクの使い方は?デメリットや安全性はどう?

液体ミルク 使い方

最近日本で初めて発売されたと話題の液体ミルク

調乳が必要なく、すぐに飲ませてあげられるという最大のメリットがあります。

うまく使えばとっても便利でママの強い味方になるであろう液体ミルクですが、実際にはどうやって使うのか気になりますよね。

また、メリットだけでなくデメリットも知っておきたいところです。

そもそも調乳済みの液体ミルクは赤ちゃんにとって安全なものなのか、体に入るものだからこそしっかりと知識を入れておきたいです。

ここではそんな新発売の液体ミルクの使い方、メリット・デメリット、液体ミルクの安全性について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

液体ミルクの使い方

日本では最近解禁された液体ミルクですが欧米では主流のミルクとして浸透しています。

液体ミルクは調乳が必要のないミルクなので、必要な時にそのまま使うことができます。

海外では哺乳瓶の先端をつけるだけですぐに飲むことができるような形状になっているので、哺乳瓶を持ち歩かなくて済みお出かけにとても便利です。

日本で発売された液体ミルクは紙パックタイプ缶タイプの2種類です。

そのため缶タイプは開けてそのまま、紙タイプのものは付属のストローをさし哺乳瓶に移し替えるという使い方をする必要があります。

ですが、お湯の準備も粉ミルクをはかる必要もありません。

温める必要もなく、そのまま飲ませることができる」って素晴らしいですね^^

液体ミルクの使い方:冷たいまま飲ませたくない

常温保存ができる液体ミルクですが、冬なんかは冷たくなっちゃいますよね。(常に暖かい部屋に置いてあるなら別ですが)

そうなると「冷たいミルクは赤ちゃんにあまり飲ませたくないなぁ」と思うこともあります。

そんな時は、やはり哺乳瓶に移し替えてから湯煎して温めるしかありません。

さすがにこの問題は、何の手間もかけずに解決する方法はありません。

ちなみに、アイクレオ赤ちゃんミルクに関しては「電子レンジでの過度の加熱は、中身の飛び散り(突沸)の原因になる場合があります」ということで推奨されていません。

液体ミルクのメリット

液体ミルクのメリットとして、以下のことが挙げられます。

① 調乳の手間がない
液体ミルクの最大のメリットは調乳が必要ないということです。

これにより外出時の荷物が軽減され、使い終わったらごみとして処分することができます。

夜間の授乳にも手間なくミルクが作れることで負担が最小限に抑えられます。

これは本当に助かりますよね^^


② ママ以外の育児参加がしやすい
調乳が必要なく容器から注ぐだけでミルクが作れるので、育児に消極的なパパや実家の祖父母などにも協力を仰ぎやすいです。

それによりママの負担を軽くすることができます。

「ミルクを作る手間がなくなる」というのはとても大きいメリットですよね。


③ 災害などのもしもの時のストックにも活躍!
ここ最近では大規模な災害が目立ちます。

災害時には粉ミルクはもちろん水の確保が大変難しく、お湯の準備もなかなかできないという場合もたくさんあります。

そんな時に液体ミルクがあると、そのまま赤ちゃんに飲ませてあげられるのでとっても便利です。

実際、日本で液体ミルクの認知や需要が高まったのは熊本地震の際にフィンランドからの支援物資として液体ミルクが運ばれたことがきっかけでした。

常温で6か月~(物によっては1年ほど)の保存がきく液体ミルクは、もしもの時の備えとしても活躍します。

液体ミルクのデメリット

ここまで多くのメリットを紹介してきた液体ミルクですが、デメリットも少なからずあります。

① 値段が高い
とっても便利な液体ミルクですが値段はおよそ粉ミルクの2倍くらいです。

そのため、毎回の授乳に使うというとかなりの出費になる可能性があります。

外出時や夜間のみといった場面ごとの使い方をするといいかもしれません。


② 日本での使用例がすくない
欧米では主流となっている液体ミルクも、日本では解禁されたばかりで知名度も低く使用例もわずかです。

安全に基準を満たし製品化されているとはいえ、赤ちゃんに与える影響がないのか不安に思う親御さんも多いでしょう。

スポンサーリンク

液体ミルクって安全なの?

家族にとって一番心配なのは安全性。

便利といっても健康を害するものでは困ります。

日本での使用例が少ないことで液体ミルクを使うことに抵抗があるママも多いはず。

その一番の心配が調乳済みのミルクがどうして常温で長期間保存がきくのかというところではないでしょうか。

液体ミルクが常温で長期に保存がきく理由は、製造過程でしっかりとした滅菌処理がされているからです。

粉ミルクの作り方では取り除けない細菌も、無菌充填される液体ミルクなら滅菌できているんですね。

そのため温める必要もなく直接哺乳瓶に注いで使うことができます。

液体ミルクの成分は?

アイクレオ赤ちゃんミルクについてですが、

母乳に近い栄養成分(脂質、炭水化物、ナトリウム)であることはもちろん、母乳と同程度にミネラル含有量・ナトリウム量を調整してあります。

母乳にも含まれるガラクトオリゴ糖も配合。

となっています。

さいごに

液体ミルクの使い方やメリット、デメリットについてお伝えしました。

液体ミルクは調乳の手間がないことや長期の保存がきくことなど、さまざまなメリットがあります。

一方で、粉ミルクに比べ割高であることや日本での使用例が少ないということから、なかなか使用に踏み切れないという方も多くいるのが現状です。

値段が高いのはやっぱりネックなので、使い時を考えるといいですね。

夜間や外出時といった手間がかかると困る時に液体ミルクを使用する」という感じで。

せっかく便利なものなので賢く使っていきたいです。

特に災害時のことを考えると液体ミルクの需要はかなり高いですから、商品もより改良されていくと考えられます。

ありがたいことですね^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする