中学生のスマホは何時まで許してる?早すぎても遅すぎてもダメ?

スマホ

とってもたくさんの機能があり、私たちの生活の一部となっているスマートフォン。

中学生くらいになると、個人のスマホとしてお子さんに持たせるというお母さんも多いです。

ですが、そうなると心配なのは「スマホに没頭するあまり本来の勉強がおろそかになったり、不規則な生活をするようにならないか」ということですよね。

そうならないために中学生の子供にスマホを与えるときには、どういったルールを作っておくべきか悩みます。

そんなお母さんのために、スマホの使用は何時までにするかや中学生の子供がスマホを持つことによるメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

お子さんにスマホを持たせようかと悩んでいるお母さんはぜひ参考にしてみてください。

中学生のスマホは何時まで?

中学生のスマホの利用時間は、21時半~22時までの家庭が多いです。

しかし、通塾などの習い事をしているかどうかによって若干の差はあります。

また、中学生くらいになると個室を与えられているお子さんも多い中、スマホの使用はリビングに限定することや、親も内容を確認すること、親のケータイから使用を制限できるように設定しているという家庭もあります。

中学生のお子さんの場合、スマホ自体も、スマホの料金も親が支払っているという場合がほとんどなので、親の権限を強く出している家庭が多いです。

こうしたルールを決めて、守ることを約束させたうえで持たせている親御さんがほとんどですね。

実際に使わせている親御さんは使う時間だけではなくその内容や場所も細かく決めていくことで、うまく制限をかけているようです。


逆に、何の制限もなしにスマホを持たせているととてもマズイことになる可能性があります。

「スマホ依存」ですね。

細かく言えば「SNS依存」「ゲーム依存」です。

大人であっても自制(コントロール)するのが難しいことなので、子供には物理的にその状況を作らせないようにするために家庭でのルールが必要だと思います。

中学生にスマホを与えるメリットは?

中学生でスマホを持つことによるメリットは何でしょう。

・何かあった時の連絡手段や居場所の確認ができる
親の目を離れ友達同士での遊びが盛んになる中学生は、事件に巻き込まれるということも考えられます。

特に女の子のお子さんをお持ちの方は心配なこともたくさんあると思います。

登下校時や遊びの最中など、何か事件に巻き込まれそうになった時や、もしも何かがあった時の連絡手段にスマホがあると助かりますね。

GPS機能を使えば居場所の特定もできて、とても安心です。


・習い事などの送迎の時の連絡ができる
塾やそのほかの習い事で時間が遅い場合、親が送迎を行うということは割とよくあることです。

お子さんがスマホを持っていることで終了時間を伝えてもらうことができ、長時間待機する必要がなくなります。


・家族のコミュニケーションが増える
中学生くらいになってくると思春期を迎えるお子さんも多く、素直に家族と直接話すことが恥ずかしくなったり嫌になる子もいるかもしれません。

直接は言えないけれどメールだったらいえること、スタンプで会話ができることもあるかもしれません。

特に普段お仕事でなかなかかかわる時間が持てないお父さんと合間のメールや写真を送りあうなど、スマホならではのコミュニケーションが取れる可能性があります。

しかし、使い方を誤ると、日常会話がすっかりなくなってしまうというデメリットにつながる危険もあります。

しっかり顔を見てコミュニケーションを取るということは大前提のもと、補足的に使うといいですね^^

スポンサーリンク

中学生にスマホを与えるデメリットは?

中学生からスマホを持つことはいいことばかりではありません。

少なからずデメリットもあります。

・使用時間が長く、学業がおろそかになる
たくさんの機能があり便利な反面、没頭してしまう傾向にもあるスマホは、使い方を誤ると依存傾向になってしまいます。

それにより本業である勉強の時間が減ったり、夜更かしなどで生活リズムが乱れ、授業に集中できないといったことが起こる可能性があります。


・高額な請求がくる可能性がある
お子さんの自由にスマホを使わせてしまうことで、ゲームなどにかなりの額をつぎ込んでしまう可能性があります。

ゲームは使用を制限するか、課金ができないよう親側からストップをかけられるような対策が必要です。


・視力の低下
スマホから発せられるブルーライトは、長時間の使用で視力の低下を引き起こすと言われます。

一日のスマホの使用時間の制限など、ルールを決めて使用するなどの対策が効果的です。


・SNSなどのトラブルや事件に巻き込まれる可能性がある
近年SNSなどの普及で世界中の人と身近にかかわることができるようになりました。

とっても便利な反面、見知らぬ人からの接触による事件が増えているのも事実です。

こうしたサイトの使い方には、十分に話し合っておく必要があります。

まとめ

中学生のスマホの利用時間は「21時半~22時まで」というのが一般的です。

といっても、これを一方的に押し付けるというよりは子供と相談しながらルールを決めるのがいいと思います。

子供それぞれの環境も違うし、「自分で決めたルールを守る」というのも大事なことですからね^^

【関連記事】
高校生の携帯代は平均いくら?自分でバイトする?親が払う?

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする