紫外線で傷ついた髪の毛を回復する食材は?抜け毛やシミを改善!

紫外線対策はしてますか?
昔は今ほど「紫外線、紫外線」って言われてなかったと思います。
研究などが進んで、紫外線の危険性がより分かってきたからなんでしょうけど。

女性はもちろんですけど、今は男性も結構気にしてますね。
ただ、肌の方ばかり気にして髪の毛は意識してないんじゃないでしょうか。
まぁ、自分がそうなんですが(笑)

紫外線を浴び続けると、髪の毛もダメージを受けます
ダメージが蓄積されると抜け毛の原因になったりします。

髪の毛は肌以上に紫外線を浴びているので、傷つきやすいんです。

そこで、
ダメージを受けた髪を回復するのにオススメな食材が、
ニンジンです!

スポンサーリンク

ニンジン

ニンジンは、秋から冬にかけて甘みが多く栄養価が高いです。

ニンジンの栄養素と言えば、βカロテン
このβカロテンが髪の毛や肌を回復してくれます。

ニンジンに含まれるβカロテン量を、他の野菜と比べてみると、
ゆでた場合の100g中に、

かぼちゃは、3900μg
ほうれん草は、5400μg
ニンジンは、7200μg

です。

ニンジンは特に多いんですね。
ちなみに、「カロテン」は「キャロット」からできた言葉らしいです。

栄養価の高いニンジンの選び方

スーパーでニンジンを選ぶときは、芯の大きさをチェックするといいようです。
芯の小さいニンジンの方が、よりβカロテンが多く含まれています。

ニンジンは芯の部分を通して土から葉っぱに栄養を運んでいるので、
芯の部分が大きいとそれだけ栄養分が葉っぱの方にいってしまっています。
なので、根菜として食べるなら、芯が小さい方がオススメです。

芯が小さい方が、味も良いとのこと。
芯の色も黒くなってない方がいいです。

スポンサーリンク

βカロテンが最大限に摂れる調理法

βカロテンを多く摂るなら、生で食べるよりで炒めた方がいいです。
油で炒める方が、生で食べる時に比べて、βカロテンの栄養吸収率が違います。

生の場合、吸収率は8%
油で炒めた場合は、70%です。

ビックリするほど違いますね!

さいごに

紫外線で傷ついた髪の毛や肌を回復するのには、
βカロテンが豊富なニンジンがオススメ。

選ぶときには、芯の小さいなものを。
調理は、油で炒めるのがオススメ。

ニンジンと言えば、子供の嫌いな食べ物の定番の一つというイメージです。

私自身は子どもの頃に嫌いだったわけではないですが、
正直、「美味しい!」とはなりません。
苦いニンジンだと「マズ…」って思います。

でも、将来の髪の毛のために、
もうちょっと食べるようにしようかなと思いました(笑)
髪の毛は大事ですからね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする