ほうれい線を消すためにマッサージするのは逆効果?正しい方法は?

ほうれい線、気になりますよね。
10代とか20代前半の人は全然気にならないでしょうけど。
ある程度年を取ると気になってくるんですよね~。

この記事では、ほうれい線についてチェックします。
ほうれい線が気になる人は要チェック!

スポンサーリンク

ほうれい線

ほうれい線は、
頬の筋肉が衰えて頬の位置が下がる事で出てくるもの。
シワが深いところは弾力がなくなり重力に負けて垂れ下がったものです。

ほうれい線をマッサージするのはダメ?

ほうれい線が深くなると、老けて見えます。
なので、どうにかして消せないか、消すのはムリでもやわらげないか。
悩んだことがあるかもしれません。

消すため、やわらげるために、
ほうれい線をマッサージしたりしたことがあるんじゃないでしょうか。

でも、ほうれい線をマッサージすることは逆効果だそうです。

ほうれい線をマッサージしすぎると徐々に肌の弾力が弱まってしまい、
シワが深くなって余計に老けて見えてしまうんだとか。

マッサージの正しい方法は?

ほうれい線が気になる人は、ほうれい線を触らずに、
頬骨の下や小鼻の横を押し上げるようにマッサージすると効果的だそうです。

マッサージは、1回につき10秒間を3セット。
1日3回行うのが目安。

スポンサーリンク

他のオススメ方法

オススメは、舌回し運動です。
今ではかなり有名な方法だと思います。

口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿ってぐるりと回す。
右回り15回。左回り15回。
これで1セット。

1日に3セットくらい。

15回というのは目安なので20回でもOKです。
力の入れ具合にもよりますが10回超えたあたりから疲れてくると思います。

この舌回し運動は、
二重あごの解消にも効果的です。

お風呂に入ってるときにやってみる
っていうふうに決めておくと続けやすいかもしれません。

あと、
やってみるとわかりますが、舌回し運動をすると唾液が出てきますよね。
唾液が分泌されることで口臭の予防にもなるので、
出かける前にやったり、口が乾いてきた時にやってみるのも良いですよ♪

さいごに

直接ほうれい線をマッサージするのは逆効果なんですね。
正しい方法でマッサージしましょう。

もちろんやりすぎはダメです。
(何事も適度が一番)

普段から顔の筋肉を動かすことを意識してるといいかもしれませんね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする