寝る時に靴下を履くのは良くない?どっちが本当?その理由は

寝る時に靴下 良くない

寒い冬の時期、寝る時に靴下を履いているという人もいると思います。でも、寝る時は履かない方が良いという話を聞いたこともあるんじゃないでしょうか。本当はどっちがいいの?と疑問を持ってる人もいるはず。

では、冬でも寝る時は靴下を履かない方が良いという理由は何なんでしょう?その理由を知って、自分に合った方法を選びましょう。

スポンサーリンク

寝る時に靴下を履かない方が良いと言われる理由

人は寝ている時に足の裏から汗をかきます。(汗をかいて老廃物を出している)その量は約200mlなんだとか。靴下を履いていると足裏の汗の蒸発を妨げでしまい、靴下が汗を吸収します。その水分が冷えて逆に足を冷やしてしまう。これが寝る時に靴下を履かない方が良いと言われる理由の1つです。

もう一つは、単純に靴下の締め付けによる血行不良です。血行が悪いと冷えにつながります。血行不良によって、代謝が悪くなる・老廃物を排出しにくくなる・むくみやすくなる・セルライトも付きやすくなる。といったデメリットも出てきます。

さらに、足や手からの熱の放出を妨げると、睡眠の質を下げてしまうこともあります。

靴下を履いて寝る

上記のことを知っていても、靴下を履いて寝ている人はいると思います。そして、履いて寝ていても問題ない人もいます。個人差がありますから。

今まで靴下を履いて寝ていたけど、良くないと聞いて履くのを止めた。そしたら寝付けなくなった。こうなってしまうのは良くないですよね。靴下を履いて寝ることがとても体に悪いのなら問題ですが、寝付けなくなる方が体には良くないでしょうから、ムリに止める必要はないと思います。

靴下の素材を見直すとか、締め付けがゆるい靴下にしてみるとか、簡単にできることから変えてみるのがいいですね。

スポンサーリンク

おすすめの方法は

おすすめは、「湯たんぽ」や「レッグウォーマー」です。

「湯たんぽ」はとても温かくなりますし、安く済むのでお財布にも優しくておすすめ。(ただし低温やけどには気を付けてくださいね)「レッグウォーマー」は足裏を覆わず足元を温められるので、これもオススメです。(締め付けのキツイものは避けましょう)

今、靴下を履いて寝ている人で、今後は靴下を履かない方向にシフトしたいと考えてる方は、いろいろ試してみるといいですね。裸足で寝たらどんな感じか、レッグウォーマーならどんな感じだったか。実験感覚で試してみて自分に合った方法を探してみると良いと思います。

さいごに

靴下を履いて寝ることが、絶対良くないという話ではないです。履くのを止めて寝付けなくなったら本末転倒ですからね。ただ、足を温めてるつもりが逆に冷やしてしまっていたり、睡眠の質を下げてしまっていたりすることがあるので、見直してみるのは良いことだと思います。

面倒くさがらずに、湯たんぽやレッグウォーマーを試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする