食後すぐ横になるのは体に良い?悪い?太りやすくなるのは本当?

食べてすぐ横になる

「食べてすぐ寝ると牛になる」っていうのは、聞いたことあると思います。良くないって意味ですよね。でもどうして良くないんでしょう?昔からそう言われてたからそういうもんだと思い込んでるだけかもしれません。(「だらしない」とか「行儀が悪い」っていうのを戒めるためなのかな?)

食後すぐ横になるのは体に悪いのか。それとも良いのか。あと、太りやすくなる?という点も気になりますよね。そこんとこをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

食後すぐに横になるのは良い?悪い?

食後すぐに横になるのは、「良い」です。理由は、肝臓に血液が集まりやすいからです。

肝臓は胃腸で消化されたものを代謝するために多くの血液を必要とします。横になることで血液を集めることができて、代謝機能が最大限発揮できます。

横になる時のオススメの姿勢は、頭側と足元がちょっと上がっている状態です。こうするとより血液が集まりやすいです。後述する注意点にもつながります。何か下に敷いて調節すると良いですね。

注意点

気を付けたいのは、逆流性食道炎です。食後すぐ横になるのが良くないと言われる理由には、この逆流性食道炎になる危険性があるからだと思います。

これを避けるために、横になる時はクッションなどを使って胃より食道が上になるように調節しましょう。

太りやすくなる?

ずっと横になるのは良くないです。30分以上横になり続けると、中性脂肪が溜まりやすくなり肥満の原因になります。

なので、横になるのは最大30分にしておきましょう。

横になるどころか、完全に寝てしまった…このパターンは避けたいので、タイマーをかけるなりしておきましょう。

スポンサーリンク

横になる時は右向き?左向き?

ここまでの「横になる」というのは「あおむけ」を想定していますが、横に向くということもあると思います。その時に気になるのが右向きが左向きかということですが、基本的には右向きが良いとされてますね。胃から腸へ流れていく部分が下になるので。

ただ、右向きだと落ち着かないという人はムリに右を向く必要はないと思います。リラックスできない方が良くないので、気にし過ぎず横になりましょう。

まとめ

食後すぐ横になるのは、OKです。ただし最大でも30分くらいにしておきましょう。太るのはイヤですからね。あと、逆流性食道炎にならないための工夫も忘れずに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする