お風呂を早く済ませる方法は?これで時間短縮!

お風呂に入るのがめんどくさいと感じる時ってありますよね。

帰りが遅かったり、疲れてたり、理由はないけどただなんとなくめんどくさいと思う時もあるかもしれません。

今からお風呂に入ったら○○分かかる…」と思うと、できればその時間を他のことに当てたい。

早く寝たい。

でも体をキレイにしてからベッドに入りたいという思いもある。

いろんなパターンがあると思います。

そこで今回は、お風呂を早く済ませる方法についてお伝えします。

これで時間短縮です!

スポンサーリンク

お風呂を早く済ませる方法

お風呂を早く済ませる方法

体も頭も洗うという前提です。

時間短縮したいなら、まず素早い行動を心がけることです。

当たり前と思うかもしれませんが、体を洗うのも頭を洗うのも素早さを意識しているのといないのでは明らかに差が出ます

身をもって実感してます^^

シャワーで済ますか湯船に浸かるかは自由ですね。

とにかく早くという人はシャワーだけ。どうせ入ったのなら湯船に浸かりたいという人もいるでしょう。


体を洗う時はで洗います。

タオルにボディーソープ(石鹸)をつけて泡立てて……これは時間がかかるし、洗いすぎです。

ボディーソープ(石鹸)なしで、手でなでるように洗う。

これで十分汚れを落とせます。しかも早い!

ボディーソープを使うなら、ちょっと手につけてササッと泡立てるくらいにしましょう。

タオルにボディーソープをつけて洗うのは多くても週1,2回に抑えておくといいです。ゴシゴシ洗うのはNG。


頭を洗う時は素早く洗いたいですが、すすぎはしっかりしましょう。

すすぎを雑にすると頭皮環境が悪くなります。(ニオイや抜け毛などの原因に)

シャワーだけで済ます場合、素早い行動を心がければ男性なら5分程度で済むと思います。女性は男性より毛が長い人が多いでしょうから、もうちょっとかかってしまうと思います。

でもこれだと冬(夏以外)は寒いです。

冬は湯船に浸かりたいですよね。

さらに言えば、私は頭を洗うのは頭皮を温めてからにしたいです。

汚れが浮いて効率よく洗える気がするので。


なので、ちゃんと洗って体も温まって、かつ時間を短縮したい

これを満たす方法として、

1.湯船に浸かる(掛け湯をしてから入る)

2.頭と体を洗う

3.もう一度湯船に浸かる

このステップをおすすめしておきます^^

1と2、特に2は素早さを意識して、3でリラックスします。これで10分くらいでお風呂が済みます。

お風呂に入るのがめんどくさいと思う時も、10分で済むなら入ってしまえ!という気持ちになれるかもしれません。

サッパリして睡眠の質もアップします。

お風呂に入らないとベッドや枕が汚れてしまうというストレスで、気持ちよく寝られないこともありますので。(ありますよね?)

スポンサーリンク

湯船に浸かる時間は?

お風呂を早く済ませたい人は湯船に浸かる時間は1分2分くらいで済ます必要がありますが、お風呂にゆっくり浸かりたいという人でも湯船に長時間入るのはオススメしません。

お湯の温度にもよりますが、長時間入るのは肌の乾燥をまねきます。

冬の時期で41℃のお湯と仮定すると、3~5分。

長くて10分くらいにしましょう。(早く済ませたい人はもちろん短めで)

40℃未満のお湯で、ゆ~っくり入っていたいなら話は別ですが。

お風呂が好きで長風呂する人は、温度は低めに設定するといいですね。

髪を洗うのが面倒なときは

多くの女性の場合、男性より髪の毛を洗うのが大変です。乾かすのも時間がかかるし。

なので、毎日は洗わないという人もいるでしょう。

そんな時は、洗い流し不要のシャンプー(ドライシャンプー)なんかに頼るのもありですね。

しょっちゅうこれに頼るのは頭皮に良くないでしょうから、たまに「あ~もう今日はめんどくさいや」と思った時にしましょう♪

さいごに

お風呂を早く済ませる方法ついてお伝えしました。

お風呂の時間を短縮したいときのポイントは、素早い行動と時間配分です。

上で紹介した1.2.3.で入るなら、2分・5分・3分くらいの配分にするとか、ある程度決めておくと良いと思いますよ。

自分のお風呂スタイルを崩さずに時間を短縮したいなら、「素早さ」を意識すること。

これに尽きます。

頭の隅にあるだけでスピードが変わってきますよ♪

時間短縮のためにも試してみてください^^

【関連記事】
お風呂の入り方の新常識!温度や時間の医学的に正しい入浴法とは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする