歯ブラシの交換時期の目安っていつ?1か月はウソ?細菌だらけなの?

歯ブラシ 交換時期の目安

歯ブラシってどれくらいで交換してますか?
2か月?3か月?半年?
人によって随分違いがあると思います。

交換時期の目安として「○ヶ月」と決めている人もいるでしょう。また、歯医者に行ったら1か月で交換することをすすめられたから…、テレビで1か月って言ってたから…など、いろんな理由で交換時期の目安を決めていると思います。

そこで今回は、歯ブラシの交換時期の最適なタイミングをどう決めるか、他の人はどれくらいで交換しているのか、などについてチェックしていきます。

スポンサーリンク

歯ブラシの交換時期の目安

「1か月で交換」という話をテレビで聞いたことがあります。また、歯医者にいったらそう言われたという人もいます。

そう聞いて私も1か月を目安にしようと思い試してみましたが、1か月って早いんですよね。歯ブラシにもあまり変化が見られないし。

なので結局2か月くらいは使っているかもしれないです。もったいないって思っちゃうんですよね。あと、歯磨きを1日に2回する人と3回する人では、歯ブラシの消耗に差がでますし、どんな磨き方をしているかにもよります。

また、ちょっと値段が高めの歯ブラシを使っている人なら、1か月では交換しないと思います。

ちなみに、歯ブラシのパッケージには「毛先がひらいたらとりかえましょう」と書いてあることが多いです。これは分かりやすいですが、1か月の使用で毛先がひらいたことがないです(私の場合)。毛先がひらく頃には数か月経ってます。

衛生面

歯ブラシに付く細菌って、すごく多いって聞きます。トイレより汚いとかなんとか…。(1億個以上だとか)

衛生面から見れば、毎日新品の歯ブラシを使うのが一番良いんでしょうけど、それは非現実的だし、そもそも人の口の中って細菌だらけなので気にしすぎても意味がないです。

ただ、1か月使えば相当な量の細菌が歯ブラシに付着するので、この情報を知ってから、1か月で交換するようになった人は多いと思います。

歯ブラシの状態

一番大事なのは、歯ブラシの状態です。

・毛先の具合
・ブラシのこし
・ブラシ根元の汚れ具合
・磨き心地

これらに変化が出てきたら、交換時期と言えます。
毛先やブラシのこしが弱まれば「歯と歯茎の間の汚れをかき出す力」が弱まるということなので、ここは重要なポイントですね。

結局

歯ブラシの状態という目で見えることを基準にするか、細菌の付着という衛生面を基準にするかで、交換時期が少しずれると思います。

歯ブラシの設計上の話で、1か月くらいでブラシのこしの状態が悪くなってくるという話もありますが、正直感じたことはありません。

結局、1か月は早い、でも2か月はちょっと長いと感じる…となれば、1か月に合わせた方が良いことは間違いないです。キリもいいし気分もいい、交換時期として分かりやすいというメリットもあります。

もちろん、別に長いと感じなければ「2か月」と決めるのも問題ありません。

歯ブラシの掃除

歯ブラシを清潔に保つことは大切です。

歯ブラシをキレイにしておかないと、トイレより汚い状態のものを毎回口に突っ込んでるということになります。考えるだけで恐ろしい…。

とはいえ、出来ることは限られてきます。熱湯で消毒するのも1度くらいはいいと思いますが、面倒くさいし、歯ブラシの耐熱温度もありますから注意が必要です。

大事なことは、使用後はキチンと水洗いをして、乾燥させることです。そのためには保管場所も重要です。風通しの良い場所がベスト。

ダーと出した水道水をブラシに当てるだけではダメですよ。

スポンサーリンク

適切な歯ブラシ

歯ブラシはいろんな形のものが売られていますが、奇をてらった物(変わった形の物)はあまり良くないです。あれは、商品を売るために他と違いをつけてるだけで、効果が高いわけではありません。

むしろ普通の形(定番の形)の歯ブラシが良いと言われてます。歯医者さんでおすすめされるのも普通の形の歯ブラシです。

また、硬さは「ふつう」が良いです。私は「やわらかめ」のが良いと思ってたんですが、どちらかと言うと歯周病などで歯茎から血が出やすい人向けだそうで、健康な人は「ふつう」が適切とのこと。

世間の人の交換頻度は?

マイナビウーマンさんの女性へのアンケートを引用させてもらいますと、

第1位「1カ月に一度」……37.7%

第2位「2カ月に一度」……23.0%

第3位「3カ月に一度」……19.4%

第4位「半月に一度」……12.0%

第5位「半年に一度」……6.3%

という結果が出たようです。

やはり、「1か月が交換の目安」という情報が、テレビなどで紹介された影響があるようです。

コスパ最高の歯ブラシ

・安い
・定番の形
・「ふつう」の硬さ

この3つを満たしたコスパ最高(と思われる)の歯ブラシがこれです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 20本入り(5色各4本) 歯科医院用歯ブラシ FP23-M(ふつう)
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

20本で1000円(税別)ということは、1本50円です!
こんな安いのがあるんだ!と驚きました。

これなら1か月で交換するのはもったいないと思う人も抵抗がなくなりますね。

上は3列ヘッドのものですが、4列ヘッドもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 20本入り(5色各4本) 歯科医院用歯ブラシ FP28-M(ふつう)
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

さいごに

歯ブラシの交換時期の目安は、ちょっと早い気もしますが「1か月」というのが一般的になっていますね。

キリが良く覚えやすいので、確かにオススメではあります。

自分の歯ブラシの状態を見て、1か月でどうなってるか確認してみてください。自分に適した交換時期を知る機会にもなります。

さいごになりましたが、歯を磨く時は「歯と歯茎の間の歯周ポケット」を意識して磨くのが基本です。歯の表面をゴシゴシ磨くのはNGです。(今さらですが)
歯ブラシの持ち方は、鉛筆持ちがGOOD。

将来のためにも歯を大切にしていきましょう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする