包丁で指を切った時の対処法は?傷が深くて血が止まらないなら即病院?

包丁で指を切った

料理をしていて「包丁で指を切ってしまった」ってことありますよね。

ほとんど毎日料理をしているお母さん(お父さん)は、包丁を使う頻度も高いのでその分指を切る機会も増えます。

指を切った時は、どんな対処をしているでしょうか。

血が止まらない時なんて、焦りますよね。

そこで今回は、包丁で指を切った時の対処法として、
・まずすること
・正しい対処
・間違った対処

といったことについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

包丁で指を切った時の対処法

まずすること

包丁で指を切った時に、まずすることは「流水で傷口を洗う」です。

傷口を洗わないと、雑菌などが入って感染症や炎症などを起こしてしまうこともあります。

また、血を洗い流すことで傷の具合も見えやすくなります。

傷口を洗った後、血が出ているなら手で押さえて血を止めて、絆創膏(キズパワーパッド)を貼りましょう。

基本はこれになります。

後述の「10倍早く止血する方法」とセットでするのがベストかも。

間違った対処

間違いというと言い過ぎかもしれませんが、オススメしないのは消毒液ガーゼの使用です。

・消毒液
消毒液の使用はかつて常識でしたが、今はそうではありません。

傷口の雑菌を殺すために消毒をすると、同時に正常な細胞もダメージを負ってしまいます。

すると、逆に傷を深くして治りが遅くなったりします。

傷口をきれいにするなら流水で洗うので十分なんですね。


・ガーゼ
ガーゼは、「傷口に直接当ててテープを巻いて固定する」という使い方はよくないです。

傷がジュクジュクしてくるとその状態が良くないと思って、ジュクジュクを拭き取ってしまっていませんか。

実はジュクジュクしているのは、浸出液という体液が出ていて傷を治してくれている証拠です。

それを拭き取るということは、傷の治りを邪魔している(遅くしている)ということです。

なので、傷口に直接ガーゼを当てるとガーゼが浸出液を吸ってしまって良くありません。

最初の応急処置として、ガーゼを当てる(血を拭く)のはありです。

正しい対処

・消毒液を使わない
・乾かさない(浸出液を拭かない)

というのは湿潤療法というもので、今ではこっちが常識です。

傷を早く治すし、キレイに治ります。

上でキズパワーパッドを貼りましょうと書いたのは、キズパワーパッドは湿潤療法を邪魔しない絆創膏だからです。

ラップで湿潤療法?

キズパワーパッドではなく、ラップを使う方法も有名です。

ただラップは水分の蒸発も妨げるので、夏場なんかは蒸れたりして、菌にとって良い環境になってしまうこともあります。

小さい傷なら問題ないと思いますが、そういう注意点もあることは知っておいた方がいいですね。

スポンサーリンク

包丁で指を切って血が止まらない時は

通常の対処方法

血がなかなか止まらない場合は、しっかり傷口を押えて(圧迫止血)、傷口を心臓より上にもっていきます。

しばらく様子を見て、止まればよし。

止まらないなら病院に行きましょう。

明らかに傷が深い場合は、迷わず病院へ!(ヤバイなら救急車を呼ぼう!)

10倍早く止血する方法

指を切った時の対処法として、他の方法を見てみます。

傷を負った手を真上に上げて(心臓より上にあげて)、5本の指をそろえて(指と指の間を閉じて)、細かく振る

というもの。

傷が浅ければ2~3分で血が止まり、痛みも止まるとのこと。

こんなの初めて知りました。

「本当に止まった!」「すぐ止まった!」「すごい!」というコメントが多数あるので、ぜひ試してみてください♪

さいごに

包丁で指を切った時の対処法についてお伝えしました。

今までは「消毒して、乾燥させる」のが対処法として常識でしたが、

今は「水で洗い流して、乾燥させない」のが常識となってきています。(それでも、まだまだ知らない人は多い)

指を切ったときは、焦らず対処しましょう。

一番早くできる対処法は、たぶん「10倍早く止血する方法」になります。

手を挙げて振るだけですので。

何かの参考になれば、幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする