鼻血がよく出る子供 原因と止め方はこれ!大人になったら出なくなる?

鼻血のよく出る子供 対処法

最近、鼻血が出たことはありますか?

鼻血が出た時って、ちょっと焦りませんか?あまり鼻血を出したことがない人は、経験がない分、より焦りますよね。まぁ、そんな経験は多くない方がいいんですが。

鼻血って、子供がよく出すイメージがあります。特に男の子。

子供の頃、鼻血が出やすい友達は周りにいませんでしたか?

私は、鼻血の出やすい子供でした。ホントすぐ出てくるので、病院にも行った記憶があります。

今、もしかしたら「ウチの子供は鼻血がよく出るなぁ」とちょっと心配している人もいるかもしれません。

そこで今回は、
・子供が鼻血をよく出す原因
・鼻血の正しい止め方
・大人になったら出なくなる?

などについて、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

子供が鼻血をよく出す原因は?

子供が鼻血を出す原因のほとんどは、「鼻をいじっているから」です。

子供はよく鼻をほじりますので。

それと、子どもの鼻の粘膜が大人ほど強くなっていないのも一つ。成長途中ですからね。

あと、手で触っていなくても、鼻を歪める(動かす)という動作をしていることが刺激になっていることもあります。(歪める:ゆがめる)

私の場合は、これでした。クセになってたみたいです。

また、病院に行って言われたのは、「血管が飛び出てるから傷付きやすい」ということ。子供の頃は本当に飛び出てると思ってましたが、「浮き出てる」って言った方が正確かもしれません。

なので、鼻を歪める動きをするだけでも出血しやすい子供だったんですね。

病院で診てもらっている時も、鼻を動かすクセが出ちゃって、「それがよくない」って言われた記憶があります。

鼻血はどこから出てる?

鼻血の正しい止め方を知るために、鼻血ってどこから出てるのか知っておきたいですよね。

鼻血のほとんどは、鼻中隔(という左右の鼻を隔てる壁)の前下部の粘膜の部位が傷つくことで出血していることが多いです。

この部位のことをキーゼルバッハ部位と言います。

キーゼルバッハ部位は、血管が網目のように走っていて、しかも浅いところにあるので、ちょっとした刺激でも傷つきやすいんです。(毛細血管が集まっていて、粘膜が薄い)

鼻血の正しい止め方は?

鼻血が出た時は、ティッシュを鼻に詰めるという方法が有名ですよね。

実際、ティッシュを詰めている人はたくさんいると思います。でも、これはオススメの方法ではありません。

なぜなら、血がかさぶたになる時に、ティッシュと一緒に固まっちゃうからです。

固まると、ティッシュを取ると同時に、かさぶたも取れてしまいます。かさぶたを取ってしまうと、せっかく止まった鼻血がまた出てくることがあります。

また、上を向くのもオススメしません。

血が喉に流れてきてしまうからです。飲み込むと気持ち悪いです。

正しい止め方

正しいというか、適切な止め方は、

小鼻をつまんで、下を向く

です。

鼻の上の方(かたいところ)ではなく、小鼻(小鼻のちょっと上でもOK)あたりです。
程度にもよりますが、5分もすれば十分だと思います。

これはホントに有効です。

今では調べれば出てきますが、私がこの方法を知ったのは小学生の頃でした。保健の先生に言われた記憶があります。それ以来、この方法を実践してます。

ティッシュは、詰めるのではなく、たれてくる鼻血を拭くという使い方がいいですね。

大人になったら出なくなる?

私は、よく鼻血を出す子供だったのですが、(小学校の修学旅行でも、夜、鼻血が出て、次の日も出た 笑)

中学生になってからは、ほとんど出ませんでした。大人になってからも、ほぼ出ていません。

不思議です。

私の考えですが、病院で診てもらった時に言われた「ちょっと飛び出していた(浮き出ていた)血管」が、身体の成長と共におさまっていったのかなと予想してます。

大人になるにつれて、鼻の粘膜も強くなっていきますしね。

なので、鼻血がよく出る子供も、成長に伴っておさまっていくので、心配しすぎなくていいと思います。(病気の場合は別です)

逆に、大人だけど鼻血がよく出るっていう人は、ちょっと注意が必要かもしれません。

頻繁に出る人、なかなか止まらない(30分以上)人は、「高血圧、ストレス過多、肝硬変、糖尿病などのサイン(兆候)」である可能性もあります。

よく出る人は注意!気になる人は病院へ!

スポンサーリンク

何かいい食べ物(栄養素)はあるの?

鼻血が出ないよう血管を強くするのに、何かいい食べ物(栄養素)はあるんでしょうか。

調べてみると、一例として、
ビタミンC、ビタミンB2、たんぱく質、フラボノイド、タンニン
などが良いとのこと。

例)
ビタミンC…果物、野菜など
ビタミンB2…レバー、鰻、納豆など
タンパク質…肉、卵、大豆など
フラボノイド、タンニン…コーヒー、緑茶、紅茶など

(フラボノイドやタンニンは、ポリフェノールの一種)

一例です。摂り過ぎは逆効果。バランス良く食べるのが大事。

チョコレートやピーナッツを食べ過ぎると鼻血が出るって本当?

チョコレートやピーナッツを食べ過ぎると鼻血が出るっていう話を聞いたことはありませんか。

結構、有名な噂ですが本当でしょうか。



結論から言うと、ウソです(医学的根拠なし)。

個人的には、カロリーが高め、栄養価が高い、ということから食べ過ぎると元気になって「溢れる」っていうイメージと、鼻血が出るというのがリンクしたのかなと…。

何が溢れるの?というツッコミはなしで(笑)
イメージです。

一般的には、

・カロリーが高め、栄養価が高い
  ↓
・エネルギーが過剰になる
  ↓
・興奮する
  ↓
・鼻血が出る

こういう風に思われていたみたいです。

さいごに

鼻血に関する話題についてチェックしました。

子供の鼻血が出やすいのは、

・よく触る
・粘膜が弱い

これが大きな理由でした。

適切な止め方がわかったので、焦らずに対処しましょう。

ティッシュを詰めようとしている人がいたら、教えてあげて下さいね♪

また、私みたいに、子供の中でも鼻血がよく出るタイプも、大きくなるにつれて変わっていきます。

心配しすぎず、「不必要に鼻を触る・動かすのがよくないんだよ」と教えてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする