ソフトバンクから格安スマホに乗り換えたのでおすすめしてみる

格安スマホ

最近、ソフトバンクのiPhone6から格安スマホに乗り換えたんですが、どこのMVNOにするかめちゃくちゃ悩みました。

まず「MVNOって何ぞ?」というレベルだったので大変でした。

MVNOって言葉は聞いたことありましたが、今まで格安スマホにするなんて考えてもいなかったので「関係ないか」って感じで。

MVNO:無線通信回線設備を開設・運用せず(他社から携帯電話回線などの無線通信インフラを借りて)、独自のサービスを加えて携帯電話などを安く提供する事業者

それで、格安スマホについて調べて調べて調べまくって、ようやく乗り換えることができました。

スマホの乗り換えは人によって事情が様々すぎるので、これが良い!とは一概には言えません。

私の場合は前提として、

ソフトバンクの
・iPhone6
・ホワイトプラン
・パケットし放題(定額のやつ)
・その他オプション

これで月7000円くらい。(端末代は払い終わってる)

家ではwi-fiを使うし、外でyoutubeを見たりスマホゲームをすることはほぼない。なので、パケットし放題は完全に無駄になってる。

モバイルデータ通信(4G/LTE)は、月に1GBも使ってなかった(笑)

という状況でした。

スポンサーリンク

ソフトバンクのiPhone6をそのまま使いたいけど

私はiPhone6を使っていたので、そのiPhone6がそのまま使えたらいいなと考えていました。

そして、キャリアはソフトバンクだったので、ワイモバイル(母体がソフトバンク)にしようかな…と。CMでよく見るし。

でも「ソフトバンクのiPhone6」は使えないことが発覚!

ワイモバイルだけでなく、ほとんどのMVNOで使えない

ソフトバンクのiPhone6はSIMロック解除ができないので使えないんです!

(iPhone6s以降はSIMロック解除できるので使えます)


調べてると、SIMロック解除できる機器を買えばiPhone6でもいける…というような話もありましたが、面倒くさいし不具合があってもイヤだし…でパス。

ソフトバンクのiPhone6がそのまま使えるMVNO

そして、ソフトバンクのiPhone6がそのまま使えるMVNOは、「U-mobile」と「b-mobile」というところにたどり着いたんですが、

「U-mobile」はデータSIM(通話なし)のみの取扱いということでパス。

次は「b-mobile」。

ここはプランなどを見ていて「ありかも」と思ったんですが、

日本通信のb-mobileは格安SIMの草分け的存在です。格安SIMが流行るずっと前からサービスを提供しています。そんなb-mobileですが、無制限で使える”使えない”高速データ通信のプランで評判が地に落ちて、その後も有効打を打てずに、いまでは存在感の薄い格安SIMになってしまいました。

そんな中、b-mobileは起死回生にソフトバンク回線を使った格安SIM、b-mobile Sの提供をはじめました。b-mobile S自体は特に悪くない格安SIMですが、日本通信の業績が致命的に悪いです。b-mobile Sを検討している場合は、日本通信の業績とにらめっこして十分に検討することを強くオススメします。

というのを見て、不安になったのでパス。

今持ってるiPhone6をそのまま使うのは諦めました。

こうなったら、格安SIMとスマホ本体をセット購入するしかない!と判断。

iPhoneをやめる決意をする

もう「ワイモバイルでiPhone6sを買おうか」とも思いましたが、そうすると格安感がでない

また、「ドコモやauからワイモバイルに乗り換えるのとソフトバンクから乗り換えるのでは、ソフトバンクから乗り換えたほうが損」ということにもイラっとしました。

長年ソフトバンクを使ってきた者としては、「ふざけてんなぁ…」って感じです。

結局、私の場合は、ワイモバイルやUQモバイルだと4000~5000円(端末代込み)になってしまうし、プランも安く見せかけてるだけで実はそうでもない…ということでパス。


格安SIMとスマホ本体をセットで買うならiPhoneは高い、ということでiPhoneとさよならすることにしました。

さよならiPhone…

iPhoneをやめるという決断は結構勇気がいりました(笑)

使い慣れているし、愛着もあるし。

スポンサーリンク

乗り換え先としてイオンモバイルはどうなのか?

格安スマホ 乗り換え イオンモバイル

ここで「どうしよう…全然決まらない」と悩んでいたところ、家族から「イオンモバイルは?」と提案があったので、イオンモバイルをチェックしてみることに。

最初は「イオンモバイルって大丈夫?どマイナーじゃない?」って思ってたんですが、4GBプランが1707円(税込み)+端末代が月1700円くらいであったので合計3400円。

「いけるやん!」ということで、イオンモバイルが候補に挙がりました。

気になる「通信速度」や「繋がりやすさ」に関しては、以前は酷かったけど現在は改善しているとか、全然問題ないという口コミなどもあり、ほぼほぼイオンモバイルに決定というところまできました。

支払いはクレジットカードになるけど、イオンのクレジットカードも持ってるし。


あとは、どの端末にするか。

私はずっとiPhoneだったのでアンドロイド系のスマホのことが全く分かりません。

聞いたことある名前はXperiaGalaxyくらい。

で、イオンモバイルにXperiaがあったので(店頭にはなくネットで注文するとある)これを候補にしてたんですが、どうやらこれは型が古いらしい。

調べていると、イオンモバイルでは古い型でも定価で売られている(全てではない)ので、スマホ本体を買うのはおすすめしない、とあり一旦保留に。

楽天モバイルは?

格安スマホ 乗り換え 楽天モバイル

そして、次に見つけたのが楽天モバイル。

何を見つけたかというと、キャンペーン中で端末代が7128円(税込み)というものです。

その端末が「HUAWEI nova lite 2」というもの。

HUAWEIってなんて読むのか分からなかったので調べてみたら「ファーウェイ」で、中国スマホってことが分かりました。

中国スマホって大丈夫か?みたいな感じで思ってたんですが、この「HUAWEI nova lite 2」はアンドロイドでオススメの端末の一つになっていた(私がチェックした範囲で)ので、

これに決めました。


あとはプランの問題です。

楽天会員なら2年間毎月500円割引なので、これが前提(会員登録無料)。

そして私が考えていたのは「データ通信2GB+10分以内の電話かけ放題のプラン(Sプラン)」。

その場合、

・スーパーホーダイ2年契約
2年間は1980円(税別)、その後は2980円(税別)になる

・スーパーホーダイ3年契約
2年間は1480円(税別)、その後は2980円(税別)になる

つまり2980円が基本で、2年間は割引があるということ。

また、このプランとは別に3.1GBプラン(1年契約)というのがあって、これは1600円(税別)。ただし電話かけ放題は付いていない。(+850円/月で付けれる)


どうするかかなり迷ったんですが、「スーパーホーダイ2年契約をして3年目になったら3.1GBプランに変更するというのがオススメ」だとどこかのサイトで見たので、

「なるほど、そうしよう!」って決めて、一度店頭に行ってみました。

で、スタッフさんと話して…

電話はたま~にするだけだし、しても長電話はしないし、アプリでの無料通話もあるし…ということで結局、最初から「3.1GBプラン」に決定しました(笑)


私が選んだ端末「HUAWEI nova lite 2」はキャンペーン中で安くなっているので一括払いでした。7128円(税込み)。

ちなみにこれを2年(24ヶ月)で割ると、297円/月になります。で、3.1GBプランは1600円…税込みで1728円なので、合計2025円です。

(初月だけ+850円/月の電話かけ放題が付いてきてしまう。後で自分で外す必要あり)


その他オプションは一切付けませんでした。こういうのでどんどん高くなるんですよね。

端末保証も付けませんでした。

そしたら、契約した次の日に「端末保証を付けませんか?」という電話がかかってきました。(番号:0120-451-157)

端末保証は多くの人が付けるみたいですね。でも、私は今まで使ったことがないです。なので付けません。大切に使います。


あと、支払いはイオンモバイル同様クレジットカードになるので、その点は注意。

スポンサーリンク

before → after

今まで↓

ソフトバンク
・iPhone6
・ホワイトプラン
・パケットし放題フラット
・その他オプション(保証とか)
約7000円

これから↓

楽天モバイル
・HUAWEI nova lite 2
・3.1GBプラン
約2000円
(端末保証なし。付けると+500円/月)

5000円も安くなっていますね。

これはでかいです。


そして、これは私が完全に失念していたのですが、iPhone6はwi-fi環境下で使えるということ。

当然電話やメッセージなどは使えませんが、それ以外はwi-fiがあれば普通に使えます。

おかえりiPhone!

かなり嬉しかったです♪

乗り換え手続きの注意点

今回ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えましたが、電話番号はそのままにしたいのでMNPで乗り換えてます。(今は当たり前か)

Mobile Number Portability(モバイルナンバーポータビリティ):番号そのまま乗り換え

私は店に行ったので、店頭でソフトバンクのスタッフさんにMNPの旨を伝えると予約番号をくれました。

電話でもできます。

最初「こちらに電話して…」と電話番号が書かれた紙を渡されたので「自分で電話するのが唯一の方法ですか?」と聞いたら、「今すぐしたい(オペレーターとのやり取りに時間がかかるのがイヤ)ならこちらでもできます」と言ってスタッフさんがやってくれてました。

これ(MNP)にかかる手数料が約3000円。


次に、大手キャリアの「更新月(2ヶ月の間)でないと解約金がかかる」というクソルールに注意。

私の場合は更新月まで待つほうが損になるので、解約金9500円(税別)を払いました。

いつまでこのクソルールを続けるんでしょうね。

これは本当に無駄な出費です。


最後は楽天モバイル側の手数料。

約3000円。


ということで、少なくとも手数料で約6000円。まぁ仕方ない。

私の場合は約16000円かかってることになります。ふざけんな…

スポンサーリンク

さいごに

スマホを初めてMVNO(格安スマホ、格安SIM)にする人は、とても悩むと思います。

ドコモ、au、ソフトバンクの3つから選ぶなら楽ですが、MVNOはたくさんあります。

(40以上あるらしい? 私がチェックしたのは10くらいですが)


今回調べてみて思った個人的なポイントは、「データ通信容量」と「○分まで電話かけ放題」がセットになっているか、分離しているか、ということ。

・データ通信容量は何GBくらい必要か
・○分まで電話かけ放題は必要か

を考えることがあると思います。

後は、
・割引がどうなっているか
・割引が終わったらいくらになるのか
・何年使うつもりか
・キャンペーン中か

なども。


私の場合、7000円が2000円ですから今までどれだけムダに払ってきたか…

キャリアがどうとか、MVNOがどうとか、データが何ギガとか、そういうのが苦手な人は格安スマホに乗り換えるのは面倒に感じると思います。

でもちょっとだけ頑張ってみてください。調べたことを紙に書いたりして比較してみるといいですね。

調べて「見る」だけでは忘れちゃうので

最初はワイモバイルやUQモバイルといった有名どころが良さそうと思っちゃいますが、調べてみるとそうでもないことが分かると思います。

【関連記事】
イオンモバイルの口コミや評判を見てソフトバンクから乗り換えてみた
楽天モバイルへの乗り換えはあり?プランや速度や端末補償などはどんな感じ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする