楽天モバイルのプランや速度や端末補償は?乗り換えてみた

格安スマホ 乗り換え 楽天モバイル

このページを見ている人は、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアから格安スマホにしようかと検討している人かと思います。

ただ、格安スマホ(MVNO)って種類が多くてどれがいいか分からないって言う人も多いです。

もちろん私も同じで全然分からなかったので、調べて調べて迷って迷って、結果として楽天モバイルに行き着いたという感じです。

そこで今回は、格安スマホを検討している人のために「乗り換えの際にチェックしたポイント」をお伝えしたいと思います。

(「格安スマホに乗り換えて大丈夫なのか?」と思っている人への記事になります)

スポンサーリンク

楽天モバイルへの乗り換えはあり?

まず最初に「楽天モバイルはありなのか?」ということについてですが、もちろんありです。

私はソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えたので、なしとは言えない(笑)

なぜ楽天モバイルにしたかと言うと、「自分のスマホの使い方」と「料金とデータ通信量と端末代」を考えて「よし!」と納得したからです。

当たり前ですね(笑)

自分のスマホの使い方は?

自分がスマホをどう使うのかは大事なポイントです。

・通話をよくするのか
・動画をよく見るのか
・ゲームをするのか
・LINEと多少の調べ物(検索)くらいなのか
・wifi環境があるのか

などですね。

それぞれの使い方に合ったプランやオプションを検討する必要があります。


私の場合は
・自宅のwifi環境下で使うことが多い
・外ではほとんど使わない(LINEとか多少の検索はする)
・通話もめったにしない

という使い方だったので、

データ通信量が3.1GBというプランを選びました。

1GB、2GBではちょっと少ないかも…と思っていたので「ちょうど良い」と感じました。

ただ「1GBってどれだけ使えるのか」がよく分かっていなかったというのもあります。

調べてみると

・ちょっとした調べ物やネットショッピング、ニュースのチェック、メール、SNSの利用しかしないなら1GBでも足りる

・youtubeで動画を見たら、単純計算でHD画質は30分、低画質なら2時間視聴すると1GBくらいになる

・Huluで人気の海外ドラマなど約40分の番組を5本視聴すると1GBくらいになる

という情報がありました。

これを見てどう思うかは人それぞれですが、私は「結構使えるんだな」という印象でした。

スポンサーリンク

楽天モバイルのプランは

ワイモバイルとUQモバイル(MVNOではないけど)なんかは、

1980円/月とか1480円/月とか安く安く見せてますがこれは条件ありきの値段。

2年後からは2980円/月になるとか書いてあります。

データ量も2GBから1GBになるってあったり…。


これは実は楽天モバイルも似ていて、スーパーホーダイというプランがあります。

スーパーホーダイプランS「データ通信2GB+10分電話かけ放題

・2年契約で1980円/月(2年後は2980円)
・3年契約で1480円/月(2年後は2980円←3年後ではなく2年後です)

(2年後もデータ量は2GBのまま)

よく似てますね(笑)

この他に組み合わせプランというものがあって、その中の3.1GBプランが私が選んだプラン。

1600円/月です。

ただし「10分電話かけ放題」は付いていません。(850円/月で付けれます)

付けると2450円/月。高くなる。

この「10分電話かけ放題」を絶対つけたい人はスーパーホーダイプランを選ぶべきです。

ちょっと比較してみます。

プランを比較

3年契約があるので楽天モバイルを3年使うという前提です。

1.スーパーホーダイ2年契約
2年間で47520円(1980円×24ヶ月)、3年目は35760円(2980円×12ヶ月)
合計83280円

2.スーパーホーダイ3年契約
2年間は35520円(1480円×24ヶ月)、3年目は35760円(2980円×12ヶ月)
合計71280円

3.スーパーホーダイ2年契約で3年目は3.1GBプラン(かけ放題あり)に変更
2年間で47520円(1980円×24ヶ月)、3年目は29400円(2450円×12ヶ月)
合計76920円

4.スーパーホーダイ2年契約で3年目は3.1GBプラン(かけ放題なし)に変更
2年間で47520円(1980円×24ヶ月)、3年目は19200円(1600円×12ヶ月)
合計66720円

5.最初から3.1GBプラン(かけ放題あり)
合計88200円(2450円×36ヶ月)

ちなみに私のプランは↓
最初から3.1GBプラン(かけ放題なし)
合計57600円(1600円×36ヶ月)

3年使うかどうかは分かりませんが。

という感じになります。

3年使うという前提ならスーパーホーダイ3年契約が一番安いですね。(そういう設定にしてあるわけですが)

3年目はどうなるか分からないとか、3年は長いよ、という人は2年契約にしておいていいと思います。

2年契約にしたけどやっぱり3年目も楽天モバイルのままにするという場合でも、上の比較にあるように

2年契約+3年目3.1GBプラン(かけ放題あり)にすると3年契約より5640円高くなりますが、これは単純に損というわけではなくデータ通信量は1.1GB増えているということなので。

(3年目は月470円で毎月のデータ量を1.1GBプラスしているということになる)

あと注意点としては、3.1GBプラン(組み合わせプラン)は1年契約ということ。1年以内の解約には契約解除料9800円が発生します。

スポンサーリンク

楽天モバイルの通信速度は?

楽天モバイル 乗り換え

「この時間帯に何kbps」とかは計ってないので分かりません。

体感の話になります。

結論から言うと「特に問題ない」です。

webページを開いてみたり、youtubeで動画を見たりして試してみましたが、ストレスになるようなものではなかったです。

速度が遅くなると言われるお昼時に関しては、wifi環境下で1秒未満で開いたページはwifiなしで4秒くらいかかりました。(1回試してみただけ)

一瞬で開くことに慣れていると4秒は長いですが、まぁ仕方ないですね。

心に余裕を持ちましょう(笑)

楽天モバイルの端末補償は付けた?

私は端末補償は付けませんでした。

付けると500円/月。

端末補償を付けなかった理由は「今まで使ったことがないから」です。

あと、「格安感を失いたくなかった」から。

「こういうオプションを付けだすと結局高くなる」というのを何度も味わったことがあるので、最初から「付けない」と決めてました(笑)

端末補償を付けた場合は、4000円で修理してくれるそうです。

楽天モバイルかイオンモバイルか

乗り換えに際して、
最初はiPhoneをそのまま使いたいと思っていたのですが私の持ってるiPhoneはiPhone6だったのでSIMロック解除不可で使えませんでした。

iPhone6s以降なら良かったんですけどね。

なので楽天モバイルで端末もセットで買いました。

買ったのは、HUAWEI nova lite 2。キャンペーンで6600円(税抜)だったからです。

これが決め手でした。


実はプランだけならイオンモバイルの方が良いかなと思っていました。

楽天モバイル
3.1GB 1600円/月(かけ放題なし)

イオンモバイル
4GB 1580円/月(かけ放題なし)

ただ私の場合、端末も同時購入だったので楽天モバイルを選んだという感じです。

ちなみにイオンモバイルでHUAWEI nova lite 2を買っていたら25000円くらいだった(と思う)ので、その差は大きかったです。

スポンサーリンク

乗り換えに際して

基本的なチェック項目です。

・今持っているスマホをそのまま使いたいのかどうか

・電話番号そのままで乗り換えたいのか(MNP転出手続きが必要 3000円)

・SIMロック解除が必要な端末か(自分でやれば無料。やってもらうと3000円)

・料金プランの内容を把握しているか

・自分に合ったデータ通信量を選んでいるか

・電話かけ放題を付けたいかどうか(最初から付いているプランなのか)

・キャンペーン中かどうか(キャンペーンによってはかなりお得に)

・キャンペーンに釣られて長期的な視点を忘れていないか

・2年縛りの違約金がかからない更新月かどうか

・新規契約に事務手数料3000円が必要

面倒ですが頑張りましょう!

さいごに

初めて格安スマホにする人は、いろいろ悩むと思うのでかなり面倒に感じるでしょう。

(詳しい人ならそうでもないんでしょうが、私みたいな詳しくない人にとっては大変でした)

でも調べてるうちに、だいぶ頭の中がクリアになってきます。

たくさん調べたかいあって、料金はグッと安くなりました。

私は月5000円安くなりましたよ(超ハッピー♪)

一応、私のオススメは楽天モバイルとイオンモバイルです。


格安スマホに関して、よく分からないという人は関連記事も参考にしてみてください。

(キレイにまとめているわけではないです)

【関連記事】
ソフトバンクから格安スマホに乗り換えたのでおすすめしてみる
イオンモバイルの口コミや評判を見てソフトバンクから乗り換えてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする