中国産のうなぎは餌に人肉や人糞を使ってる?嘘か本当か…

うなぎ

中国産のうなぎは餌に人肉や人糞を使っているという話。

中国産のうなぎについて調べていると、たくさん出てきます。

それに対して、
「絶対ないとは言えない」
「都市伝説、デマ」
といった意見があります。



嘘なんでしょうか、本当なんでしょうか。

ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

中国産のうなぎは餌に人肉や人糞を使ってる?

まずは、有名(?)な書き込み↓

仕事でよく中国に行くんだが、取引先の会社の社長(台湾人華僑で日本語ペラペラの人)の車に乗って移動中に、でっかい河があった。何かを養殖してるみたいだったんで、何の養殖?って聞いたら
「うなぎです。ここで養殖して、稚魚を日本に輸出します。」だって。で、日本の湖に放したり、日本の養殖場に1週間も入れておけば日本産うなぎだと。

まあ、ここまでは良くある話し何だけど、ずっと中華料理続きで飽きてたんで、うなぎを食べたいって、向こうの会社の社長に言ったのよ、そしたら「絶対食べません!!!!」って、猛反対。理由を聞いて、もううなぎ食べれなくなりました・・・

何でも、その辺の土地では、人が死ぬと水葬するらしいんだけどお金の無い人とかは、死体をうなぎの養殖業者に売り飛ばすらしい。で、うなぎの稚魚のいる中に死体を放り込むと、稚魚がワラワラと死体に集まって、餌にはなるは、金にはなるはで、割とメジャーらしい。50元前後って言ってた。
それ以来、マジでうなぎ食えない・・

この話は、どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。いろんなサイトで引用されています。

では、その他の話もチェックしておきます。

・中国産のうなぎ養殖場は、人間の死体をエサにすることもある。死体を放り込むと稚魚がワラワラと集まり、よく食べる。普通のエサを用意するより安いので一石二鳥。(※こちらによると、うなぎに限らず、魚介類は人間の死体を良く食べるそうな)
・中国の貧乏人は、身内が死んだときに、その死体をうなぎの養殖業者に売るのがメジャー。一体あたり50元(約700円)。
・スーパーで売ってるデカいのに安い中国産うなぎは、養殖の段階で餌に大量の薬品を投入している。天然では絶対にあそこまで巨大にはならない。
・中国産のうなぎは、目無し肌色で、大きなミミズのような姿をしている。(食品関係商社マンからの投稿)
・中国産のうなぎの養殖場では、鳥や犬を解体したときに出る臓物、ならびに人糞を与えて養殖している。(食品関係商社マンからの投稿)
・「中国産のうなぎはキタネえ。家畜のうんこがエサなんだ」と魚屋の父が言っていた。(魚屋の息子からの投稿)
・中国産のうなぎ養殖場から稚魚を日本に輸出し、日本の湖に放したり、日本の養殖場に一週間も入れておけば日本産うなぎになる。実際は輸入物なのに国産って書いて売ったりしている。

といった話があります。

嘘か本当かは分かりません。

中国のことを嫌いな人が印象を悪くしようとして作った話」ということも考えられます。

ただ、「都市伝説だ」とか「デマだ」と言い切ることもできません。

むしろ「あり得る話だ」と思ってしまいます。それほど中国のイメージは悪いです。

個人的には、人肉や人糞を使っていたというのは本当だろうなと思っています。昔は使ってたんだろうなと。

中国の養殖場を訪れた人が「とにかく臭い。人糞を使ってる」と言ってた話もあります。

スポンサーリンク

人肉、人糞は悪いのか

じゃあ、そもそも人肉や人糞は餌として使ってはいけないのはなぜか?という疑問が出てきます。

気持ち悪いという印象を持つ人が多いのは分かりますが、日本でも昔は(今でも)肥料として人糞を使ってたし、家畜の糞(鶏糞など)は今も普通にあります。これは畑の話ですけど。

また、自然界で、魚(甲殻類やアナゴ、タコなども)は海で亡くなった人を食べるし、人糞も食べます。

例えば、

・船の事故で人が亡くなれば、エビやカニがたくさん獲れる

・大きな津波の後は、あわびや牡蠣などの成長が早くて丸々と太っている

・近くで獲れたタコの腹から髪の毛がいっぱい出てきたことは有名

という話は事実です。

そして、それを私たちがまた食べてるわけです。

食物連鎖ですね。

食べても害はないですよね。気持ち悪いと思うかどうかという問題であって。

こういったことを考えると、中国で人肉や人糞が餌として使われていたというのは、十分あり得る話だと考えられます。(と私は思う)

使っていいとは思ってませんよ(笑)

スポンサーリンク

中国産うなぎと国産うなぎ

中国産うなぎでも国産うなぎでも、養殖場によって差があります。

少し面白い話を見つけたので、よければチェックしてみてください。

昔は普通に中国産うなぎを買って食べていた。美味しかったし、何度も何度もリピートしていた。でも家の近くのスーパーが潰れたので、別のスーパーで中国産うなぎを買って食べてみると臭くて食べられた物ではなかった。

同じ中国産うなぎであっても仕入れ元の違いで品質に大きな差があった。

その後も色々なスーパーで中国産うなぎを買って食べたが、美味しく食べられたと思ったら気分が悪くなり嘔吐。

最初は原因が分からず自分の体調がたまたま悪かっただけだと思い、その後も気にせず中国産うなぎを買って食べては体調を悪くしたり、嘔吐を繰り返したため、アレルギーを疑う様になり、ウナギそのものを食べなった。

しかし、私以外の家族はウナギが食べたいと言う事で、試しに国産ウナギしか扱わないと言うこだわりを持った店から通販でウナギを買ってきてくれた。

そして恐る恐る食べてみると、臭くない。

美味しく食べられる。

まずは少量から試し、徐々に徐々に食べる量を増やしてみるも気分が悪くならない。次の日も体調が崩れない。なぜだろう?しかしこれでアレルギーでは無い事が判明した。

しかし国産ウナギは高価なため家族はこっそりと中国産うなぎに戻した。

そうしたら途端に嘔吐してしまい、寝込んでしまった。(寝込んだのは国産と思いガッツリ食べてしまったのが原因)

そんな事を繰り返した結果、近場のスーパーで扱っている中国産のウナギは高確率で気分が悪くなり嘔吐する事が分かった。

特にセール品だとほぼ100%臭くて食べる事も困難であり、無理して食べると嘔吐して寝込んでしまうため拒絶する様になった。

高級デパートで買ってきた中国産のウナギは臭くなく高確率で食べられるが30%くらいの確率で気分が悪くなる場合もある。

同じ中国産うなぎでも相当な差があると思われるが、個人の体質にも相当な差があるため一様に中国産が駄目とは言えない。

限りなく日本産とタメを張れるおいしい中国産ウナギもあれば、臭くて食べられない物まで、差が大きい。

高級デパートで買ってきた中国産のウナギは流石においしい。けれど、日本の養殖ウナギとの値段差が小さくなるため、それならもう少し出して日本のウナギを買う。

現在私が仕入れているのはウナギの加工場からの仕入れで、養殖をしている訳では無いのでウナギ自体は日本全国から仕入れている。

なので○○県産養殖ウナギという決まりが無いため買う時期により味や品質に多少の差はあるが、嘔吐した事はまだ一度も無いです。

たくさんうなぎを食べてきたであろう人によると、

中国産うなぎは、美味しい物から嘔吐するものまで品質に差がある。

国産うなぎも差はあるが、高品質な中での差がある。

ということが分かりますね。

スポンサーリンク

さいごに

中国産のうなぎは餌に人肉や人糞を使ってる?という話について、チェックしてみました。

昔は人肉や人糞を餌に使っていた可能性があると思います(私は)。中国だから。

今、使っているところはほぼないとは思いますが、ゼロとは言い切れません。中国だから。

中国だから。この一言で全て納得できてしまうのが、スゴイです(笑)


また、禁止薬品の使用などは記憶に新しいです。

こう言ってしまってはなんですが、人肉や人糞を使っていようがいまいが私は中国産うなぎを食べることはありません(笑)

中国産の食品を完全に回避することは不可能に近いので、できるところだけでも減らしていきたいと思う人は多いんじゃないでしょうか。

【関連記事】
中国産のはちみつは危険か安全か?大丈夫か調べてみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする