中国産にんにくの安全性や危険性は?食べても大丈夫?

にんにく美味しいですよね。

ニンニクを入れればどんな料理でも美味しくなる…っていうと言い過ぎですが、グッと美味しくなるのは間違いないです(と思ってます)。

そして、体にも良いです。

簡単に紹介するだけでも
・疲労回復や滋養強壮
・免疫力を高める
・がん、高血圧、動脈硬化などの予防
・殺菌効果

といったものがあります。

なので、どんどん食べたいんですけど(食べ過ぎるとお腹痛くなったりするので注意)ニンニクって中国産が多いですよね。

中国産にんにくは安いんですが、中国産自体に危険というイメージがあるので積極的に購入する気にはなれません。

国産なら青森が有名ですが、中国産にんにくの値段を見てしまっているせいかちょっとお高く感じます。

まぁ、外食すればほぼほぼ中国産を食べているんですけども…。

そこで今回は、中国産にんにくは安全か危険かということについてチェックしたいと思います。

スポンサーリンク

中国産にんにくは危険か

中国産にんにくは安全か危険か

中国産にんにくが安全か危険か調べていると、農薬問題土壌汚染問題が出てきます。

まずは農薬問題。

農薬問題

出てくる情報をさらっと見てみます。

・中国産のニンニクは農薬まみれ

・中国では、日本で規制されている殺菌剤などを使っていることも多い

・中国では日本の数十倍の散布がされているとの噂もある(殺菌剤のトリアジメノールや殺虫剤のアセフェート)

・日本では考えられないような薬を使ったり、多量の農薬を使っている可能性がぬぐえない
・にんにくは芽が出ると商品価値がなくなるので、中国産は発芽抑制剤が使われている。この発芽抑制剤は日本では発がん性があるため使用禁止となっている。
・あらゆる野菜から漂白剤や二酸化硫黄などが検出されてるそう
・中国政府高官自ら「中国の農業地の5分の1は汚染されている」と公言している

中国産にんにくは農薬まみれって聞いても、「そうだろうね」と思ってしまいますね。

日本でも少しは農薬を使っています。

でも中国ではその比ではない…だろうと予想できます。

日本で禁止されている発芽抑制剤を使っているというのも恐いです。

土壌汚染

次に土壌汚染。

・中国の農業地の一部はカドミウムやヒ素で汚染されていると言われている(共に劇薬でカドミウムはイタイイタイ病の原因で1960年代に日本で問題に。ヒ素もカレー事件で話題に。)その成分が中国の農業地の一部で高濃度検出される
・汚染された土壌には、公害病の原因となる成分が流れ込み蓄積されている
・カドミウムに関しては基準値の40倍から50倍も検出された
・中国ではカドミウムが原因のイタイイタイ病が各地で蔓延しているそう

画像を見たことがある人は知っていると思いますが、中国の土地や川はとってもカラフルに彩られているほどヒドイところもあります。

10年以上前の画像だったりしますが、「今はすべてが改善されている」なんてことはないわけで…。

ただ、危険という情報に関してはあまり驚きもないですね。

今さらという感じかもしれません。

スポンサーリンク

中国産にんにくは安全か

安全だという情報は貴重です。少ないから(笑)

どんなものがあるのか。

例えば、

中国産ニンニクでも、JASの有機認定の印がついているものは安全。

といったこと。

<JASの有機認定とは>
JASは日本農林規格というもので、決められた項目をクリアしたものしかJASマークをつけることができない。

決められた項目の中には、栽培する2年前から禁止農薬などを使用していないこと、栽培中も禁止農薬などを使用していないこと、などがある。

また、指定農家は1年に1回調査を受けることになる。これなら日本で禁止されている農薬を使われることなく、栽培されたニンニクを手に入れることができる。


他には、

外国産でも「日本農林規格の有機栽培認定を受けた専用農場で栽培したり、輸送段階でも最終到着地まで開封しない、輸出の際には他の産地のものと混載しない」などといったJASの規定に適った輸送が行なわれている。
中国産のニンニクでも、特別栽培農産物(農薬や化学肥料をおさえている)や、発芽抑制剤を使わず温度処理で芽止めしているものもある。

これをそのまま信用できないのが中国産ですが、JASマークというのが一つの目安なんですね。

当然ですが、ちゃんとしてる所はあるってことです。

ただ、JASマークがついていれば中国産でも買うか?と聞かれると、現状私は買いません。

調査や検査が徹底的に行われているとは考えていないので。(コストがかかるから徹底的にはやれないという理由もあります)

あと、

何十年も食べてるけど、今のところ何の異常もない

こういう意見はよく聞きます。

確かに自分が証人なんだから、それに勝る信用はないですよね。

ただ、「直ちに影響がない」「何十年食べ続けても異常がない人はいる」ことは皆分かっているんです。

中国産にんにく全てに危険な物質が高濃度で付いてるわけではないし、中国産にんにくを食べる量は他の中国産食材よりも少ないでしょう。

お米を食べるように毎日にんにくをモリモリ食べる人はいないでしょうから。

でも、「気分が悪い」「害を体に蓄積したくない」「影響が出る出ないは個人差がある」という思いがあるので避けるんだと思います。

スポンサーリンク

中国産にんにくの味はまずい?

味に関してはどうなんでしょうか。

これは人によって随分意見が異なります。

味に大差はないという人もいますし、明らかに違うという人もいます。

青森産にんにくと中国産にんにくを食べ比べているサイトでは、

・別次元
・おろしても火を通しても全然違ってショックを受けた

というものもありました。

ちなみに、そこでは

中国産にんにく
・ウソみたいに安い
・粒が細長い
・おろすと白くて不透明なおろしにんにくになる
・青臭くえぐみがある
・焼くと溶けたようになり旨味が感じられない

青森産にんにく
・高い
・粒が大きくて丸い
・身の密度が高くしっかりしている
・おろすと黄色で透明感がある
・辛味が強く、少しで十分
・焼くとホクホクと甘く芋のような味わい

という風に紹介していました。


あとは、

・安くても中国産は買わない様になりました。発芽抑制剤等の影響で苦みを感じるんです。

という人も。


また、

・そもそも国産のニンニクと中国産のニンニクは品種が違うため、味も香りも違う。

当然それぞれ向いている料理も違うので、一概に中国産だからといって美味しくないというのは偏見です。粒が小さいのもそういう品種だからです。

というものも。

なるほど。

中国産にんにくについてのまとめ

中国産にんにくは安全か危険かということについて調べてみました。

結果として、印象はあまり変わりませんでした。

私は国産にんにくを食べるようにしています。

ただ、好きだけど消費量は少ないです。高いからっていうのもあります。

たぶん今後も国産を買い続けると思います。

外食すれば中国産を食べちゃうので、自分で選ぶときくらいは国産を…という気持ちもありますし^^

国産にんにくが美味しいですからね♪

【関連記事】
中国産はちみつは安全性や危険性は?やっぱり国産がいいの?

中国産松茸は危険か安全か?国産と何が違う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする