中国産のはちみつは危険か安全か?大丈夫か調べてみる

中国産はちみつ 安全 危険

はちみつって健康的な感じがして好きです。

「自然の甘さを味わってる」ような感じがしませんか?

と言っても、しょっちゅう食べてるわけではありませんが…。

あなたは普段よくはちみつを食べるでしょうか。

食べてるとしたら、どこ産のはちみつでしょう。

スーパーには中国産はちみつがズラッと並んでいます。何かと怖い中国産なので、大丈夫なのか気になりますよね。

できれば国産を買いたいけど、「値段が違うから…」という人も多いと思います。

そこで今回は、中国産のはちみつは危険なのか安全なのか、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

中国産のはちみつは危険?

中国産のはちみつが危険と思う意見は、どんなものがあるんでしょう。

・はちみつって、採取後に心無い人の手によって加えられる混ぜ物や薬品以外にも、大気汚染の影響をもろに受けそう

・蜂は水をよく飲みます。きれいな水を蜂場に供給しないと、周辺のどぶの水まで飲んでしまいます

・中国で青色の蜂蜜がとれたなんてことも聞いたことがある

中国の環境汚染の酷さを知ると、そこで採れたものはできれば避けたいと思っちゃいますね。

・以前、安さに負けて中国産の安い蜂蜜を買いましたが、やたら薄い上に味も変で、結局使い切らずに捨てました

・味が変。料理に使うと、すごくその蜂蜜が強調されるし、パンに塗ってみても食べられません。

・買ってしばらくたつのですが、なぜか固まりもせず、トロトロのまま。あまりにも美味しくない。同じ時期に買ったカナダ産のは、しっかり固まっています

・国産のを食べたら中国産のは風味のないシロップ(イメージはガムシロップ)に感じて中国産は買わなくなりました。

味や風味が全然違うようです。

・中国のTVで、人気の潜入調査番組があります。
その番組でさまざまなメーカー産の蜂蜜を調べたところ、国の基準値を超える雑菌量だったり混ぜ物がされているなどで、大半が不合格品となっていました。

・中国のスーパーでも中国産蜂蜜だけでなく、輸入品がたくさん取り扱われています。でも中国人の友人たちは「輸入品のビンを回収して、中国産の粗悪な蜂蜜を詰めて売っている可能性がある。幸い香港に近い所に住んでいるから、そういう悪い噂のある食品はなるべく香港に行ったときに買ってくる」と言っています

・中国人の友人から中国産蜂蜜をもらいました。ビンを開けてみて、ビックリしました。
蜂蜜とは思えないほどシャブシャブさらさらしたゆるさで、水で薄めたとしか思えない代物でした。蜂蜜ジュース?でも、ラベルは蜂蜜と書いてあるし…。怖いので、友人には申し訳ないが捨ててしまいました。

・以前テレビで見たけど、中国人でさえ「中国産は信用出来ない」と言っていました。一生懸命採取している人もいるのに、中国国内で売っているのは8~9割は加糖だそうです

・前にテレビで見ましたが、中国では蜂蜜ではない原料の偽蜂蜜なるものがあるそうで、見た目には蜂蜜そのものだけど、体に悪い物で出来ているらしいです。本当に見た目は普通の蜂蜜で、違いは全く分かりませんでした。

中国のテレビ番組で見たという話もありますね。中国に住んでる(住んでた)人の意見はありがたいです。

中国の人も中国産は信用できないと思ってるんですね。

・ある業者の方からの情報では輸入蜂蜜を国内で小分け(ビンなど)してるほとんどが中国産を何割か混ぜてるようです

・日本産の蜂蜜でも信用出来ないものはあります。加熱処理をしているところも、混ぜ物をしているところも、また花ではなくジュースなどの汁を蜂に吸わせている所もあるし、蜂の餌に抗生物質を混ぜているところもあります。日本の小規模養蜂場で、です。
中国産はご存知の通りですが、広い中国、世界で有数の養蜂適地があるのもこれまた事実です。カナダ産、ヨーロッパ産、これも確実に安全、というわけでもなさそうです

「中国産以外なら不正は一切ない」なんてことはないわけで、日本でも不正はあります

ただ、日本の方がおかしな製品は少ないだろうと思ってます(私は)。

・2007年、全国はちみつ公正取引協議会の存在価値が問われた出来事。
「純粋はちみつと表示してあるのに、人工甘味料を混入して販売した業者が公正シールを貼って販売していた」という不正があった。

全国はちみつ公正取引協議会は、各業者に注意や警告を行っただけで十分な調査をせず、検査結果も公表していないという散々なもの。しかも不正を行った業者の中には協議会の役員が経営する会社が含まれていた。

それ以外にも全国はちみつ公正取引協議会が品質を保証する公正マークを付けたはちみつにも混入はちみつが確認された。

その後どこまで調査や改革が行われたかはわからないが、現在でも全国はちみつ公正取引協議会が品質を保証する公正マークをつけた商品が売られている。

そういった経緯や全国はちみつ公正取引協議会は業界内の一団体であるために、そこへの加入義務はなく、会員になってマークをつける養蜂家はわずかだと言う。

公正マークに価値なし」という話です。

マークがあると「ちゃんとしてる」と思っちゃいますよね。シール1枚貼ってあるだけなのにね(笑)

中国産のはちみつは安全?

中国産はちみつだって安全だ!という意見をチェックします。

・日本国内の養蜂家が中国へ行って採取し、安全性が保障された蜂蜜を安価で販売しているものが殆どです。
全国はちみつ公正取引商標が何よりの証であり、その商標表示が無い物がはじめて混ぜ物があると言えます。

↑この「証」に価値がないことが発覚しています。すぐ上で。

・日本の養蜂業者が中国へ行き、日本の技術と基準の下で生産している蜂蜜を買っています。

会社の説明によると、花畑の土壌の検査や改良もしていて、現地で日本基準の検査を通った物が日本へ送られ、日本の厚生省の管理下にある施設で公的審査をクリアした物が国内工場で容器詰めにされます。

値段は一般的な中国産蜂蜜よりもやや高めになりますが、国内産よりはかなりお安いです。
味もいいと思うので、我が家ではずっと使っています。外国産・輸入品になるわけですが、まあ信用できると判断しています。

日本基準で作られてる中国産ですね。

100%信用できるなら、こういった中国産は良さそうな感じがします。

自分で「味もいい」「信用できる」と判断できるのが大事なところだと思います。

・外国産は加熱処理(80℃以上)が義務付けられていますので、酵素やその他生の蜂蜜にしかない有効成分は望めません。(45℃以上に加熱すると分解する)

嗜好品として食べるなら、国内産も外国産もそんなに違いはないようです。

調べてみると「外国産は加熱処理(80℃以上)が義務」というのは、ちょっと語弊があって、「原材料としてのはちみつは輸入される際に必ず80℃以上に加熱」というのが正しいみたい。

ただ、商品化されて輸入される場合でも、コンテナで赤道を越える場合には加熱等同等の高温状態になることもあるとのこと。

はちみつについて、ちょっと詳しい知識が欲しいですね。

スポンサーリンク

はちみつについて

はちみつは、大きく分けると「純粋はちみつ」「加糖はちみつ」「精製はちみつ」があります。

簡単に違いを見ると、こんな感じ↓

・純粋はちみつ
ミツバチがとってきた花のみつを巣の中で加工・貯蔵したみつのこと。手を加えていないため、栄養素が高いことが特長。

日本では、純粋はちみつを販売する場合、表記は「純粋」または「Pure」で統一するよう定められている。

・加糖はちみつ
純粋なはちみつに、糖類をさらに加えたはちみつのこと。日本では、はちみつ含有量が60%以上であることが義務付けらている。

・精製はちみつ
純粋なはちみつから、香りや色をとったもの。はちみつ本来のビタミンやミネラルは失われていて、甘い以外の効果はない。

で、重要なのが、
加糖はちみつと精製はちみつは、加工品なので栄養素の多くが失われてるということ。

じゃあ、純粋はちみつを選べばいいのかと言うと、ここでも一つポイントがあります。

加熱処理されているかどうか」です。

加熱処理されていると栄養が失われるのですが、加熱処理されていても「純粋」と表示できるんです。

つまり、純粋はちみつでも「生ではない可能性がある」ということです。

はちみつの効果を十分に期待したいなら、非加熱(生)のものを選ぶのがポイントです。

ちなみに、価格の安いはちみつは、どれもその栄養素は失われている物と思って間違いないです。

さいごに判定(まとめ)

中国産はちみつが危険か安全かというテーマだったんですが、それどころではなくなりました(笑)

調べてるうちに、
はちみつは非常に偽装が多い。国産なら無条件で信頼できるとは言えない。
という印象になりました。

今、私の中では「中国産なんて論外」という結論になってます(笑)

最終的には、自分がどこまでこだわりたいか、ということになりますね。

今回分かったことは、

・公正マークは意味がない
・偽装が多い
・「純粋」かつ「非加熱」が栄養価が高い
・信頼できる養蜂家さんを見つける

こういったことがポイントですかね。価格は高くなりますけどね。

国産はちみつをチェックしたい方へ。参考まで。
国産はちみつのおすすめは?人気なもの4つを厳選!

【関連記事】
はちみつって赤ちゃんはいつからOK?加熱したら大丈夫?

中国産ピーナッツは安全なの?危険なの?
中国産うなぎはヤバそうだけど…
中国産にんにくは大丈夫?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

シェアする

フォローする